稲田一馬(Kazuma Inada)

熊本出身、流しを行うロックンローラー 4年で1,000曲習得

稲田一馬(Kazuma Inada)

熊本出身、流しを行うロックンローラー 4年で1,000曲習得

    マガジン

    最近の記事

    意外と答えは歩いてきた道に落ちとる

    さあ今宵もギター担いで出動!! 子どももだいぶ大きくなり、最近ベッドから布団に変えました。 すると、睡眠の質が圧倒的に上がりました。 よう寝れます。 夜中に目覚める事がかなり減りました。 明らかにベッドのほうがよく寝れそうなイメージがあります。 だけど今回で確信しました。私は圧倒的に布団派だなと。 何故だろうと考えてみました。 人生を振り返ると、私って布団歴33年なんですね。ベッド歴は4年。 単純に布団に慣れとるんです。 学生時代も布団。就職時代も布団。ライブをやってた

      • 我が子の成長には負けられない

        寒いですね。今日は金曜日。 さあ今夜も流しへ行ってきます!! 2023年が始まってもうすぐ1ヶ月。 確かに年々月日が経つのが早いと感じます。 だからこそ、どれだけ無駄と惰性を無くすかをよく考えるようになりました。 過去を振り返らないとばかり謳い、走り続けた若かりし頃。 今は昨日の反省、昨年の課題など、毎日のように振り返り改善と対策を繰り返しています。 40歳になると人生の折り返し地点と考える人も少なくないそう。 かつ月日の早さがさらに加速するならば、必要のないものを省く

        • 隣のおっちゃんから、かずえさんの話を聞かせてくれた夜

          BARカウンターに座った。 私は瓶ビールを注文した。 昨夜は大寒波だったからか、お客さんは少なかった。 手ぶらで帰るわけにはいかない。 とは思いつつも、焦っても仕方がない。 それにこんな時だからこそ、お世話になっているママさんやマスターと直接お話ができる。 御礼を伝えに行こう。 昨夜は初めからそう決めていた。 今だからこそできること。 隣の男性のお客さんが、ママさんとお喋りしていた。 私にまで話しかけてくれた。 60代ぐらいかと思ったら、なんと76歳。 凄まじいバイタリ

          • 封印している唄がある

            大寒波ですね。 風邪を引くわけにはいかないので、私も昨日今日はかなり着込んでおります。 そんな今宵は流しへ行きたいと思います。 2017年、私は人生二度目の海外でロシアに行きました。 日本では軽装で十分過ごせた10月。 国境を越えれば、想像を超えるほどの冷気が我が身を襲いました。 念の為コートを持ってきたとは言え、まさか終日フル装備になるとは。 6年ぶりに呼び覚まされた記憶。 しかしそれは悲観ではなくむしろ逆。 最高の思い出がそこにはありました。 讃美歌に包まれ、祈り

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 流し
            稲田一馬(Kazuma Inada)
          • 自己分析
            稲田一馬(Kazuma Inada)
          • ライブ
            稲田一馬(Kazuma Inada)
          • ラジオ
            稲田一馬(Kazuma Inada)
          • 挑戦
            稲田一馬(Kazuma Inada)
          • YouTube
            稲田一馬(Kazuma Inada)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            負けを認める覚悟と未来

            今朝、恐ろしいアーティストを見つけた。 Ado。 勿論前から知ってはいた。 「うっせえわ」も流しのレパートリーにある。 この前の竣工御披露目会でも他の場所でも、よく話題に上がる曲が「新時代」。 ONE PIECEが好きな私は、存在は知っていた。 宿題として頂いてはいないけど、1曲持っといてもいいかなと本腰入れて聴いてみた。 想像を超える曲のクオリティーの高さと情熱的な唄声に衝撃が走った。 音楽から人物へと興味が移った。 ライブ映像は無いか。 顔出しNGは知っている。 だ

            熱唱と情熱に包まれた竣工御披露目会

            「年初めにとある集まりがあってな、良かったらそこで30分ぐらい歌ってくれないか!?」 年末の宴会流しの時にお誘い頂いた。 久々の出張。 遅刻だけは絶対にしないよう何度も乗り継ぎを確認し、いざ目的地へ。 「おお早かったな。もう着いたか。今日はよろしくな。控室あるから。」 オファーを頂いた社長さんにご挨拶。 どうやらかなり早かったらしい。 まあでも遅刻するよりは全然いい。控室へ。 今日は竣工御披露目会。 実際に出来たばかりの建物の中で行われ、さらに落成式といって、竣工に携わ

            2時間ぶっ通しで歌い続けた昭和町の夜

            「一馬くん!来たよ!!」 「久しぶり!元気にしてた!?」 「お久しぶりです一馬さん!楽しみにしてきました!!」 「おお一馬来たか!!今日はたくさん歌ってもらうぞ!!」 昨夜は満席。 ドアを開ければ知ってる方々ばかり。 そして既に高まっている熱気。 もう飲んどる。 この夜が決まったのは6日前。 突然の開催だし平日だし、この時期は飲食業界は閑散期と聞いているから今宵はしっぽりをイメージしながら電車に揺られていた。 びっくりするぐらい嬉しい誤算だった。 場所は昭和町にある日本

