有限会社中村家

岩手釜石にある三陸海宝漬の中村家です。看板商品「三陸海宝漬」をはじめ、三陸の海の幸の美…

有限会社中村家

岩手釜石にある三陸海宝漬の中村家です。看板商品「三陸海宝漬」をはじめ、三陸の海の幸の美味しさを伝えるべく製品作りに励んでいます。商品のこだわりや開発裏話、釜石の日常をコラム形式でお届け中。https://www.iwate-nakamuraya.co.jp/index.html

マガジン

  • 中村家の「今日の厨房」

    中村家では、「海鮮料理 中村家」で提供していた料理をそのまま全国の皆さまにお届けしたいとの思いから、商品を「工房」で手作りしています。 それぞれの商品担当の調理スタッフが、鍋で味噌を練ったり、フライパンでソースを作ったり。 そのため、現場は「工房」というよりも「厨房」です。 このメルマガでは月1回、その「厨房」での調理の様子をご紹介します。

  • 島村社長の家庭料理を特別公開!「我が家の一品」

    私は料理が大好きで、中村家の工房だけでなく、自宅でもしょっちゅう料理を作っています。 そんな私の作る家庭料理の一部を、今月から隔月でご紹介したいと思います。

  • 社長・島村の「三陸釜石・美味いものだより」

    こんにちは、中村家の島村です。 中村家の歴史や商品の美味しさの秘密、それを作り出している三陸の食材の魅力などをお伝えします。

最近の記事

  • 固定された記事

中村家、1分で自己紹介します。

ご覧いただきありがとうございます。三陸海宝漬の中村家です。 よく他の企業さんと漢字を間違えられてしまいがちなのが悩みです。 ・・・というのはさておき、真面目にお話しすると私たちは岩手県の釜石市で水産加工をしている会社になります。 釜石、ご存じでしょうか? 日本屈指の漁場・三陸海岸に面している、2019年にラグビーワールドカップも開催された、あの場所です。 豊かな海が広がる釜石で水揚げされたこだわりの海産物を中心に商品をつくっています。看板商品はあわび・いくら・めかぶを使

    • 【第4回】島村社長自ら焼き上げるあわびのステーキ! 中村家「今日の厨房」

      中村家の「今日の厨房」 第4回:島村社長自ら焼き上げるあわびのステーキ! 三陸産のあわびを丸ごと焼いた、豪華な「あわびステーキ」。 中村家ならではの「だまし煮」の技により柔らかくジューシーに仕上げたあわびを使っています。 これをフライパンで焼くのは、島村社長。 塩、コショウ、小麦粉をふったあわびをバターと酒で焼き、白ワインでフランベ(アルコールを振りかけて加熱し、アルコール分をとばすと同時に香りを付ける技法)します。 焼き加減とフランベの加減が重要とあって、この調

      • 島村社長の家庭料理を特別公開!「我が家の一品」第2回:ご飯もお酒も進む「ゴロ煮」とは?

        第2回:ご飯もお酒も進む「ゴロ煮」とは? 釜石では、イカのわたのことを「ゴロ」とよびます。 旨みとともに独特の風味がありますが、味噌と合わせることで食べやすくなります。 これに砂糖などを加えた、コクのある甘じょっぱい煮汁は、ご飯にもお酒にもぴったりで、どちらも進むこと請け合いです。 作り方は、 下記の4段階。 ①まずイカをさばく。胴体から内臓を取り外し、内臓のわたと脚(ゲソ)を切り離す。胴体と、目と口を取り除いた脚を、それぞれ食べやすい大きさに切る ②①を茹で、半

        • 【第3回】ご飯がすすむ!うにが主役の郷土料理 中村家「今日の厨房」

          中村家の「今日の厨房」 第2回:家庭用フライパンで作る絶品商品とは? 中村家の「今日の厨房」第2回:家庭用フライパンで作る絶品商品とは? 皆さんは、「うに味噌」をご存じですか。 うにに味噌、砂糖などを加えて炒ったもので、三陸では昔から郷土料理として親しまれてきました。 中村家では卵黄を使ったオリジナルのレシピで作っており、コクがありながらまろやかな味わい。 あたたかいご飯はもちろん、冷や奴にのせたり、野菜スティックにつけて食べるのもおすすめです。 工房では、1

        • 固定された記事

        中村家、1分で自己紹介します。

        マガジン

        • 中村家の「今日の厨房」
          5本
        • 島村社長の家庭料理を特別公開!「我が家の一品」
          1本
        • 社長・島村の「三陸釜石・美味いものだより」
          12本

