木川剛志

和歌山大学観光学部教授。日本国際観光映像祭総合ディレクター。福井駅前短編映画祭代表。専門は観光映像と建築・都市形態学。落語と映画が大好きです。京都市上京区上七軒界隈生まれの滋賀県大津市育ち、和歌山市在住。朝日新聞和歌山版「ウラマチぶらり」連載中。

テレメンタリー「母をさがして ~養子縁組で渡米した洋子~」と、それからの物語。

AbemaTVで、テレビ朝日系列で4月に放送された、テレメンタリー「母をさがして 〜養子縁組で渡米した洋子〜」が放送されます。 Abema TV 5月30日(土)17:30〜18:00 5月…

実践する大学の形 - ヒリア先生との思い出

今回の新型コロナの問題が起こる前から、大学研究者のあり方を考えることが多くなっていました。それは多分に観光という実学の分野に来たからでしょう。観光は古くからの産…

木川的遠隔授業の準備

全国どの大学教員も、今はてんやわんやなことだと思います。遠隔授業、オンライン授業。今までとは違う授業の形式のために、新しくいっぱい映像を作ったり、音声入りのパワ…

「贖罪」 吉田喜重著 を読む

先月末、吉田喜重監督から長編小説「贖罪 ―ナチス副総統ルドルフ・ヘスの戦争」を頂きました。ブックカバーチャレンジ2日目として、facebookでブックカバーを紹介しまし…

ブックカバーチャレンジ1日目 「浮浪児1945ー 戦争が生んだ子供たち」

ブックカバーチャレンジ1日目 浮浪児1945ー 戦争が生んだ子供たち 石井光太著 新潮社発行 平成29年8月1日発行 昔から歴史は好きでしたが、スペース・シンタックス…

中年の友情と恋、替わり目

2015年4月、9年間住んでいた福井県福井市から和歌山県和歌山市に大学の異動と共に移住しました。 それまで福井で何をしてたのだろうか。今思えば2011年からのフ…