            街中で響く大きな音からの寂しさ

            さあ今宵は昭和町ですね!日本酒BAR慎庵へ行ってきます!! とんでもなく大きな音で街中を走る1台のバイクを見かけました。 見た感じ、20代の男の子が二人乗り。 たまに見かけるのですが、何の為にこんな事をするんだろうと思っていました。 いつだったか、この行動理由について書かれていた本がありました。 「若者が街中でわざわざ大きな音を鳴らすのは、"自分"という存在を示すため。また人を怖がらせたいために行なっている可能性がある。」 つまり何十億といる人間の中の"自分"という存

            2023年の挑戦は「やめる」

            2023年の挑戦は「やめる」です。 新しい年を迎えると、「新しい事に挑戦したい!」って思いがちです。 実際私も毎年そうでした。 だけど私も含め挑戦が好きな人って、たぶん意識せずとも勝手に挑戦すると思うんです。 ただ逆は違う。 「やめる」ことは難しい。 ありがちなのが、挑戦して増やして増えて増え続けて「時間がない!」パターン。 睡眠削ってでも時間を作ろうとしてしまう。 増やすのではなく、減らす。 どこかに無駄がないか。 もう天井叩いたものはないか。 先が見えないと感じ

            今宵は2023年初、新しいお店へ!!

            さあ今宵は京橋へ向かいます!! もう何年ぶりだか、久々に夜中に目が覚めることなく朝まで眠りにつきました。 おかげで今日はすこぶる元気で、練習が捗る張り切る歌いまくる。 テンションも上がりまくったので、久々にYouTube収録をしました。 明日の朝6時に配信致しますので、お時間合えば寝起きと共に覗いて頂けると嬉しいです! 配信が朝6時の理由は、なんかおもしろいからです。 これから行くお店は、先日深夜まで京橋で流しをさせて頂いた時につながらせてもらった所。 めちゃめちゃ喜

            センター試験を受けて20年

            センター試験を受けて20年。 あの頃は夢と希望に溢れていました。 京都大学に行きたくて行きたくて、毎日15時間、病を患いながらも歯を食いしばって立ち向かい、引き止める家族の手を振り払い猛勉強。 結果は惨敗。 一浪したけどまったく手が届きませんでした。 40代が迫ってきた今。 何ひとつ後悔はしていない。 本当に一生懸命だったしめちゃくちゃ本気だったし、やり切った感はある。 センター試験を受けて20年。 あの頃は夢と希望に溢れていました。 今はもっとある。 掴んではまた

            京橋で深夜2時まで歌い続けた夜

            昨夜は新年会。 昨年からのつながりで、交流だけでなく正式に流しとして主催者からオファーを頂いた。 基本的に流しの出番は後半。 皆さんの食事が終わり、お腹も落ち着いてきてお酒が弾む時にジャララーンと登場。 今回は私も頭から参加させて頂いた。 知っている方々も多く、心ゆくままにお酒を飲んで楽しみたい気持ちでいっぱいだった。 だけど遊びに来たわけではない。 いや遊び心は大事。 だけど、ただただ楽しむのは違う。 何より流しでこけるわけにはいかない。 お酒好きと公言しているし新

            ただ風邪を引いただけでは終わらせんぞ

            ついに復活!! ここ数日を取り戻すように今日は朝から練習していました。 しかし健康っていいですね。 嬉しすぎて5時間ぐらい歌っていたので、どうやら私のやる気の無さはやっぱり病気だったみたいです。病気ならしゃーない。 さあ今宵は新年会へ行ってきます!! 元気野郎でお馴染みの私にとって、リラックスはとても苦手。 元気だからこそ力が入るし、入れたくなる。 私は元気に頼りすぎていた。 元気前提で練習をしていたし、相応の力はあるものとして歌を歌っていた。 風邪を引いてわかった

            年に何度かやる気が出ない時がある。原因はいつも病気である

            年に何度か、まったく何もやる気が起きない時がある。 昨日まであれほど力がみなぎっていたのに、驚くほど何もする気が起こらない。 考える事すらも億劫になる。 もはや病気ではないかと思うほどに。 歌を歌っても、ギターを弾いても、本を読んでも気持ちが高まらない。 空腹を満たしても、睡眠を十分確保しても、横になってくつろいでも結果は同じ。 ついに体力低下か。 それとも年齢か。 もしくはいよいよ飽きが来てしまったのか。 考えても答えは出ない。 ただ気持ちは沈んでいくばかり。 そん

            ただの扁桃腺の腫れで本当によかったぞ

            風邪は治ってきた。 けど何処となく倦怠感がある。 しかも気を抜いたら発熱しそうな感覚だ。 何処かおかしい。 喉には少しばかりの違和感がある。 今朝何気なく鏡で口の中を覗いた。 すると、片側だけ明らかに大きな腫瘍がある。 これはおかしい。やばいかもしれない。 直ぐに行きつけの耳鼻科へ。 週明けは混んでて、予約は夕方に。 確かに最近高音がよくかすれる。 何事もあってほしくない。 病気に詳しくない無知な私は、ただただ不安だけを一人背負っていた。 「あ、扁桃腺が腫れてますね

            風邪でも焦らず丁寧に

            健やかを謳いつつも、早速風邪を引いてしまった。 3連休の初日、早朝から喉の調子が芳しく無く、いつも以上に意識的に休暇を取った。 原因がわからない。 睡眠、休息、湿度には細心の注意を払ったつもりだ。 翌日、我が子が38.7度の発熱。 保育園からもらってきたのかな。どうやらうつってしまったみたい。 今はどちらも元気になってきたが、夜流しは大事をとってお休みにした。 幸いにもお呼ばれしたお話は無かったので、3連休は家族でゆっくり過ごした。 気をつけてもやられる時はやられる