か🍺🍺🥟🥟

多国籍のメンバーと、人材育成会社で働いています。営業・企画、マーケティング担当。 生涯学習、メンタルヘルスなどに興味。 ビール大好きです。

か🍺🍺🥟🥟

多国籍のメンバーと、人材育成会社で働いています。営業・企画、マーケティング担当。 生涯学習、メンタルヘルスなどに興味。 ビール大好きです。

    マガジン

    最近の記事

    英語での業務をスムーズにする、3つのTips

    外国人社員と働き始めて早4年。 TOEIC600点代後半〜良くて700点で、スピーキングに全く自信がなかった私でも、なんとか仕事ができています。 今日は、「一定英語はわかるけど、業務でなんか使えないぞ、、、」と思っていた私が、入社半年で教えてもらったフレーズ、コツをお知らせします。 お願いは疑問形で 入社してすぐは、何かを頼む時に I would appreciate if you can....(〜してくれると嬉しいんだけど)という文を多用していました。 それを見たイギ

    スキ
    4
      • 小さな声を掬ってもらえた時、心が綻ぶ

        今日は、豊川稲荷に占いに行ってきました。心の故郷、overthesunというポッドキャストのパーソナリティの一人、堀井美香さんが訪れたと紹介していたからです。 予約したのは3ヶ月前。予約当時よりも私の熱量は下がっていましたが、しっかり1時間も話を聞いてもらう占いは初めてなので、ルンルンで向かいました。 担当してくれた女性の占い師(おそらく50-60歳?)は、とても柔和な方。「今日はどうしてここにいらっしゃったんですか?」と聞かれるより前に、「あなたの誕生日を教えて?」と言

        スキ
        2
        • 潔癖気味の夫とズボラな私が同棲をする上で気をつけている3つのこと

          夫氏と同棲(同居?)を始めて、10ヶ月が経過しようとしています。同棲を始める前から、私は彼の家に転がり込んでいました。けれど、「彼の家に私が借り暮らし」ではなく、「二人の家に二人で暮らす」というフォーマットになったことで、それまで以上にたくさん摩擦が起きるようになりました 今日は、その反省や感情、想いを忘れないように、ツラツラと気づいたこと・気をつけていることを書き殴ります(完全に自分のため)。 ボーダーを決める。 夫はきちんとした人です。一方私は、ズボラが服を着て歩いて

          スキ
          2
          • あのMEGUMIさんでさえ努力を惜しまないのだから

            昨日、たまたまつけたテレビで流れていたマツコ会議。ゲストはMEGUMIさん。「マツコ会議なのに、一風変わった人がゲストじゃないんだ。なんでMEGUMIさんピンで出てんだろ〜〜〜?」って思った私がバカでした。くそう。めっちゃかっこいい生き様を見せられ感化され、今日から私の携帯の待受はMEGUMIさんです。 番組を見て初めて知ったけれど、MEGUMIさんは経営者としての顔も持っているらしい。しかも、初めての事業(子供服のインポート)では失敗。今は金沢でパンケーキ屋さんを営んでい

            スキ
            8

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 仕事日記
            か🍺🍺🥟🥟
          • 日記2022
            か🍺🍺🥟🥟
            ¥1,000
          • 仕事日記
            か🍺🍺🥟🥟

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ワラジ職人になろう

            最近、営業案件が降って湧いてくるというより、営業案件を作るための活動をしています。でも、ノルマもないし、既存のお客さんで一定会社は回るし、何もしなくても怒られないし。大きな声では言えないけれど、暇だなあ苦しいなあと思いながら仕事をしていた。 なんで、忙しくないのに、辛いことなんて何一つないのに、こんなに苦しいんだろう、と考えに考え、時々寝込んで2週間がすぎ。何気なくつけたラジオに救われました。 それが、TBSラジオ「生活は踊る」の今日のエピソード。 番組後半で、作曲?をし

            スキ
            1

            NOと言えなくて辛い時は、罪悪感を疑う

            産休に入った先輩の代わりに、営業を始めて早2ヶ月。営業ってほーーーんと大変だなあと感じています。 何が1番大変かな、と考えると「例外」への対応。先輩から引き継いだ案件は、お客さまへのカスタマイズ度が高く、前例のないお問合せが鳴り止まない日々。 その中には「ご希望に添えなくて申し訳ないのですが、その条件でお受けするのが厳しく、、」と言わなければいけないものもあり。 お客様にNOと言わなければならない時、わたしの頭は残念な気持ちでいっぱい。がっかりしたお客様の顔が浮かび、「

            スキ
            2