        記事

          【第2回】家庭用フライパンで作る絶品商品とは? 中村家の「今日の厨房」

          中村家の「今日の厨房」 第2回:家庭用フライパンで作る絶品商品とは? 今回の主役は、中村家の人気商品「海鮮グラタン」。 ロングセラー商品「帆立グラタン」にキタムラサキウニを加えた、ちょっと豪華な一品です。 以前も紹介した「帆立グラタン」同様、ホワイトソースから手作りしており、季節によって味やとろみを調整しています。 このソースを帆立の殻に盛り、チーズとバターをのせてオーブンで焼いたら、あらかじめ切ってソテーした帆立をのせ、さらにオーブンへ。 仕上げに焼きウニを盛

          【第2回】家庭用フライパンで作る絶品商品とは? 中村家の「今日の厨房」

          島村社長の家庭料理を特別公開!「我が家の一品」第1回:寒い冬にお勧めの絶品汁

          新連載:島村社長の「我が家の一品」 第1回:寒い冬にお勧めの絶品汁 ご存じのとおりサンマは三陸の特産品で、釜石では昔から市民に親しまれている魚。 脂がのったサンマは刺身や焼き魚で食べますが、そうでないものは、私は「つみれ汁」に使います。 というのも、脂のあるサンマですり身を作ると汁の中で浮いてしまって火が通りにくいのに対し、脂の少ないサンマだと逆にうまく調理できるからです。 今の時期のように生のサンマが手に入らない場合は、冷凍のサンマや市販のすり身で代用し

          島村社長の家庭料理を特別公開!「我が家の一品」第1回:寒い冬にお勧めの絶品汁

          【第1回】一つずつ手作業で盛り付けられる「三陸海宝漬」 中村家の「今日の厨房」

          新連載:中村家の「今日の厨房」 第1回:一つずつ手作業で盛り付けられる「三陸海宝漬」 今回ご紹介するのは、中村家の看板商品「三陸海宝漬」の盛り付けの様子です。 「三陸海宝漬」は「美しい見た目」も身上なので、スタッフが手作業で盛り付けし、チェック担当のスタッフの確認を経て、完成となります。 盛り付ける際にスタッフが特に気を付けていることの一つが、食材の位置や向き。 「食材の種類が多いので、間違えないようにレシピを見ながら作業しています」とのこと。 また、チェ

          【第1回】一つずつ手作業で盛り付けられる「三陸海宝漬」 中村家の「今日の厨房」

          【第12回】初公開!中村家の「まかない料理メニュー」「三陸釜石・美味いものだより」

          社長・島村の 「三陸釜石・美味いものだより」 第12回/初公開!中村家の「まかない料理メニュー」 11月中旬から年末にかけては、中村家が一年でもっとも忙しい時期。 社員総出で、お歳暮用の「海宝漬」の製造・梱包作業にあたります。 残業が続くので、以前は弁当を配達してもらい、休憩時間に食べてもらっていたのですが、それだけでは飽きてしまうでしょうし、寒い時期なので温かい料理のほうが良いだろうと考え、5年ほど前から1週間に2~3日、私が「まかない料理」を作るようになり

          【第12回】初公開!中村家の「まかない料理メニュー」「三陸釜石・美味いものだより」

          【第11回】子どもの頃から大好きなもの「三陸釜石・美味いものだより」

          社長・島村の 「三陸釜石・美味いものだより」 第11回/子どもの頃から大好きなもの 私は小学生の頃から考古学に熱中していました。 昔から三陸海岸一帯では縄文時代の土器や石器が発見されており、中学から高校にかけては友だちとあちこちに発掘に出かけたものです。 市内の平田地区の浜では、土器や石器を発掘しました。 そのうち土器は、東北地方や南北海道に分布する縄文時代晩期の「亀ヶ岡式土器」の流れを汲むものだったので、嬉しかったことを覚えています。 また、隣の大槌町吉里吉里地

          【第11回】子どもの頃から大好きなもの「三陸釜石・美味いものだより」

          【第10回】こだわりのいくらを使っています「三陸釜石・美味いものだより」

          社長・島村の 「三陸釜石・美味いものだより」 第10回/こだわりのいくらを使っています ロシア語で「卵」を意味するいくらは、サケやマスの成熟卵。 筋子との違いを聞かれることがありますが、筋子は卵巣膜に包まれた未成熟の卵のことです。 牛肉に「A5」などの等級があるように、いくらにも等級があることをご存じでしょうか。 中村家で使うのは、定置網漁で獲れたシロザケの卵のなかでも最上級のもの。 川に遡上する前のサケの卵なので皮がやわらかで、噛んだとたんにプチッとはじけ、そのあ

          【第10回】こだわりのいくらを使っています「三陸釜石・美味いものだより」

          【第9回】アレンジいろいろ!三陸産めかぶ使用の「めかぶとろっとスープ」「三陸釜石・美味いものだより」

          社長・島村の 「三陸釜石・美味いものだより」 第9回/アレンジいろいろ!三陸産めかