見出し画像

思えば1年が経った。僕が会社を辞めてからを徒然なるままに書き綴ってみる

思えば1年が経った。僕が会社を辞めてからだ。

僕は、いまライターをしているが、もともとは新卒で佐川の物流企業に入社した。そこから3年半、物流現場での実務を経験した。

毎日100名前後のパートさんと相対しての指示出しや生産性の管理、新規立ち上げの現場で、新たなシステムの運用をしたり。

体力的にはキツイと思ったことはなかったけど、厳しい上司のもとで仕事をしたのはメンタル的にキツかった。それでも当時の上司は深く尊敬する憧れの人だった。厳しかったことにさえも本当に感謝している。

そんな会社を去年、退職した。係長や同僚、一緒に働いていたパートさんなどに退職の旨を伝えるとき、 “フリーライター” と言ってしまうと心配されそうな気がしたので、「次は決まっているのか?」と聞かれたときは「はい、編集の仕事をします」と答えていた。

本当は、「WORDS塾」という形で、編集者の竹村俊助さんが屋号とされていた「WORDS」でライティングや編集のお手伝いをさせてもらう身であることしか決まっておらず、仕事など何もなかった。言ってみれば、自分を野ざらしにしたような状態だった。

*     *     *

昨年の11月末日付で退職した僕は、12月に何をしていたのか。クラウドソーシングでライティングの仕事を得ようと提案文を送ったり、転職も考慮に入れて転職先を探したりもしつつ、アルバイトを探していた。

物流倉庫の日雇いの派遣アルバイトだ。僕はもともと物流現場の管理社員をしていたわけだが、指示される側になって働いてみた。

「僕が現場で仕事をお願いしていたアルバイトさんやパートさん方々は、みんな毎日こんなに大変なことしてたんだよなあ」と痛感しながら、家具をピッキングしたり運んだりして働きまくった。

管理社員として動いていた分、現場の要領がわかる。しかし、派遣をやり続けていると本当にやりたい仕事が一向にできなくなる気がしたので、4日で辞めた。

*     *     *

次はAmazonの配送ドライバー。こちらはバイトではなく業務委託で。日給で2万円とあった。実際は1万3,000円だったがそれでも1日あたりで考えれば少しだけ多いほうだと判断した。

配達を下請けするベンチャー企業だった。会社から車を借りて1時間運転してセンターに行く。荷物を積んで1便を配達。2便が来るまで時間があいて、その間は何をしてもいい。2便が来たらそれを積んで配達して、終わったら日報を提出して車で帰る。

これは比較的自由を感じた。倉庫のアルバイトだったら、定められた休憩時間に必ず一斉に休憩し、倉庫のなかに拘束され、決まったエリアで決まった動きをしていなければ注意を受ける、社員の監視下で完全に管理された状態。僕には耐えられなかった。

しかし、配達は “配達が終わるまで” という実質的な拘束はあっても、自分で場所を選び、自分のやり方で配達ができた。僕は車の運転も人と会うのも知らない場所へ行くのも好きだったからなおさら向いていた。

逆に、倉庫の閉塞した空間で、人がいるのに人とかかわることはなく、無機質な機械と商品を扱い、狭い空間を走り回るのは僕にとって何よりの苦痛だった。よく4日も続いたものだ。

とにかくそんな理由で配達は好きだったので、2月上旬あたりまでスポット的に行なってお金を稼いでいた。

そのあたりで僕は我に返った

「こんなことしてる場合じゃない、書く仕事をしないと」

*     *     *

ふと気付くと、僕はオンラインサロンなるものに興味を持つのだった。なにやら盛り上がっており、調べると、種類はいくつかあるようだった。

僕が興味を持ったのは、堀江貴文さんのオンラインサロン「H.I.U」、箕輪厚介さんの「箕輪編集室」、前田高志さんの「前田デザイン室」の3つだった。

他に、イケダハヤトさんの運営する脱社畜サロンなどもあったけど、名前とキャッチ画像が体に合わなかったので中身を知りたくもならず、入る入らないの選択肢からはすぐに外れてしまった。

僕は堀江さんの『ゼロ』(ダイヤモンド社)で僕の価値観が大きく変わるほど影響を受けていたので、3つなかでも、H.I.Uはまず注目していたものの、内容をざっくりと見た感じは自分と合っているように思えず、金額が高いこともあって入るのはやめた。

そして残った箕輪編集室と前田デザイン室。僕は迷った。ライターとして仕事をしていくうえで、編集の力は僕の仕事と最も直接的につながっているし、あの剛腕編集者と言われる箕輪という人のコミュニティなら、これからの経験や実績になることができるかもしれない。

一方で、前田デザイン室はもともと任天堂で15年間デザイナーをしていた人がオーナーをしている。デザインセンスのような、幾分かの感覚を身につけられるかもしれない。僕はライター・編集者として生きていくうえで、「デザイン」は必須の力だと、感覚的に思っていた。

それに、2018年11月27日に見に行ったイベントで見た前田高志さんの、クリエイティブで世の中を見ている目というか、完全に “クリエイティブ” という脳でしかこの世を見ることができなくなっていたような、天才性みたいなものに惹かれていたのもあった。それで前田デザイン室に僕は注目していた。

決めかねた僕は気付いた。「2つとも入ればいいんだ」。僕は「えいや」とボタンを押して一度に2つのサロンに入会した。

そこからは一気に活動が増えた。

*     *     *

前田デザイン室では「NASU本」という前田高志さんの渾身のデザインブック兼ビジネス書になる書籍をつくろうとしていたので、僕は「ライティングやります」「プレスリリース書きます」と手を挙げた。書いたこともないくせにだ。

箕輪編集室では、「夕刊ミノ」というnoteマガジンを書いているというので、編集メンバーに名乗りを上げ、且つ「箕輪書店だより」という何かで取材やライティングをするというので、そこでも「取材やります」「記事書きます」と手を挙げた。竹村さんの取材の同行をしたことがあったとはいえ、ついて行ってひと言も喋らずに黙って横にいた程度だったくせにだ。

そんなことをしながら、僕はオンラインサロンで経験と実績を積んでいった。



とりあえずここまで。



ライター 金藤良秀(かねふじ よしひで)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは活動費として大切に使わせていただきます。

また書きますね!
23
WEB記事と雑誌。NewsPicks編集部。個人で経営者、士業士、フリーランス、一般個人や団体の方から依頼を受けての取材、執筆を行っています。訊く、書く、編集するご相談ならいつでもどうぞ。TwitterDMからお願いします。ミスチル好きの甘党。写真:@daiya_kantoku

こちらでもピックアップされています

僕の自己紹介やこれまで、これから
僕の自己紹介やこれまで、これから
  • 16本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。