HR Technology Conferenceの変遷から見る、HRテクノロジーの方向性
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

HR Technology Conferenceの変遷から見る、HRテクノロジーの方向性

ハイマネージャー / HiManager

今回ご登壇頂いたのは、ハイマネージャー株式会社で代表を務めている森謙吾さんです。

森さんは、PwCコンサルティングで人事・組織コンサルティングに従事された後、ハイマネージャー株式会社を創業され、現在はパフォーマンス管理やエンゲージメント管理のSaaS「HiManager」を中心に事業を展開しておられます。

今回は、HR Techに精通されている森さんから、「HR Technology Conferenceの変遷から見る、HRテクノロジーの方向性」をテーマにお話頂きます。

※本記事は、2020年11月30日に開催されたHR Millennial Lounge#12」のイベントレポートとなります。(テーマは「HR Tech Conference 2020から考えるHRテクノロジー最新動向と活用のポイント」になります)

画像1

はじめに

ハイマネージャー株式会社で代表取締役を務めている森と申します。本日はよろしくお願いいたします。

私からは「HR Technology Conferenceの変遷から見る、HRテクノロジーの方向性」についてお話させて頂きます。

初めに自己紹介をさせて頂きます。

私は、前職のPwCコンサルティングにて人事・組織コンサルタントとして、人材マネジメント戦略策定および人事制度構築、役員報酬設計、残業削減・退職率低下等幅広いテーマに従事してきました。

現在は、前職の経験を基にハイマネージャー株式会社を創業し、社員のパフォーマンスやエンゲージメント・評価管理を行うことのできる人事評価DXツール「HiManager」の展開を行っています。

本日は HRTechの第一人者と言われているジョシュバーシンさんが話した内容をもとに昨年や一昨年、本年のカンファレンスの内容を踏まえて以下4つの方向性についてお話します。

1. HRtechからWorktechへ。コロナ禍においてより生産性を上げることが求められる
2. Action Platformへの統合が進む
3. Talent Marketplaceによって内外問わないタレント活用へ
4. アジャイル、レジリエンスの話が多く、ウェルビーイングも注目されている

まず、簡単に概要からお話させて頂くと、先ほどの4つの点はそれぞれ以下がポイントだと考えております。

1.HRtechからWorktechへコロナ禍においてより生産性を上げることが求められる
HR Tech という言葉自体がだんだんと終わりに近づいていており、HRtechからWorktechという言葉に変化しつつあります。

実際に直近のトレンドも人事だけでなく、仕事の生産性を上げるツールにシフトしております。

2.Action Platformへの統合が進む
こちらは昨年のカンファレンスから引き続きとなりますが、データを単に管理するだけでなく、データから従業員の行動の改善を促していくことが求められるようになっています。

3.Talent Marketplaceによって内外問わないタレント活用へ
今回のカンファレンスで新たに発表されていましたが、日本で最近出てきているジョブ型のような考えについてとなっています。
ジョブやプロジェクトに対して、社内外問わず雇用することが話題となっていました。

4.アジャイル、レジリエンスの話が多く、ウェルビーイングも注目されている
コロナにテレワークなどの推進でより注目されるようになりました。

HRtechからWorktechへ。コロナ禍においてより生産性を上げることが求められる

先ほどの点について、さらに具体的に話していきます。

アメリカは日本よりもコロナの被害が大きく多くの従業員がリモートワークをしております。

その中でも生産性をいかに高めていくかが課題となっており、コロナにより従業員自身もより意識するようになってきました。

画像2

元々HRTecnの流れとしてはデータを統合していくAutomateの領域から、従業員の方が実際に使っていく、Integrate、Engageの領域でツールが進化しておりましたが、最近注目されているのはIntegrating work and lifeです。

画像3

つまり、HRtech ツールがリモートワークを行っている従業員の生産性を高めていくところに寄与するかどうかが注目されています。

日本でいうところのワークライフバランスの考えが近いと思います。

画像4

更に具体的にいうと、労務や給与管理、タレントマネジメントのツールから、仕事の生産性を高めていく work toolとして時代と共に変わってきております。

画像5

今まではHRtechと呼ばれていた通り、あくまでも人事のためのツールであって、人事の仕事が楽になることが主流でした。

このような流れを受け、前述の通り、これからはHR techではなくWort techになっていくと言われており、Work techの中には瞑想ができるツールやslackなどのコミュニケーションツールやファイナンスを支援するツールも総称してWork techとして言われております。

画像6

さらに言うと、現場の中で使いやすく、仕事の中で使っているツールと連携していく必要があるとも言われています。

例えばteamsやworkplaceやslackといったコミュニケーションツールを基点にWorktechツールも使う必要があるとのことです。

画像7

具体的には、エンゲージメントサーベイとslackを連携して、Slack上でサーベイを回答できる、といったように日常のツールで完結できるようになることが今後のトレンドとなるのです。

