最近の記事

2023バヅクリ開発振り返り..

(※本記事は2024年始に公開予定でしたがバタついて今となってしまいました😓😭) もう三が日も終わろうしていますが、振り返れてなかった2023を振り返ります。 年末年始は、怒涛のサーバ移行がありましたて..今の今までゆっくりできできてないというのが正直なところ。 しかも、今回は事業譲渡に伴い、AWSアカウント移管もあり、年末必達、かつ、ドメイン移管もあり、という、なかなか(心理的にも)ハードな対応があったため、今やっと一段落してるところです。 ..というわけで、まだ、

    • まっすぐに向き合ったプロジェクト振り返り(KPT)

      バヅクリCTOの合原です。 実は昨年後半から、新規プロダクト開発しておりましたが、メンバーの尽力もあり、無事納期である今月以内リリース完了できました。 感謝しかありません。 …ということで、振り返りを行なったので、 振り返りよ振り返りをしてみたいと思います。 とにかく納期優先 今回は、時間的な制約からして、デザイン作成、デザインレビューといった一般的なフローはなく開発を進めました。 ワイヤーと簡易なデザインカラー指定のみデザイナーによる定義だけ定めてもらい、あとは、

      • 直感的=知識ゼロでもわかるプロダクト

        バヅクリCTOの合原です。 直近の新規プロジェクトで、UI, UXを精査するシーンが増えている中、どうしたら直感的なUIなのか?どうしたら、そうなっていないことに気づけるのか… そういった会話に現場のフロントエンドエンジニアと会話するシーンがあったので、私なりの考えをまとめてみたいと思います。 ちなみに、私はデザイナーではありません。 学生時代デザイン専攻であったわけでもありません。 あくまで。わたくしが定義する 【直感的にわかる】 ということです。 結論から言うと

        • 技術経営(MOT)とは?なぜ必要なのか? 

          バヅクリCTOの合原です。技術経営という言葉感覚的な理解となっていたので、改めて、 ザッと調べたことを備忘録としてまとめます。 技術経営(MOT)とは? イノベーションを起こすために必要かつ有効な手段。 昨今、新規プロダクトを開発しても、目まぐるしいスビードで、コモディティ化してしまいます。 多様化する時代において、技術躍進だけでなく、マーケット進展も速まり、複雑性が増し、 かなりカオスな状況となってきているとも言えます。 そういった中で企業に求めらるのが、 革新的

        2023バヅクリ開発振り返り..

          エンジニアとしてのスキルアップと成長をリンクさせるには‥

          バヅクリCTOの合原です。 昨年はメンバーが増員したこともあり、 プロダクト開発チーム(=以降DXチーム)の成長を考える機会が増えてきました。 エンジニアとして成長‥とは? スキルアップ=成長なのか? スキルアップすると、必ずしもエンジニアとしての成長につながるのか? スキルとはスキルと一言で言っても、とても多岐にわたります。 一般的には、 言語理解(これは各社お使いのappによりますかね) コンピュータ基礎 webセキュリティ フレームワーク データベー

          エンジニアとしてのスキルアップと成長をリンクさせるには‥

          フレームワークを最大限使うということ

          バヅクリCTO合原です。  当社サービス開発は、 サーバーサイドアプリケーションにRails, フロントエンドアプリケーションに、Nextjs を使っています。 昨年終わりあたりから新メンバーがjoinしましたが、一部のメンバーは、Rails自体初めて‥ということなので、少しばかり私なりのRailsの使い方、考え方をこの場を借りてまとめたいと思います🤓 MVCアーキテクチャRailsといえば、👇で有名なアーキテクチャですね。 さて、MVCそれぞれの役割は何でしょうか?

          フレームワークを最大限使うということ

          どうしたら、速く「設計」の経験を積めるか

          バヅクリCTOの合原です。 webエンジニアとして、どうしたら、設計の経験を積めるのか‥  設計とは 乱暴に一言でいってしまうと、実際のプログラミング工程に入る前にのすべて、でしょうか。 ※ウォータフォールに限らないので、設計しつつ開発進めるケースも多分にあり 私は普段から絵にしながら他者とコミュニケーションをとるようにしています。 「絵にする」とは、 つまり、 図解するということ。 その(一般的な)理由は、 自分の思考の整理 相手にも共通の理解を促せる

          どうしたら、速く「設計」の経験を積めるか

          バヅクリRailsエンジニア求む!

          バヅクリCTO合原です! 年始から、いきなり採用投稿です!😂🙏 シンプルに求める方は以下です!   Rails経験者 OOPができる、または、理解している方 Rspecでのテストコードがかける方 2,3がなぜ大事なのか語れる方 設計が好きな方 ぜひ一度、私とカジュ面でもしませんか? 詳細、気になる方むけに👇 バヅクリでのRails開発|KeiAihara@バヅクリCTO @saunaengineer #note https://note.com/kieaiaa

          バヅクリRailsエンジニア求む!

