見出し画像

【動画販売は11月中です】”共に生きる”ことの神経学

ソマティックフォーラムの出向のため都内に向かう途中のカフェで、ふと降ってきて猛烈にアップしたこんなTwitterの連続投稿。


トラウマ療法をやっていてつくづく思うのは、本丸のトラウマほど本人はそれをトラウマと気付いていない。大きな傷ほど、無感覚になって適応するから。その力があるから私たちは全員がトラウマまみれの人生でもある程度の健全性を保って、ある程度明るく生きていける。

ピーター・リヴァインは、トラウマは出来事の中になく、神経の中にある、と言った。その事をセッションのたびに真実だと思う。トラウマのエピソードに自覚的に苦しめられることがないように個人のシステムは心を守るけれど、身体にはそれが冷凍保存されている。凍りつかせたままずっと持っていてもいい。

でも、もうそれを凍りつかせなくていいほどの力を持っているなら、そのフリーズを持ち続けたまま人生の最後まで行くのはもったいないし、あまりヘルシーではない。
神経の中にあるトラウマは、神経の中で、その人に影響を与える。

多くの場合、出来事に対する「反応」や「感じ方」など、言語化される以前の体感覚として。
私にもトラウマってあるんでしょうか?とよく聞かれるけれど、ご安心ください、生きてる人もれなく全員トラウマまみれです、笑

でももれなく全員、それに「適応」し「自分の調整力でそれを(自覚的に取り組まなくても)次第に癒し」「共に生きる事で癒しあう仕組み」を持っている。
自分にも人にも「ていねいに」感じながら毎日を送ることがそのプロセスを助ける。今何を感じているか、何をしたくて、したくないと感じているか。

互いに癒しながら、でも傷を投影しながら、共に生きていく生理学的な仕組みってほんとうにアートだ。
みんなよく生きているよ、あなたもわたしも!
この事を腹の底から実感できると、自分を含めた全ての人の見え方は変わる。

わたしはサイエンスをやっていた者として、人体のことをやっている者として、まあ自分自身が全然「大丈夫じゃない」と巻き込まれてしまう人生の局面が来ることがあってもそれも含めて
「とりあえず大丈夫なんだ」と伝えていきたい。

などと思いながら、財布を忘れたことに気付いて少々焦りながらも、ソマティックフォーラムに向かっております!
伝わっただろうか・・。

この話をちゃんとやる会を設けよう。タイトル降ってきた。
「“共に生きる“ことの神経学」
・・・またこんなマニアックなタイトルしか思いつかない!💦


ということで、こんなことを語ろうと久しぶりに「身体性理論オンライン」を開催いたします。


そもそも、一人で毎日を生きる心の仕組みも、それを支える神経基盤、つまり『身体の状態』があり、それが投影などの心の現象として機能します。このあたりの「心と身体」の仕組みから、さらに立体的な機能となる「共に生きる」の背後に、同時進行している”心の物語”と”身体の物語”。

そのあたりのアートとサイエンスを語りたいと思います。

理論を語りつつ、それがみなさんの日常や体感と結びついていくための身体ワークも盛り込みましょうね。

1回では語りきれないだろうと思いつつ全体像を練った結果、3部作となりました。

第1回は、なんと80名もの方にご参加いただきたくさんのご感想をいただきました。ありがとうございます。


〜身体性理論オンライン〜
”共に生きる”ことの神経学

第1回(10/21) 『”自分とともに生きる”神経学』
内容:未完了のプロセス〜投影〜自己調整
■日時:10月21日(木)19:30-21:30


第2回『”共に生きる”ことの神経学』
内容:協働調整という仕組み〜神経系は響き合い、なだめ合う
■日時:11月5日(木)19:30-21:30


第3回『共に”より良く生きる”ための身体性(ソマティック)』
内容:身体性と自己認識、協働調整に参加する
■日時:11月20日(金)19:30-21:30

<各回共通>
■受講費:5,000円(外税)
■オンライン(ZOOM)
・定員はありません。
・後日視聴可です。
・リアルタイムでの視聴は当日17時までにお申し込みください。それ以後は動画リンクのご案内となります。
・終了後の動画販売は11月いっぱい行います。(←販売なしから変更しました)
■お申し込み
http://ws.formzu.net/fgen/S96932092/



ピンと来たらどうぞおいでくださいませ。オンライン上ではありますが、”共に”集いましょう。



FB・Twitterでもこまめにつぶやいています。よろしければフォローミー。
https://www.facebook.com/kazuha.ogasawara
https://twitter.com/kazuha_og

絶賛構築中公式サイト
https://kazuhaogasawara.com/
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やほう♥
26
ボディーワーカー/代替医療から現代医学まで幅広く学術・臨床研究を深め新しい健康観「健康3.0」を探求しています。宇宙物理学→ボディワーカー→医学部大学院研究生という謎キャリアを熟成中 https://kazuhaogasawara.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。