Action Platformへの統合が進む

昨今、エンゲージメントやタレントマネジメントの領域のサービスが競合していき、サービス自体が統合していくことが話題になっています。

画像8

画像9

実際に海外で以下のような変化が起こっており、Action Platformの市場はどんどん拡大しています。

● 日本でいうモチベーションクラウドのようなサービスをやっているGLINTが1on1や称賛を従業員同士で送り合うと言う機能を追加した
● エンゲージメントサービスを行っているculture ampが1on1の記録できる機能を実装した
● 7GEESEが給与関連のサービスを行っている企業に買収された

画像10

このような変化の背景としては、Engagement・評価・称賛(褒める)のデータを一括で管理することで、従業員(主にマネージャー)に対して様々な示唆をレコメンドできるようになることが分かり、統合化が進んでおります。

画像11

実際にhumuという元GoogleのCHROが作った会社では、データを基にnudgeというレコメンドをシステムから自動で送るサービスも展開しており話題となっています。

Talent Marketplaceによって社内外問わないタレントの活用へ

Talent Marketplaceと言う新しい考え方も今回の発表ではありました。

画像12

コロナによって、ビジネスの変化が激しくなっている中で、よりアジャイルな対応が求められています。

そのような中で、必要なポジションに人を当てはめていく、日本でいうとジョブ型のような最適配置の考え方=Market placeが今後の組織の当たり前になっていくとカンファレンスでも触れられていました。

画像13

具体的には空いているポジションやプロジェクトに対して社内の人材ポータル上から適切なメンバーを選出しアサインするようになっていくということです。

私も前職で経験しましたが、現在のコンサルティングファームのような働き方に近いと考えられます。

必要な仕事やプロジェクトに対して社内の人が応募できたり、スキルや経験に応じてリコメンドされアサインされるようになるのです。

画像14

また、このような流れは社内だけでなく、外部の人材活用にも展開されると言われており、実際に現在でも様々な会社がこの領域に参入してきております。

例えばキャリアパスを提示するfuel 50やリクルーティング領域の会社work dayなども参入を始めています。

画像15

特に衝撃的だったのですが、eightfoldと言う企業は創業4、5ヶ月でまだベータ版かつ1名にしか利用されていないにもかかわらず、125億円ほど資金調達しており、海外での注目度の高さが分かります。

こちらの会社では社内の最適配置、タレントマネジメント、ラーニングを一括で行うことが売りになっており、会社全体がmarket placeになる時に最適なサービスであることをマーケティングしています。

画像16

他にもgloatといったサービスもできており、社内外の最適配置といった領域は注目されています。

アジャイル、レジリエンスの話が多く、ウェルビーイングも注目されている

これまで述べた領域と同様に、ウェルビーイングのマーケットも伸びており、コロナになってテレワークでも生産性高く仕事をしていくために心理的安全性を高めていくこと含め注目されています。

画像17

画像18

実際、以下のようにウェルビーイングの領域のサービスも増えており、アメリカではファイナンシャル支援や運動などの身体的な部分の支援、瞑想のサービスや医療プラットフォームなど幅広い領域でウェルビーイングを支援できるようになっています。

画像19

例えば、ファイナンシャルのサービスだと、Best Money Movesと言うサービスができており、日本で言うところのマネーフォワードの個人版のようなイメージで、従業員の資産運用状況などを管理することができるサービスです。

マネーコーチと呼ばれるファイナンシャルのプロからアドバイスも受けれるようになっています。

画像20

他にもメンタル的なサポートとして、瞑想のサービスであるheadspaceや健康管理としてVirginpulseといったサービスもあり、心身共にサポートできるようなサービスが出てきており、海外ではウェルビーイングのサービスが充実しております。

画像21

画像22

以上がHR Tech Conferenceを踏まえた4つの方向性となります。
今後は、海外と同様のトレンドが国内にも訪れると思っております。

ご清聴ありがとうございました。

さらに1on1の理解を深めたい方はこちら

1on1の概念的理解から具体的な事例までを網羅した全30ページのパーフェクトブックです。
以下のリンクから無料ダウンロードが可能です。ぜひご一読ください。

・・・
ハイマネージャー
OKR1on1フィードバック人事評価などハイブリッドワークのマネジメントに必要な機能が全て揃ったピープルマネジメント・プラットフォームHiManager」の提供、及びマネジメント人事評価に関するコンサルティングを行っています。

ハイマネージャーへの無料お問い合わせはこちら






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハイマネージャー / HiManager
ハイマネージャー株式会社公式noteです。リモートワークマネジメントサービス「HiManager」を提供しています。マネジメントやリモートワークに活きる知見を発信しています! https://himanager.me/