Keisuke Shimakage

起業家。父の失読症をきっかけに文字を代わりに読み上げるメガネ〈OTON GLASS〉を仲間と共に発明。弱視者とエンジニアが協働して発明を実践し知を流通させるプロジェクト〈FabBiotope〉に取り組む。 https://scrapbox.io/keisukeshimakage/
  • 商品の画像

    FabBiotope1.0→2.0

    著者である島影は、自らの父の失読症をきっかけに文字を代わりに読み上げるメガネ〈OTON GLASS〉を仲間と共に発明します。そこから発展する形で自立共生する弱視者やエンジニアを増やすプロジェクト〈FabBiotope〉に取り組んでいます。本書では2019年の取り組みを〈FabBiotope1.0〉と位置付け、当時の記録映像をQRコードで埋め込みながら、プロジェクトに関するQ&Aの文章で、次段階の取り組みである〈FabBiotope2.0〉への参加者を募っています。プロジェクトの紹介を中心としながら、実践を通じて生まれた知を編集した内容となっています。福祉や情報技術などの領域で活動している方々にとって参照になりうるような内容であることを願っています。ご興味を持っていただけた方は、ぜひお買い求めください。105✕148mm(A6判)┃143phttps://note.com/keisukeshimakage/n/ncbf6ee016a58
    ¥1,500
    Keisuke Shimakage
固定された記事

# 100_『FabBiotope1.0→2.0』

目次 # 101_FabBiotope2.0、はじまります # 102_本連載の概要 # 103_変わることを変えない # 104_「当時者兼つくり手」の定義について教えてください # 105_多様性の発明…

#150_詩的なエンジニアリング

2021年11月 島影圭佑  平尾修悟は音楽をつくるように、歌詞を書くようにエンジニアリングをする。本作もそれが実践されているように映る。unbirthdaysというタイトルは…

#140_詩作編

# 132_ふぁぶびおとーぷ? # 133_詩作日記を企画してみる # 134_企画書を共有する # 135_日記を朗読する # 136_全体を振り返る

# 139_新著『Prototyping with OTON GLASS』をTURNフェス6にて出展します!

8月17・18・19日の三日間、上野の東京都美術館で開催されるTURNフェス6に、最新の自作書籍『Prototyping with OTON GLASS』を出展致します。お立ち寄りの際はぜひ…

# 138_書誌事項

Prototyping with OTON GLASS 2021年8月13日 初出 著者:島影 圭佑 演習:須田 拓也 装丁:森屋 充正 発行所:株式会社オト…