川崎ゆきお

+1

寒いだけの話

「寒くなってきましたなあ」 「もう冬ですから」 「そうか、あたりまえの話か」 「でも、毎回冬に入ると、寒いです」 「そうでしょ。寒さが来る。最近なかった寒さ。まあ…

+1

びびり

「そろそろその時期なのですが、如何致しましょう」 「もうその時期か」 「もはや早くはありません。この前は早すぎましたので、しくじりましたか、今なら良い時期かと思…

+1

手を抜く

 手を抜く。これは入れていたのだろう。指ではなく、手。手首まで、あるいは腕まで入っていたのだろうか。  指だけなら小手先。手の先は指なので、小手先の芸は指芸。…

+1

潜伏先

 篠原村から西へ少し上ったところに、船越村がある。方角的には北ではなく、坂の続く山沿いを上ったところだ。この村だけがぽつりとあり、その先は山の腹にぶつかり、道…

+1

本物の妖怪

 妖怪博士なのだが、あまり妖怪を追いかけていない。妖怪ハンターのようなことはしないのだが、それにしても妖怪が出たのでそれを調べに行くという話がない。  これで…

+1

明日休む人

「明日は休みたいと思っているのですが」 「またかね」 「身体が休みたいと言ってますので」 「君が言ってるんじゃないか」 「私の意見では言うことを聞いてくれません」…