見出し画像

⑦疲れたね……コロナちゃん。あなたが悪いんじゃないんだよね/私の子育てモットーに振り回されるファミリーの行方。

https://note.com/kinandun/n/n569a3ec51893


つづきです。金曜までサクサク更新してたんですが、また滞ってました。あ、ブログのほうもあるのでよかったらぜひ。日々の思いをなるべくそのまま物質化して残したい、というのが私の書くモットーです。

毒だしエッセイとはトラウマだとか、こんなこと言ったら恥ずかしすぎて生きていけないくらいに思ってること、それすらも気づかず奥の奥に押し込めてしまってる本当の感情に気づく自己紹介エッセイです。

今はお会いしてお話を聞くことができないので、オンラインでやりとりしながら書いていきたいです。このモヤモヤした気持ちとか、なんでなんだろーなーって言葉にするだけでも気持ちが晴れたりしますよ。

それで、書くってね、やっぱパワーがいるんですよ。エネルギー不足だと書けないね。ストレスはエネルギー漏れになるから、できるだけやらないほうがいいんだろうね。

もう疲れちゃったよ。なんかしんどいわ。何がしんどいのかな。休みたいのかな。前の記事でも書いたけどね。

糸井重里さんがTwitterで、何がしんどいかわかった、誰かが誰かを責めてる構図だ、て言ってて、なるほど、ほんとそれかも、て思ったんだけど、それに対して「何言ってるんですか」「怒るのは当たり前」て返してる人いて、びっくりした。何に怒るのかな、て思ったんだ。

たしかにまだ全面テレワークに踏み切れない会社、責任の所在がよくわからない指示には残念な気持ちになるけれど、その働き方、会社を選んだのは自分だし、コロナや安倍さんに怒っても、何も変わらないんだよなぁ。だったら、あなたが首相になったら? て思う。 

怒りの本質は、「もっと私を大事にして!」だと思うから、私も会社に「もっと守ってよ!」て言いたいんだと思う。それが言えずにビクビク電車に乗らないといけないし、ドアノブ触るのも、換気の具合も、ちょっと咳き込んだり、くしゃみしたりする人を気にする生活がしんどいんだな。

娘の幼稚園は明日から休園ですが、親が外で働いている場合は、預かり保育をしてくれます。ありがたい。こんなときは考えてくれてるなぁ(大事にされてるなぁ)と感じて、こちらも協力できることがあれば、という流れになり、週3預かり、週2お休みにしました。お休みのときは在宅勤務の夫がみてくれます。

恵まれてるから文句がないだけだろ、偽善者ぶるな、と誰かが言ったとします。そうかもしれないですね、だけど、その環境に持っていったのも私だし、て思うから、やっぱりマスク2枚に怒ってるのもよくわからんのだよね。

現実に怒るのは、その現実を作り出した自分に怒ってるってことだからね。娘は今、3時間の昼寝から起きて、お惣菜のから揚げにむしゃぶりついてます。娘のごはんは作ってません。だって、ぜんぜん食べないんだもーん。罪悪感あるけど、今日はがんばる気になれない。

こうやって切り取った事実だけで、なんたらかんたら、もし言われたとしたら、なんも知らんくせにって思うよね。書くって、伝えるって難しい。というか、ぜんぶその通りに伝えるってムリだね。相手次第で切り取り方変わるから。

だから、伝えたいことだけをめいいっぱい、これでもか、て盛り込むしかないんだよね。こう思って欲しいではなく、私はこう思います。それしかできない。それ以上は、お任せします。どうなっても私の範疇ではありません。

だからコロナちゃんも、悪い面だけ切り取られてるけどさ、ほんとは違うのかもしれないよね。このお陰で、て後からきっと言うんだよね。人は過去を美化できるからさ。

かかりたくはないけれど、流れて生きていくことに集中しよう。そう思ったんだ。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
たまに全文無料記事も含まれていますので、購入を迷っている方はそちらをご覧ください。タイトルに【全文無料】としています。

「堂々としているね」1歳でベビーカーに乗っていても、2歳で同年代の子と遊んでいても、3歳で知らない人がたくさんいる場所に行っても、娘はそう…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

励みにします。美味しい珈琲を飲みます。みんなに自慢します。オフィシャルホームページ「いつだって、人生は物語」にも遊びにきてください。http://amimorinaka.com

あざーーーーーーっす!!
10
カリスマライター森中あみです。子育て、仕事、お金、夫婦に関するブログに書けないネタ、モヤモヤを公開中!自己紹介文、宣伝告知記事など、お問い合わせ、ライティングのご依頼はオフィシャルブログからどうぞ。https://amimorinaka.com

こちらでもピックアップされています

産んでしまいました、王女さま/自由な子育てのジレンマ
産んでしまいました、王女さま/自由な子育てのジレンマ
  • 24本
  • ¥1,600

「堂々としているね」1歳でベビーカーに乗っていても、2歳で同年代の子と遊んでいても、3歳で知らない人がたくさんいる場所に行っても、娘はそう言われます。一度会っただけの保育士の友人は、「安心感がみえる」と言いました。お母さんなら何をしても認めてくれるってわかってるんだよと。私の子育てのモットーは、「自由」です。なぜなら、私が自由に生きたいから。制限されたくない。正しさを押し付けられたくない。それはつまり、自分の国のルールは自分で決める、女王のようなもの。年齢に見合わず、どっしりしている娘にはやりたいこと、食べたいものなど欲求をできる限り満たしてあげます。難しいし、イライラすることもあるけれど、それが生まれてきた目的だと思うし、見失ってほしくないから。そんな私の子育て論を書いていきます。約束:キレイごとは、なし。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。