見出し画像

レース模様の図書室、再訪|アンヴァンテール|フランスヴィンテージブローチ

画像11

Text|KIRI to RIBBON

 一冊の書物に出会った少女が、大人になって海を渡り、書物の中の物語を受け継いで、アンティーク店を開く——

 図書室は、夢を紡ぐための最初のひと針が眠る場所。針を少しずつ運んでいって、レース模様を編み続ける。最初は小さかったレースが、途中で途切れる時もあったけれど、しだいにテーブルを覆うようになり、ふと気がつくと船の甲板で揺らぎ、そののち異国の婦人の裳裾を揺らすようになった——

 夢を叶えたひとりの少女から、図書室を訪れる少女に願いを込めて手渡された、夢のひと針煌めく装身具類をご紹介いたします。



画像12

 少女の歩くリズムに合わせて、胸元のブローチが書架の隙間から菫色を明滅させています。
 少女の夢は、パリ・オペラ座バレエ団の衣装を作る人になること。姉に連れられて初めて観たオペラ座の公演《ジュエルズ》で、すっかりバレエの虜に。著名デザイナーが手がけた洗練の舞台衣装はステージ上を優雅にたゆたい、ダンサーたちをいっそう美しく輝く姿へと導いていました。

 ブローチの金色のレース模様を見るたび、ガルニエ宮の内装の金色に思いを馳せるのです。

2104レース会場_64

 洋雑誌をめくっている少女の夢は、パティシエール。叔母がフランスのお土産にと買ってきてくれたパステル調の洋菓子の可憐さに射抜かれて以来、お菓子の色彩の研究に没頭しています。

 日本の雑誌とは風合いが違う一頁一頁を味わい尽くしながら、主に菫色とアブサン色の配色を探していきます。たたまれて椅子に置かれた春コートの襟から、菫色とアブサン色の雫がキラキラと、赤い実の隙間をぬって煌めいていました。

2104レース会場_03

 ラインストーンのリボンタイは転校してきたばかりの少女のアミュレット。まだ慣れない学校生活を励ましてくれる、前の学校の国語の先生からはなむけに頂いたもの。

 少女の夢は本屋さん。「シェイクスピア・アンド・カンパニー書店」にまつわる本を読んで、憧れるように。いつか、国語の先生が留学していたパリに行って、セーヌ川沿いを歩きながら、当時の空気を想像してみたい——

 リボンタイのラインストーンが、少女の夢の道を照らしれくれるはず。

2104レース会場_62

12かわべ様_コメント_01

12かわべ様_コメント_02

画像13

 ピアノの発表会で、鮮やかな色合い美しいアイリスのイヤリングを身につける少女。選んだ楽曲はレイナルド・アーンの歌曲。歌うように旋律を奏でながら、アイリスのイヤリングはカトレアに似て、大好きなフランス小説の婦人を彷彿とさせるとふと思う。

 漆黒のピアノを愛する少女の夢は、調律師。

2104レース会場_61

 毎日図書室に通う少女の夢は、装丁家になること。図書室にくるたび、中身よりも本の造りや表紙のデザインばかりに目がいきます。異国の古書を手にしては、配色や文字の配列の美しさをうっとりと眺めます。
 先日見つけた古いレースも、書物の表紙になったら素敵!と胸を躍らせながら、レース専門の図書室でのひとときを思い出しています。

 図書室の隅で、そっとイヤリングを身につけてみる少女。自分にはまだ早いような気がするけれど、図書室の暗がりでなら、勇気が湧くかもしれない——

 少女にはまだ夢らしい夢はない。でも、美しいものが好き、という強い意志を持っている。新しいものよりも、古いもの。時を経て煌めきが落ち着いているもの——蝶や花で美しく装飾されたイヤリングは、夢の最初のひと針になるかもしれない。

2104レース会場_63

 トキメキの舶来品を届けてくれるアンティーク店は、少女たちの姉であり叔母であり、先生でもある素敵な存在。長い時を経て大切にされてきた品々を守り届けることで、失われた時の風景を少女たちに見せてくれる。

 かつての少女から、未来社会の少女たちへ——アンヴァンテール様の美しい品々と共に、夢は運ばれてゆくのです。 

12かわべ様_コメント_03

アンヴァンテール | フランスアンティーク&ブロカント店 →HP
遠い昔の誰かの記憶を感じる物語性のある佇まいに魅了され、2008年より福岡とパリを行ったり来たりしながらアンティークを集めています。

00_通販対象作品

店舗名|アンヴァンテール
商品名|フランスヴィンテージブローチ(菫色×金色)

商品サイズ|約3.6cm×3.6cm
新入荷
*別ショットの画像をオンラインショップに掲載しています

I_01_ブローチ_02

00_通販対象作品

店舗名|アンヴァンテール
商品名|アールデコ時代のリボンタイブローチ

商品サイズ|縦約6.0cm×横最大約3.7cm
新入荷
*別ショットの画像をオンラインショップに掲載しています

I_02_リボン_02

00_通販対象作品

店舗名|アンヴァンテール
商品名|1950年代ブローチ(菫とアブサン色の雫×赤い実)

商品サイズ|約4.7cm×4cm
新入荷
*別ショットの画像をオンラインショップに掲載しています

画像16

00_通販対象作品

店舗名|アンヴァンテール
商品名|1970年代アイリスのイヤリング

商品サイズ|縦最大約3.4cm×横幅最大約4.0cm
新入荷
*別ショットの画像をオンラインショップに掲載しています

I_04_アイリス_04

00_通販対象作品

店舗名|アンヴァンテール
商品名|フランスヴィンテージ*チャームイヤリング

商品サイズ|
縦:最大約4.9cm
上部のトップパーツ部分の横幅:最大約2.4cm
新入荷
*別ショットの画像をオンラインショップに掲載しています

I_05_イヤリング_02

00_通販対象作品

店舗名|アンヴァンテール
商品名|1920~30年頃の菫色花模様の本とレース見本セット

商品サイズ|
[本]約10.8×7.5×1.5cm
[大きい方のレース見本]台紙部分の横幅:最大約18.0cm
新入荷
*別ショットの画像をオンラインショップに掲載しています

I_06_本レース_04

I_06_本レース_02

画像7







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you!
3
|モーヴ街2番地|オンライン・ギャラリー《MAUVE CABINET》は、愛書家のための小間物ブランド「霧とリボン」直営SHOP & ギャラリー《Private Cabinet》(吉祥寺)の別館。文学・アート・モードを横断する展覧会を定期開催している実店舗と連動しています。