あち

日常のちょっとした気づきを書き残しています。 人生哲学をつまみに、お酒やコーヒーを飲む…

あち

日常のちょっとした気づきを書き残しています。 人生哲学をつまみに、お酒やコーヒーを飲むのが好き。 誰かにプレゼントするような記事を毎日届けたい。 2024年1月からnote毎日更新チャレンジ中。

マガジン

  • エッセイ

    日常の気づきを切り貼り。

  • 筋トレとダイエット

  • 本とわたし

    本についてのエッセイ、積読書の紹介。

  • 目標と振り返り

  • 好きなイラスト

最近の記事

  • 固定された記事

今月のテーマを決めてみる

目標の立て方は人それぞれだと思うけれど、 私は月ごとにやりたいことをリストアップして、それを週ごと、さらに日ごとに落とし込んでいる。 やりたいことをリスト化したあとは、「その月のテーマ」を決める。 テーマを決めるとやりたいことリストにまとまりが生まれて、軸を持って動きやすくなる。 ちなみに私の6月のテーマは「7月を前に進めるための準備」。 7月のテーマは「入口の先へ足を踏み入れる」である。 テーマ付けは、週ごとにしてもいいし、日ごとにしてもいい。 本当は、キャッチコピー

    • 人混みが平気になった

      人混みが平気になったな、と思う。 もちろん、満員電車みたいに体が圧迫される状態が続くと辛いけれど、人口密度が高めの場所には行けるようになった。 そもそも、人混みが苦手な理由はなんだったかな、と思い返してみる。 わたしは、少し前まで高熱を出しやすい体質だった。 人混みに行くとウイルスや菌を必ずもらってきて、1週間ほど倒れ込む。 それを避けるために、人混みを避けていたんだったな。 今は体力がついて、風邪を引かなくなった。マスクをつける頻度も大幅に減ったように思う。 土地

      • 夢を語れ

        夢を語ることが大事かもしれないと気づいてから、何となくやりたいことを言葉にする努力をしている。 今日は、高校生が職場を見学しに来ていた。女性の働く姿がイメージできなくて、職場を見てみたいとのこと。いろんな働き方を知ってもらうことが今回の目的らしかった。そこで、兼業についてプレゼンしましょうかと提案してみる。今チャレンジしていること、今後やりたいことを熱く語らせてもらった。 自分みたいな平凡人間が夢を語るなんて恥ずかしいなとか、興味があるだろうかなんて思っていたけれど、思い

        • 誕生日にほしいものリストをつくる

          以前勤めていた会社では、毎朝持ち回しで3分スピーチをすることになっていた。月に1回周ってくるペース。 誕生日が近くなると「誕生日にほしいものリスト」をランキング形式で話してくれる人がいて、それいいな、と思った。 具体的なものを言われると「どこに売っているかな」と想像が膨らんで、何か渡したくなる。ほしいものリストにランクインしたものを街で見かけたら思わず買ってしまうだろう。ランキング形式だから、こちらにも選ぶ余地があって、さらには絶対に相手がほしいものなのだから、選ぶほうに

        • 固定された記事

        今月のテーマを決めてみる

        マガジン

        • エッセイ
          168本
        • 筋トレとダイエット
          11本
        • 本とわたし
          25本
        • 目標と振り返り
          3本
        • 好きなイラスト
          2本
        • コーヒーとわたし
          14本

        記事

          アマチュアだから届けられることがある

          アマチュアだから届けられることがある、と思っている。 プロのスキルや完成度には及ばずとも、アマチュアの作品・演奏には、プロとはまた違った魅力がある。 私は長らく、アマチュアのオーケストラや室内楽団に所属していて、ステージに立つ側だった。どういう人がどんな思いで聴きに来てくれるんだろうとわからないでいたのだけど、聴く側になってようやくわかったことがある。 プロは演奏している姿も込みでアート。アマチュアはどちらかというと、演奏している姿や一音ずつに込める思いに、好きから派生

          アマチュアだから届けられることがある

          私にとって車を運転するということ

          電車生活が当たり前になってしまったな、と思う。1年前までは、1日に1回は車を運転していたのに、まったく運転しなくなった。 妹の新居が完成したため、昨日から今日にかけて遊びに行くことになった。片道3時間ほどの運転だ。 久しぶりの運転は、楽しい。何より、景色が映りゆくスピード感がちょうどいい。徒歩や自転車だとゆっくりすぎるし、電車だと速すぎる。 この時期ならではの、青々とした田んぼと木々、きれいな水色の背景に、もくもくと縦に伸びたソフトクリームのような入道雲。 その中をス

          私にとって車を運転するということ

          プラムとわたし

          初めてプラムを買った。 自分で稼いだお金で。 食べたのは、実家を出て以来だ。 水で洗って、皮がついたままかぶりつく。 熟したプラムは、皮の近くほど甘い。 メインは、その甘い部分。 メインを食べ終わって名残惜しくなっていると、種周りのすっぱい部分が顔を出す。二段構えで堪能できるというわけだ。 いや、最後に種を口に入れて果実の部分をできるだけ食べ尽くそうとするから、三段構えかもしれない。 プラムを食べていると、高校生の頃を思い出す。プラムが大好きで、初めて口にしたときの「出会

