見出し画像

再びお城合戦日記

皆さんこんにちは。かみはたと申します。

最近は大学の授業やお仕事が忙しく中々ブログを更新できず申し訳ありません。

なんとかお昼の1時間散歩は継続しているので、今回はお散歩中に起こった出来事を書いていこうと思います。

〜〜〜

時刻は13:00を回った頃......

午前中のお仕事が終わりました。
午前中の業務、「スプレッドシートのセルをひたすら着色する」という重労働をこなし、クタクタとなった体にセブンのおにぎりを親の仇のように詰め込みます。

「デジタル・ウンコ」

(シートが他のスタッフさんと共有されていたので、簡潔に言うと、「終わり」ました。)

午前の業務が終わったと同時におにぎりにかぶりつく姿に周りのスタッフさんは絶句していることは言うまでもありません。
それもさっきまでスプレッドシートに「デジタル・ウンコ」を書いていた男が、です。
絶句を通りこして気絶していても無理はありません…

ですが「1時間散歩」はスピードが命。

もたもたしていると背中から野犬に襲われ、山に埋められてしまうことは必至。 「タイムイズ散歩」なのです。
その後、僕は周りの目を気にせずおにぎりを完食し、急いで外に出ました。

13:10〜

さてこれから50分間のお散歩がスタートされます。
まずは歩きながら、行きと帰りの時間配分を考慮に入れながらルート決めを行います。

そして今回訪れた場所は…

「福岡城跡」です!!

……はい。前回も来ました。

実はこの「1時間お散歩」には最大の長所にして最大の弱点があります。
それは…

「徒歩圏内で行ける場所が限られている。」

計画段階で少し予期していたのですが、まさかこんなに早くこの弊害に直面するとは思いませんでした。

ですが、ご安心ください。ここは大都会福岡。
僕の歩速が100㎞/秒だったとしても様々な路地が街中に張り巡らせてあるので、毎日散歩しても飽きることはありません。
なので引き続きお気楽に散歩ライフに興じようと思います。
(あとで確認したのですが、歩速100㎞/秒は歩いた瞬間壁に激突して「死」に至るそうです。)

前回はだだっ広い草原しか行けませんでしたが、今回は散歩ルートを変更し以前とは別道からお城に潜入。

城門前まで速歩きで攻め込むとそこには


「縦型のおっぱい」がありました。

驚きました。まさか別道から城攻めを行おうとした矢先にこの「縦型のおっぱい」…

群雄割拠の戦国時代においてもこの「縦型のおっぱい」は戦術の要として活用されたということは想像するに容易いと思います。

敵隊長「ここから攻めるぞ!!」

敵兵士「!?隊長見てください城門に「乳袋」が2房ありますッ!!?」

敵隊長「なに!?ゔッ」グサ

福岡兵「スキあり!!」

みたいな。

まぁそんな感じ?でどんどん進んでいきましょう。
ちなみにこの2つの突起を撮っているときに後ろの外国人観光客に「oh…holy shit」とつぶやかれました。(やばいやつという意味)
城門のおっぱいにか、それとも口を半開きにして突起物を撮影している僕に囁いたのかはわかりませんが、僕は元気です。
どんどん進んでいきましょう(2回目)

そして前回とは逆側から福岡城跡の大草原に到着。

ここで驚いたのが、前回来た時とこの大広間の風景が少し変わっていたのです。

前回は写真を撮りに来ている老夫婦やご飯を食べに来たOLやサラリーマンなどが数人いるくらいでしたが、

なんかテントがめちゃくちゃ立ってました。

まぁそれもそうですね。
こんなに天気がいいお昼時ですもの。
そりゃテントの一本でも二本でも立てたくなるのも無理はありません。

テント近くで草原を駆け巡る子供達とそれを笑顔で見守る親御さん達。う〜ん平和。ピースフルです。

かたや同じ空間には、城門の突起を「縦型のおっぱい」と言い張り写真を撮る男(22歳)が存在している始末。
……これ以上考えるのはやめましょうか。

僕は目から溢れる水滴がこぼれ落ちないように快晴の空を見上げることしかできませんでした。

「…まぶしいな」

さぁ、どんどん進んでいきましょう。(3回目)

さて、さらに大広間の奥へ進むとそこにもおしゃれなキャンプ場がありました。

めっちゃおしゃれ

2週間前に来た時にはこんなのなかったのでびっくりしました。

僕も一度は野外にあるソファーに座ってお酒を飲んでみたいものです。

その後も歩みを進めていると、
大広間を抜けたところに何やらお花畑があるらしいので行ってみることにしました。

いいですね。
なんだか久しぶりにお花をちゃんとみたような気がします。

気がつけば、大都会福岡に来て早1年……
コンクリートジャングルに覆われた街並みに順応しつつも、どこか田舎の青臭さが忘れられずにいました…
そんな中で自然がいっぱいの場所を歩きつつ、お花を愛でることで、なんだか田舎に帰ってきたかのような安心感に満たされて楽しかったです。
あと、多分高齢者の方がたくさんいたのでそれも落ち着く要因でした。
僕が住んでいた街は高齢者の人口割合が50%以上の超高齢社会なのです。

そんな感じでお花とおじいちゃん、おばあちゃんを愛でて満足しました。帰りの道にはパンフレットが置いてあったのですが、ほぼほぼ残ってなかったので面白かったです。

その後は巨大な石積みを見たりしながら歩いていました。
途中、並んでいた石積みに大きな隙間があったので、僕が入って石積みの崩壊を防ぐことを考えましたが、そんなことをしてしまうと僕の経歴書に何年も空白が生まれ、転職の際に不利になることは必至なのでやめておくことにしました。

そんなこんなでもう時間帯は13:40分。残り20分は帰路に当てるのでお城から脱走兵のごとく撤退。

そしてお城を抜けたところには

黒田さんのおうちに紛れ込んでしまいました。

しかも何やら先ほどの植物園は、この黒田さん家の所有物とのこと。

僕もいつか自分ちの庭にお花を植えたいものです。トマトとか。

〜〜〜

今日は福岡城を観光したところで1時間お散歩は終了。
帰りは結構時間がなかったので急ぎ足で会社に戻りました!

その後は午後の業務でもある「会社にある四角い物をヤスリで削り丸みを持たせる」という重労働をこなし、ふらふらの体で会社を後にしました。

自宅までの帰り道で、デジタルサイネージ(電光掲示板)に興味をそそられるものが紹介されておりました。⬇︎

ミイラの博物館。

金魚のアクアリウム展。

どちらもめちゃくちゃ面白そうなので、今度行って見たいと思います!!

今日はお城の坂道を早歩きで駆け抜けたものとなり中々にハードな散歩になりました。

明日の「マッスル・ペイン(筋肉痛)」には気をつけつつ、1時間散歩を継続していきたいと思います!!

それでは!!

「福岡城跡」の情報はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「ゴキブリ」は夏の季語らしいですよ!!!風情!!!
10
福岡住み。 人の落としたコンタクトレンズを見つけるのが得意です。 もの凄い低頻度で絵も書きます。 ブログ[なんとか生きてます]▶️https://nukunuku-life.com/ ツイッター▶️https://twitter.com/KamihataTaihi