考えていること

44

小説とライター仕事の文章の違い、その理由

先日、京都在住ライター江角悠子さんの主宰する「ライターお悩み相談会」のゲストで呼ばれていろいろ話してきました。少人数のアットホームな同業者の会だからこそ言えるあれこれ。お悩み相談というより情報交換会のような。楽しかったです。※写真、左から2番目です。(場所:下鴨デリ)

この中で、小説とライター仕事の文章の違いや書くときの違いはなんですか、という質問があって、こんな風に答えたのでした。

「小説の

もっとみる
いいことありますように!
15

ようやくたどり着いたわたしにぴったりの宿について暑苦しく語らせていただく

先日、京都の八坂の塔のすぐ近くにある料亭「京都幽玄」を訪れる機会があった。文豪や名士が集った老舗旅館と旧三井邸をあわせてリノベーションしたお店で、隣の「京都祝言」では八坂の塔を見上げながらチャペルで結婚式ができる。もうなんかもう興奮してわけがわからないくらい素敵な場所。トップの写真は川端康成が『古都』を執筆したという場所の一部で、記念写真を撮らせてもらったのでした。

小説家になる前は、「ホテルや

もっとみる
いいことありますように!
6

noteの記事を有料にするか無料にするか考えて気づいたこと

noteの他のブログとは違う面白さは、記事を有料にできることだと思う。しかも、みんな結構有料noteを買っている。そこが面白い。儲けるほどの収入にならなくても有料にもかかわらず購読してくれる人が1人でもいたら嬉しいだろうし、有料だからこそやり続けられることや、限定公開だからこそ書けることもあると思う。そういう意味では、やっぱり興味がある。

でも、金額を考えるとお金の価値がぐらぐらと揺らぐ。た

もっとみる
。゚(゚´Д`゚)゚。ありがとうございます…!
8