見出し画像

直感こそ、あなたの人生の解を握っている。

2月20日を境に、
毎朝通っているスタバから別のスタバに変えた。

なぜと聞かれたら、
直感、としか答はなく、
いつもの電車に乗って、
いつもの出口を出たら、

正面のビルの二階にあのロゴが見えて、
「ここに行け」が降ってきた。

直感に従うのはむしろ好きな方で、
気に入った化粧品や洋服があると
直感がいいに決まってる! と
理由のない直感を理由にして、軽やかにレジへ行く私なのだけど、

出勤前の5分を使ってわざわざ遠回りするなんて、と、めずらしく直感に理由を付けてなかったことにしようとしたけれど、その朝、私の直感は後に引かなかった。

「わかったよ、ま、いっか」と歩くスピードを早めて正面玄関の自動ドアを抜け、エスカレーターを上がり、スタバのレジに目を向けた先にある人が座っているのを見つけたとき、私は私の直感に言った。「そういうことね」

それならそうと、早く言ってくれたらよかったのに。

ある本に、直感は理由なき感覚ではなく、すべてを理解しながら進むには果てしなく時間がかかる情報の処理を脳が一瞬で行った結果だとあった。つまり、直感は膨大な計算の末に出た、これしかない、解なのだ。

だが、それを直感が私に説明して、私が理解するまでには時間がかかる。もしかしたら朝の5分を一年分、いやそれ以上か。たしか本には4億ビットの情報量とあって、それをググることすら億劫な私に、私の直感は説明するつもりもさらさらないのだろう。

直感は正しかった。あの朝を境に私を覆っていた硬い殻が破れていく。まず、座っていた仁さんに勇気を出して話しかけたら、私のことを覚えてくれていた。「また来てよ」を社交辞令とせず、翌日も訪れたら別の著名人に出会った。さらなる勇気を出して声をかけたら本人ではないと言われた。恥ずかしかったけれど、職場へ向かう道でスタバのタンブラーがカバンの中で踊っていた。

週明けの月曜は林真理子さんのサイン会を予約していた。指定時間の30分前に到着しておいてよかった。それから私の後ろに50人以上が並んだ。最新刊「愉楽にて」と一緒にもらったメッセージカードに「野心」の言葉を添えた想いを書いた。夫からは何か質問しておいでと言われたけれど、写真はご遠慮くださいと聞いていたのでそんな時間もないだろうと諦めた。

5分おきに列が進む。林さんが座るテーブルが見えた。手土産を渡して軽くおしゃべりしている人がいた。それくらいなら大丈夫なのかもしれない。私は意を決して「あの、よかったらこのペンで何かかいてもらえませんか」1年前にはじめて買った万年筆を渡し、私の名前と林真理子さんのサインの間にちょうどよく空いているスペースにメッセージをお願いした。

林さんの両サイドに陣取る男性も黙って見ている。サラサラと万年筆が動く。

そう書かれた瞬間、私はまた思った。
「そういうことか」


この続きをみるには

この続き: 1,663文字 / 画像3枚

直感こそ、あなたの人生の解を握っている。

IAMAMI

550円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

励みにします。美味しい珈琲を飲みます。みんなに自慢します。オフィシャルホームページ「いつだって、人生は物語」にも遊びにきてください。http://amimorinaka.com

もっとして!
6
カリスマライター森中あみです。子育て、仕事、お金、夫婦に関するブログに書けないネタ、モヤモヤを公開中!自己紹介文、宣伝告知記事など、お問い合わせ、ライティングのご依頼はオフィシャルブログからどうぞ。https://amimorinaka.com