思索メモ

53

“集中”と多動の力技で乗り切るのもいいけど、捉え方をちょっと変えて柔軟になってみ…

最近は時間密度の上げ方を前よりも意識するようになって、無駄な時間を過ごさないように細心の…

「興味がない」は思っているよりも自・他・目的物に暴力的なこと

「興味がない」という言葉は、少々暴力的な言葉だなあと思う。というのも何事も面白い面はある…

平日4日間部屋に籠り切って仕事をしていた眠い生活のなかで、減失したもの以上に、気…

いま多くの企業でリモートワークが推奨されている。学校は自宅学習や休校が相次いでいる。 オ…

能動的に好きになるチカラのすすめ

こうしてライターとして仕事をしていると、メディアなどから「依頼を受けて」取材することが多…

つかみどころのない世界の解像度を上げるために

ぼくは幼い頃から、「言葉は不便だなあ」と感じてきた。「人間はどうやったら言葉を使わずに、…

取材の目線

取材にはいくつかの工程がある。 僕は主に人物に対するインタビューを行なっているのだけど、…

書き手と読み手の例で語る 「大人も昔は子どもだったはず」 的な話。

ライターとして書いて伝える仕事をしていると、“読み手としての初心”を忘れないことの大切さ…

記者とライターと制約

昨夜、多くのジャーナリストたちと話をした。刺激的な出会いがあった。それぞれに得意とするジ…

これからの「価値」の形はどう変わるか

これからの新しい資本主義の形はどう変わっていくのか。 学生時代、経済学部だった僕は人々の…

読むために、読まないものを決める

読むと良いと誰かに言われたものを購入して積んでおく。 ともすれば、どんどん積まれていき「…