君羅 好史(きみら よしふみ)

城西大学 薬学部 医療栄養学科で食べ物の講義を担当 | 城西大学・食べ物・本にまつわる情報届けます | 毎日note「食べ物のことについて毎日考えてみた」更新中!医療栄養学科に入学してからの学びに役立つ #note食品学 は毎週土曜日 #君羅文庫 は毎週日曜更新中!
    • 君羅文庫

      • 43本

      毎日一冊の本を紹介するマガジン「君羅文庫」 その日読んだ本の中から記憶に残る一文を書き出して感じたことを綴ります。

    • 【毎日note】食べ物のことについて毎日考えてみた

      • 27本

      埼玉県にある城西大学の管理栄養士を養成する学科で食べ物の講義を担当する教員をしてる君羅好史といいます。 担当する教科は「食品化学」と「食品機能学」 教員という立場ですが、僕自身が食べ物について学ぶということが本当におもしろいと思っています。 管理栄養士を目指す大学生や高校生にもその面白さを知ってもらいたい!食べ物のこと学ぶっておもしろいなぁ!!と感じてほしいと思って、2月1日から【毎日note】はじめます! 名前は『食べ物のことについて毎日考えてみた』 食べ物について考えていることを毎日書いていこうと思います。

    • note食品学

      • 6本

      薬学部医療栄養学科の1年生で習う食品の知識を内容をベースにした食品学の話を書いています。 管理栄養士をめざす学生、管理栄養士や料理、食べ物に興味がある高校生の方も学べる内容です。

    • オンライン授業

      • 8本

      オンライン授業を実施してみてわかったこと、感じたこと、やってみてよかったことをまとめています。

2021年 君羅文庫 50選

今年も君羅文庫ではたくさんの本を紹介してきました。先日は【2021年 #君羅文庫 10選】と題して印象に残った10冊を選んで発表しました。 このツイートでは紹介しきれなか…

自分のナラティブからは見えていないものを見ようとすること

『他者と働く』 「なんであの人はこんなことも出来ないんだ?」と思った時にちょっと立ち止まって考えてみる。そこには自分のナラティブからは見えていなかった相手のナラ…

自分で自分を幸せにしよう

『趣味で腹いっぱい』 上手じゃなくて自己満足を目指す「趣味」が人を支えることもあるし、社会を回してる!自分で自分を幸せにしよう!と思えました〜

自分の中の固まりが溶ける時

『ほろよい読書』 「おいしいもんですね。ご飯とお酒は・・・・・・」 (『定食屋「雑」』) 自分の中で固まってしまっていたものが象さんがつくった甘くて酸っぱいチキン南蛮と…

わからなさを楽しむ

『シュガータイム』 「『異常な食欲』の調子は?」 「うん。そっちも特別、変わりなし」 奇妙な病を抱える主人公の、そのわからなさと同居する様子が驚くほどあっさり描…

理解につながる「聴く」を努力して実践する

『 LISTEN』 とにかく僕は人の話を聞くことできないんです。「聞くこと」のできない自分を意識したのは娘が生まれてから。言葉を話し出し、会話ができるようになった娘の…