会計デザインラボ

公認会計士/コンサル/投資銀行/キャリア/転職/スキルアップ/英語/会計/ファイナンス/経理/IPO/経営分析 noteにない記事はこちら!→http://kaikei-design.com

会計デザインラボ

公認会計士/コンサル/投資銀行/キャリア/転職/スキルアップ/英語/会計/ファイナンス/経理/IPO/経営分析 noteにない記事はこちら!→http://kaikei-design.com

    最近の記事

    • 固定された記事

    これからの財務経理に求められること~会計×戦略 今後5年10年で身につけたいスキルを考察する〜

    (最終更新日:2022/8/15) 自己紹介 はじめまして。本Noteは会計士として監査・コンサル・投資銀行業務を経て事業会社勤務&独立した私が、常日頃感じていること・考えていることについて、「経理を中心としたバックオフィスの皆さんのスキルアップ(=年収アップ)に何が必要か」という問題意識をもとに、様々な戦略を纏めているものです。 どんな人に読んでほしいか本Noteは、以下のような意識をもっているけど、どうしたらいいかわからない、、、という皆さんに読んでいただきたいと考え

      • 投資マネジメントの重要性を学ぶ

        (最終更新日:2022/8/15) 今回は投資マネジメントのお話です。今や、M&Aや事業投資はビジネス・業種・規模を問わず全ての企業が積極的に手掛けている領域です。 ここで問題になるのが、経理や経営企画部がどのように管理に向き合っていくか、という論点です。もちろん、どこまで管理するか・どのように管理していくかは企業の置かれた状況によって様々であるため、ここでは一般論としての視点を考えてみようと思います。 事業ポートフォリオマネジメントとはまずはフレームワークから。経済産業

        • いまさら聞けないストック・オプションのキホン

          (最終更新日:2022/8/15) 今回はストック・オプション(以下、SO)のお話です。 ベンチャー企業に入ると付与されることも多いSO。色々種類があってよくわからない、何が違うの?という方も多いはず。 そこで今回は、SOの種類について簡単に纏めてみました。 SOの概要・種類SOとは「一定の条件を満たした際に、株式を安い価格で取得できる権利」で、会社業績に対する従業員へのインセンティブ付与・モチベーションアップ目的で制度設計されています。 こちらのサイトに基本的な事項が

          • ビジネスパーソンが知っておくべき財務分析の目線とは?

            (最終更新日:2022/8/15) 今回は財務分析について私見を述べたいと思います。 noteをはじめ、様々なメディアで企業の財務分析をしている記事(有料含む)が出ており、多くの皆さんが興味を持っていることが伺えます。 が、そもそもなぜやるのか?というマインドセットとゴールセッティングを持っていないと、分析記事を「ふ〜ん」と読んで終わりになってしまうと思います。 結局分析してどうなるのか?分析スキルをどのように生かしていくか?という目線のもと、財務分析をする上で大事なこ

            IPOにおける予算管理・利益計画のチェックポイント

            (最終更新日:2022/8/15) 今回は「中期経営計画」(以下、中計)「予算」「利益管理」のお話です。このワードを聞いたとき、皆さんの中にはどのようなイメージが湧くでしょうか。難しそう、めんどくさい、策定にコストがかかる、絵に書いた餅になっている、、、などハードルの高さを感じる方は多いのではないでしょうか。 実務上の懸念点はさておき、これらは会計人材・経理人材が抑えておきたい概念の一つです。他記事でも書いたように、経営と会計・経理が複合的に絡み合う会計人材が活躍できる領

            有料
            700

            経理スキルで儲けることはできる?会計人材としての「市場価値」を考える

            (最終更新日:2022/8/15) 会計人材問わず、「今の会社で給料が上がらない、、どうしたら自分の給料をあげられるか、、、」「いっそのこと副業にチャレンジしてみるか?」など考えたことは一度はあると思います。 この記事では、そのような漠然とした悩みを「キャリア」「市場価値」の切り口で解説していきたいと思います。 序章 経理は儲かるのか? 結論から申し上げると、 普通にやると儲かりません。理由は明白で、経理というのは一般的にコストセンターでありキャッシュを稼ぐ職種ではな

            有料
            1,200

            会計人材がチェックすべきサイトまとめ

            (最終更新日:2022/8/15) 今回は経理・会計に携わるビジネスマンがチェックすべき主要なサイトをまとめてみました。 ・会計知識が勉強できる ・時事ネタがわかる ・キャリアを考えるきっかけになる の3つの軸で、普段筆者がチェックしているサイトのうち代表的なものをピックアップしていますので、是非参照してみてください。 なお、今回は国税局などの政府機関やBig4系の情報サイトは除外しています。 各サイトの情報の正確性については慎重にご判断ください。 〜会計ニュース・ビジ

            会計人材(経理・会計士)の転職を考える

            (最終更新日:2022/8/15) 今回は会計人材(経理・会計士)の転職思考法について考察しています。 なお、経理の転職と会計士の転職を分けて書いていますが、共通する箇所も多いので、是非両方読んでいただきたいです! 総論:コロナ禍でも市場は活況 筆者はコロナ禍で転職活動を経験しました。このようなご時勢ではありますが、エージェントと話していても、 ・人手不足でどこも採用を強化している傾向にある ・特に、経理について最近はベンチャーをはじめ給料も上昇傾向にある ・引き続き、

            有料
            1,000

            「“会計的に"考える」総論+実践編(withコロナの小売業のケーススタディ)

            (最終更新日:2022/8/15) ”会計的”に考える。これが会計士の大きな武器だと思っています。但し、この力はライセンスを持った人たちだけがもてる力ではなく、誰にでも意識するだけで身に付く力です。というより、経理をはじめとする全てのビジネスパーソンに身につけて欲しい力です。 以前の投稿で「会計×戦略」で身につけたいスキルの記事を書きましたが 経理人材についてはいわゆる”会計人”であると考えており、そんな”会計人”が今後の不連続な時代を自らで生きていく力の一つとして、”

            経理のスキルアップを考察する

            (最終更新日:2022/8/15) みなさんの「経理の仕事」とはどのようなイメージでしょうか? 「月次決算を5営業日で行い、期末決算では決算整理仕訳を入れる」 「営業からあがってきた経費を処理する」 など、年間の決算スケジュールが決まっている中ある程度ルーティンの部分もありますし、これ以外にも他部署からの相談に乗ったり、監査法人対応をしたり、多様な業務があると思います。 基本概念筆者は現状の経理業務のみならず周辺業務について、「付加価値」の観点と「攻め・守り」の観点から、