          2022バヅクリエンジニア‥DXチーム振り返り

          しばらくぶりの寄稿となってしまって、お恥ずかしいばかりですが、開発メンバーにも恵まれ、2022年走り切ることができたので、記憶を頼りに振り返って行きたいと思います。 上半期結果的に、在籍していたフロントエンジニアが離脱する形となり、、エンジニアとしては、私一人状態での再スタートとなった始末。 ただ、この事自体はあまり悲観的には考えておらず、そこまでのチームのあり方、どういった開発組織が必要なのか、会社の事業フェーズ、狙いと、照らし合わせ、私の中では、熟考(できた)させられ

          2022バヅクリエンジニア‥DXチーム振り返り

          リモートワークと生産性とコミットメント

          よく話に持ち上がるこの話題‥弊社の例でも考えてみたいと思います。 リモートワークとは こちらは想像しやすいかと思いますが、あえて定義すると、下記の通りになるかと。 オフィスへの出社をせず、オンラインで各種業務のコミュニケーションをしつつ、業務を遂行する勤務形態。 弊社の場合、エンジニアの勤務については、下記の通りとなっています。 リモートワークのメリットズバリ‥ 出社に限らない移動コストの削減 ではないでしょうか。 特に日本の場合、出勤時のラッシュ‥こういったコスト

          リモートワークと生産性とコミットメント

          バヅクリでのRails開発

          サービス開始当初、エンジニアは私一名。マーケットフィットを探りながらも、弊社の営業、マーケはプロダクトがなくても、売れる部隊であり、とにかく速くプロダクトを開発する必要がありました‥😂 とはいえ、リソースとなる、エンジニアは私の一名。インフラはもちろん、サーバー側の実装からフロントまで全て一人。 なぜRailsだったのか今でこそ、フロントエンドという領域があり、担当エンジニアがいますが、当時はそんな職能分業などしていられません。つまり、全て僕一人で、かつ、速くつくる必要が

          バヅクリでのRails開発

          バヅクリエンジニアバリュー(行動指針)‥カルチャーモデル策定🤓

          前回の記事から、約4ヶ月ほどが経ってしまいました。エンジニア採用が、急務といった前回‥あれから、あいかわらず採用は難航を極めておりますが、現在は、私含め正社員2名+業務委託の方2名の体制でバヅクリの開発を行っています。 それまでのエンジニア採用振り返り‥それまでのエンジニア採用ターゲットとしては、 スキル重視の選考(スキルチェック課題あり) CTO面談 業務委託はなし フルリモNG その他各種媒体に記載のスキル要件 と、 green、wantedly等限られた媒

          バヅクリエンジニアバリュー(行動指針)‥カルチャーモデル策定🤓

          CTOになってこれまでを振り返る②

          さてさて‥前回書いたように、この2年間で、プロダクト開発の現場で何が起こっていたかまとめると‥ 既存開発メンバーの一掃‥ 一人開発体制スタート‥ 事業転換に伴いCTOへ エンジニア採用‥ ‥と、怒涛の変化が起き続き続けました。 (まさにスタートアップらしいといえばそれまでですがw) いざ、CTOとなっても、未だ、開発メンバーは少ない状況で、私もかなりプレーヤーとして、ガッツリ開発をしつつ、マネージャー的立ち位置にいます。 が、会社の成長を考えたときやはり‥ マンパワ

          CTOになってこれまでを振り返る②

          CTOになってこれまでを振り返る①

          尋常ではないほど、面倒くさがりな バヅクリ株式会社CTOの合原です。 CTOブログ第一弾として、まずは、僕のような1エンジニアが、どういった経緯で、 オンラインつながりづくり「バヅクリ」のCTOとなったのか、入社からこれまでを振り返ってみようと思います。 正社員エンジニアとしてjoin代表の佐藤とは前職で一緒だった縁もあり、2019年5月正社員として入社しました。 当時は、正社員は僕一人。あとは、副業エンジニア4人ほど。 期待を胸に入社したわけですが、まず目についたのは

          CTOになってこれまでを振り返る①

          サウナタイムでやったSEO Vol.2

          さて、前回の話では、 ・SEOとは? ・コンテンツ量も大事 といったことをとてつもなく、簡易的に話しました。 そこから‥ サウナタイムとしては、リリース時点では諦めた全国のサウナの検索機能をつくることで、検索結果ページの量産をする、といったことをしました。 ※最初はこだわり検索ありませんでした。 が、それでもサイトのトラフィックは、鳴かず飛ばず‥ それでも、諦めずに日々GA(GoogleAnalytics)でトラフィック状況、GoogleSearchConsole

          サウナタイムでやったSEO Vol.2

          サウナタイムでやったSEO Vol.1

          コンバンワ。サウナタイムを作った男です。 サウナタイムをつくる方の人になるまで Vol.3(完結編) で書いた通り、サウナタイムは無事リリースされ、リリース日は、トラフィックも急騰したものの、それ以降は閑古鳥状態。。 サイトの目的は、 「自分の好きなサウナのことや初めて言ったサウナ施設のことを口コミとして残せると、他のサウナーのためにもなるし、ひいてはサウナ施設のためにもなる。」 であるものの、使われないサイトでは全くもって意味がありません。 なぜ使われないか?

          サウナタイムでやったSEO Vol.1