見出し画像

「部屋」は「人間性」をあらわす鏡

一言でいうと

赤の他人の部屋を見せると、部屋の様子からその住人の性格を正確に言い当てられた

活用シーン

対人関係、採用

内容

心理学者サミュエル・ゴスリングの研究。
ステップ1
大学生80人の性格を詳しく調べた
方法は「人物調査のための五項目(外向性、協調性、まじめさ、感情の起伏、好奇心)」を用いた。

ステップ2
まずは親しい友人に評価させた。
長い付き合いを通じて得た情報はそこそこ正しかった。

ステップ3
対象となる学生と会ったことのない赤の他人に性格を当てさせた。
判断材料は学生の寮の部屋だけ。
本人には会わせず部屋の様子だけを15分間観察させた。

結果
外向性:友人のほうが正しく判断できた
社交性:同上
協調性:同上
まじめさ:部屋だけ見たグループの評価のほうが当たっていた
感情の起伏:部屋だけ見他グループの評価がはるかに当たっていた
好奇心:同上

『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』マルコム・グラッドウェル

簡単にまとめると、ある人の性格について、外向性・社交性・協調性は、リアルな友人のほうが把握している傾向が強い。
そりゃそうです。日頃接している目に見える部分ですから。
しかし、まじめさや、感情の起伏や、好奇心という、目に見えにくい性格の一部については、リアルな友人でもつかみ切れていないことがある。

それよりもむしろ、会ったこともない赤の他人が、その人の部屋を見て「推理」したほうが正しかったというのです。


たとえば、会社の採用面接などでは、やはり見えにくい部分を短い面接の時間でつかみたいところ。そういった場合、ありがちな言葉のやり取りよりも、その間に鍵を借りて、自宅を拝見するほうが確度が高そうです。
まあ、そんなことできるはずもないのですが・・・苦笑。


とはいえ、人の見えにくい性格は、細部に痕跡を残している、ということを知れば私たちは、その人を知る手がかりを得られる可能性はゼロではありません。彼らの無意識の行動に、彼らの本心が隠れているのかもしれません。


家業を継ぐ、二代目、三代目のための本、出版しました。

こんな心理実験集めたマガジンです。
よかったらフォローしていただけると嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、日本の二代目経営者のこれからの活躍を支援するために使わせていただきます。

ありがとうございます<m(__)m>
5
父の会社を継いだ二代目社長。 同じ境遇の人たちが身体を壊し親の会社を辞める事例を見た。 原因は親子の確執。原因を解明し、二代目専用コミュニティを通じて、中小企業の二代目が活躍できる状態を目指して活動中。 著書『親の会社を継ぐ技術』https://amzn.to/2JzrqcT
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。