見出し画像

しょうがどっさり! サバ缶とトマトのスープカレー~週末のスープごはん

今週のスープごはんは、スープラボから生まれた簡単カレー。身近にある食材から、たった10分でおいしいカレーが食べられます。フライパンでもOK(むしろいい)、一人暮らしの方にも多すぎない量なので気軽に作ってみてくださいね!

材料(1~2人分)

さば水煮缶 1缶
トマト 1個(200~250g)
ピーナツバター(無糖のもの) 大さじ1
しょうがチューブ 1本
カレー粉 大さじ1~2
クミン(ホール)
油、塩
ごはん 適宜

1.
トマトは皮ごと刻んでおく。フライパンに油とクミンを入れ、弱火にかけて1分ぐらい、香りが立つまでじっくり煎る。焦がさないように気をつけてください。

2.
トマトと塩ひとつまみ加え、中~強火にしてフライパンを動かしながらトマトの水分を少し飛ばす。カレー粉、ピーナツバター、しょうがを加えてさらに煮詰める。しょうがはチューブまるまる1本使って大丈夫です!

3.
ペースト状になったら、サバ缶の水気を切って加える。サバは細かく崩しても、ごろっとしたままでもそれぞれのおいしさ。水を足して好みの濃さにし、味を見て塩を調節する。ごはんを添えて出す。

しょうがチューブは、一番安いのが辛みがおだやかでいいです。高いチューブや生のしょうがを使うときは、量を少なめに調節してください。

この写真だと、サラッとしたカレーっぽいですね。もう少し水分を入れるとスープカレー的な雰囲気になります。しょうが1本で、かなり辛さが出ますので、さらに辛くしたい人はカレー粉を足して調節してください。お好みの濃さと辛さで!

簡単カレーでよい週末をお過ごしください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
有賀 薫

読んでくださってありがとうございました。日本をスープの国にする野望を持っています。サポートがたまったらあたらしい鍋を買ってレポートしますね。

かつおだし、おすすめです。
58
スープ作家。365日、毎日スープを作っています。日本をスープの国にする野望。旬の野菜をたっぷりシンプルに食べるcakes連載『スープ・レッスン』https://cakes.mu/series/3722