きんぐ

ハイボールって、ずっと飲めちゃいますよね。

きんぐ

ハイボールって、ずっと飲めちゃいますよね。

    最近の記事

    天神駅の改札口で君のよれた笑顔

    「好きなジブリ作品ベスト3なに?」 社会人3年目 これまでにも2度の夏休みを経験しているわけだが、コロナのせいで満足な夏休みを過ごせなかった。くそう、コロナめっ!!! 今年はやりたいことやったもん勝ちだなということで夏季休暇県外旅行計画を企てた。 期間は2泊3日 車での移動だし地元の九州から選ぶ 美味しいご飯は外せない こんな旅の目的地として白羽の矢が立てられたのは福岡だった。 理由は簡単、おしゃれで美味しい街だから。 九州はどこもごはん美味しいのがいいところだけど!

    スキ
    3
      • ライバルはアジフライだよ

        小学生の時に先生から1、2、3月はあっという間に終わるんだよ。1月は「い」く、2月は「に」げる、3月は「さ」るという話を聞いたことを今でも鮮明に覚えている。あの時は「日数は一緒なんだからそんなわけないでしょ」と生意気小僧であったが、歳を重ねると本当に時の流れが早く感じる。まだまだ若々しくあろうと思う。 大学を卒業してもうすぐ2年が経つ。 やはり早いとしか言いようがない。若々しくあるのは難しいようだ。 大学時代といえば、何かと理由をつけては友達と飲んでいた。いや、酒を飲む口

        • 今、幸せ

          "幸せ"って何なのかな?と考える 青信号が3回続いたり、週末のビールがたまらなく美味しく感じたり、素敵な音楽や映画に出会ったり、〆のラーメンを替え玉してお腹が痛くなったり というか〆のラーメン、食べ終わって後悔しなかったことが一度もない  いや、むしろ食べている途中でもうやめとけばよかったと自分を責める、もう毎回毎回 後悔するまでが自分の中でルーティーンになっているのだなと思うとそんな自分を愛おしく感じてくるから怖い 学生時代の友達と飲むと「最近どうなん?」という話になる

          スキ
          3
          • 男のカブトムシと女の

            夏も終わり。 九州は全然涼しくなってないけど、一応秋分の日。 「若者のすべて」を口ずさみながらのドライブ。 子どものころ、カブトムシって憧れの対象でした。 "The 日本のカブトムシ"というよりは、外車みたいな燃費度外視のデカさのやつ。 だってカラフルでツノが長いし多いし。 最近動いているカブトムシを見ていない気がする。 それは、カブトムシの数がそもそも減っているからなのか、そうではなく、人間が単純で興味がないことはとことん自分の中から切り離し、意識の中から消しているから