【帰国子女枠】6ヶ月間の大学受験を経験して感じたこと
見出し画像

【帰国子女枠】6ヶ月間の大学受験を経験して感じたこと

chaton

「帰国子女用の予備校に入るか迷っている」
「他の人がどんな大学を受験しているのか気になる」
「英語圏に滞在していなかったから心配…」

このように不安に思われている方もいるかと思います。

この記事では、2019年に帰国子女入試を”ほぼ独学”で受験した私の経験について振り返ってみました。

実際に入試を受けた大学やその合否、対策方法、お金の事など、具体的に書き出してみました。

10000字以上の長い記事となりましたが、興味ある方は読んでみてください。

1|はじめに

初めまして。

昨年の春、帰国生枠で国立の大学に進学したフランスの帰国子女です。

高校卒業直後の8月から翌年2月末まで、私立大学を3校国立大学を2校受験しました。

普段は『帰国生BLOG』というサイトを運営しており、以下のような記事を投稿しています。

私自身、優れた受験生だった訳ではなく不合格が多かったです。

思い返せば後悔することも沢山あるので、同じを失敗をしてほしくないという気持ちでブログを始めました。

もくじ

本編の構成は以下のようになっています。

大変恐縮ではありますが、プライベートな情報があったり、普段収益の無い状態でブログを更新しているため、今回のみ有料とさせていただきました。

購入後の返金も出来る様にしていますので、気軽に読んでいただけると嬉しいです!(※先にnoteの会員登録を済ませないと返金ができないみたいです。ご注意ください!)


2|実際に受験した大学とその合否

画像18

前置きが長くなってしまったので早速本題に入ります!

私が帰国生入試を受けたのは以下の5つの大学です。

※上から受けた順番通り

この続きをみるには

この続き: 10,105文字 / 画像25枚

【帰国子女枠】6ヶ月間の大学受験を経験して感じたこと

chaton

900円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
これからもお役に立てるように頑張ります!
chaton
経験者が帰国子女入試について解説します! 帰国生BLOG:https://kikoku.blog