          プラムとわたし

          リバウンドからのダイエットを経て

          正月太りがなかなか解消されないと焦り始めた2月半ば頃。ダイエットを本格的に再開することにした。 そして今日、やっと目標体重を達成。な、長かった……。 信じて続ければ、必ず報われる日が来る! とはいえ、思うように体重が減らなくて辛かったな。 ダイエットをちゃんと始めたのは、昨年の4月。8ヶ月かけて5.5kg減を達成した。 しかし、その後すぐにリバウンド。リバウンドした理由は、糖質をほぼ摂らないダイエットから、糖質を摂るダイエットにシフトしたこともある。 ちなみに糖質と

          リバウンドからのダイエットを経て

          必要とされることと消費されることって紙一重だ

          わたしは今、仕事で必要とされているな、と実感する。本業でも副業でも。誰でもいいわけではなくて、私だからお願いしてくれていると感じる。とてもありがたいことだ。 ただふと消費されているなと思うことがあって。「消費されている」と思うことと思わないことの違いは何だろう。考えてみると、それは自分へのリターンがあるかどうかだと気づいた。 リターンは、次の私のチャンスにつながるものじゃないとだめらしい。感謝の言葉やお金、いかに相手の役に立てたかでは満足できないみたいだ。 何かをするこ

          必要とされることと消費されることって紙一重だ

          本名で活動すると決めたら起こったこと

          本名でライター活動すると腹決めしてから、私の中でさまざまなことが動き出している。 まず、本名での活動を始めると決めた日にポートレート撮影を予約。その翌日には名刺をつくった。 ポートレート撮影と名刺作成はずっとやりたいと思いながら2、3年動けずにいたのに、突然行動に移し始めて自分でも驚いている。 自分にとってちょうどいいカメラマン、デザイナーが見つからなくて前に進めていないと思っていたけれど、本当は名前がボトルネックになっていたんだろうな。 何かを迷うようなときは、現状

          本名で活動すると決めたら起こったこと

          誕生日が近づくと焦る

          数日前、noteを始めた日と、とあるSNSを始めた日がまったく同じで、その奇跡に驚いた。 この1ヶ月ほどは、いろんなことを前に進められている。私にとって、最も活動的な時期なのかもしれない。 活動的になれているのは、花粉症の影響がなくなって、眠気と戦わなくていいことも大きい。けれど、1番の理由は、誕生日が近づいていることだろう。 年齢を更新することへの焦り。なりたい自分になれていないことへの焦り。今は、前ほど年齢を意識していないと思っていたけれど、潜在的に年が変わることへ

          誕生日が近づくと焦る

          本名で活動すると決めた理由

          少し前に、本名で活動する覚悟を決めた。 本名で活動したかった理由は、2つある。 1.ペンネームと本名の実績が混在していたから。 2.オフラインで知り合った人からの仕事も受けたいから。 実績がペンネームと本名とで混ざっていると、実績数が分散する。それに、本名で書いた記事は、ペンネームで発信しているSNSでは紹介しづらい。見てくれた人が混乱するからだ。ポートフォリオに載せられる情報も、名前が複数あると信ぴょう性に欠ける。だから、名前を統一して、管理しやすいようにしたいと思った

          本名で活動すると決めた理由

          noteを始めた日

          今日は、noteを始めた日らしい。3周年記念だとか。 当時のことを思い出すなぁ。 私がnoteを始めたのは、ストーリーを通して想いを伝えたかったから。 それまでは、自身のブログでコラムを書いていた。だけど、誰かもわからない人間の「私はこう考える。だからこうしたほうがいい」という意見は、なかなか受け入れられない。 切り口を変え、自分の至らない部分、弱さの部分を前面に出してまずは共感してもらう。さらに、エピソードや感情の変遷の中に伝えたいことを織り込んだほうがより伝わりやす

          noteを始めた日

          noteを始めて今日で3年になったらしい!始めたときのこと思い出すなぁ。 読んでくれているみなさんのおかげで、楽しく続けられています。いつもありがとうございます。

          noteを始めて今日で3年になったらしい!始めたときのこと思い出すなぁ。 読んでくれているみなさんのおかげで、楽しく続けられています。いつもありがとうございます。

          筋肉は裏切らない

          「筋肉は裏切らない!」と叫びながら、昨日は筋トレをした。 * 2週間ほど前、「たくさん本を読むのが仕事」と書かれた求人を見つけた。読書欲が上がりに上がっていて、新書を読み漁るミーハー読書家になりたいと思っていた今の私にぴったりだ。運命を感じて受けてみたものの、採用はするっと見送られてしまった。 思いのほか、ショックが大きい。何かの間違いであってくれ。 面接が終わってすぐは、やりきった感が強くて、 不採用でも悔いはないと思っていた。 だけど、一日かけて御社で働く想像を膨

          筋肉は裏切らない

          地域の人と関わるのが好き

          地域の人たちと関わるのが好き。 同じ時、同じ空間を選んで暮らしている人たちに、運命的なものを感じることがある。 ここに至るまでには、何かしらの価値観や背景に共通点があって、同じ選択をしているはずだ。そう思うと、一気に親近感が湧く。 私と同じ地域に住む人たちのことをただの他人だとは思えなくて、もっと関われたらいいなと思うし、何かできることがあったらいいな、とも思っている。 そういう興味があって行動を選びとっていくうちに、 自分のやりたいこと、やっていることがボランティア活

          地域の人と関わるのが好き