見出し画像

私の好きなnoteの長期連載小説①

長期連載小説を書かれているnoteのクリエイターさんはたくさんいらっしゃるけれど、私の気力や読む力が続かなくて、読むのを挫折している連載小説も少なくない(申し訳ない)。それでも好きなものは後で追いついてちゃんと読むつもりでいる。そんな中でたまには紹介してみるのもいいかな、と思いポチポチし始めてみる。

長期連載ともなると、一度逃してしまうとしばらく開いてしまって追いつけないのものもある。それはアップの頻度、タイミング、題材、文体の読みやすさ(合う合わないがやはりある)など、様々な要因があるけれど、テレビのドラマと一緒で、どうしても続きが気になってなんとしても、溜めちゃったとしても、後でなんとか読んで追いつきたい小説、というのも少なからずある。

そんな「間が空いて、忘れちゃってて、また読むとしたら頭から読み直しかな……」なんてちょっと思っていたのに、ついつい読んでしまい、追いついて、今や更新が楽しみな小説がある。

森とーまさんの『ゾンビつかいの弟子

がそうなのだ。いつも親切に今までのあらすじも書いてくださっているか、あるいは頭から読みたい人に向けてリンクも貼ってくださっている。

こんな話だよ、という事も出来なくはないけれども、なんとなくひと言では説明しにくい、不思議な小説だ。私がちゃんと理解してないから説明できないのかもしれないが。ちょっと用語の引用をしてみる。

ざっくりと状況がわかる用語集

ゾンビ(?)……人間の身体を持つ謎の生体ロボット。プログラミングで操れるらしい。数年前から日本に大量に入り込んで来て、各地でテロ行為をしていた。現在、いちおうほぼ鎮圧されている。

関所……政府はゾンビによるテロ行為防止のため、県境を越えて移動しようとする者を厳しく取り調べ、「疑わしきは通過させず」を徹底した。約半年間に渡り運用され、多くの帰宅難民を生んだ。

インターネット……関所法施行の間は、国内全域でネットも電話もできなくなっていた。現在は復旧。

用語だけでもなんとなく伝わるか?

どんな設定の話かはわかると思う。でもこの小説はあらすじや設定を読んで「うわっ面白そう!」という感じではなくて、なんというか、いいのだ。おそらくとーまさんの文や文体が好きなのだ、私は。ずっと読んでいられる。そして中のキャラクターもどの人も好きで、私の中で本当に歩いてるし喋ってるし、生きている。どの人もとても好ましいのだ。

もともと私はウェットな感じが苦手だが、さりとてハードボイルドが得意でもなく、ドライなようでいて、ドライじゃない心の揺れのようなものが「垣間見えた」瞬間が好きなのだ。そのタイミングが絶妙。シリアスで緊張感のある場面とそうでないリラックスした場面のゆるさとのバランスも、人と人との会話部分の醸す空気感も、なんというか私好みだ。

神白、という男がなんだか目が離せなくて、主人公の伊東君が神白に翻弄される様もなんだかたまらない。

なんて下手くそな推薦文だろう。
これでは伝わらない。

こんなに面白いのに。

というわけで、よかったら……。
静かにお薦めしてみる。

森とーまさん
ゾンビつかいの弟子』(マガジン)


#推薦図書
#森とーまさん
#ゾンビつかいの弟子
#ラブレター
#note感想文

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございますサポートくださると喜んで次の作品を頑張ります!多分。

アリガトゴザイマス!ワタシモスキデース
48
3人の男の子を子育て中のオタク主婦。毎日お弁当作りとお絵かきを少々時々短歌。スキ•フォロー•シェアはご自由に。リフォローは必ずしもできませんがフォローやスキつけて下さったら見に行きます!漫画・イラスト等の依頼もお待ちしてます。アイコンはにしいきよみさん。

コメント2件

かねきょさん!!! ありがとうございますありがとうございますありがとうございます(号泣) もう、この嬉しさを、どうやって表現したらいいのか……。言葉もない。それに、紹介文が完璧に正確です…。本当にそうだと思います。話とか設定とか纏めようとしても(自分でも)よく分からないんですよね(笑)、強いていうなら神白いいですよ(自分で言った)、とでも言うしかない、それを狙ってるわけではなくて、私はその書き方しかできないようです。 私の都合で長く休載してしまったのに、追いついていただいて本当に本当にありがとうございます。あとで自分のノートにも書きます。
とーまさん
いえいえ、勝手にすみません。引用もなんの承諾も得ず、失礼致しました。でも喜んでくださったみたいで、ちょっとホッとしております。下手くそな推薦文で本当にお恥ずかしいのですが、私のゾンビつかいの弟子への愛がなんとか伝わったなら逆に嬉しいです。ずっと静かに楽しみにしていたのですが、ついちょっと書きたくなって、こんなラブレターを書かせて頂きました。読んでくださってありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。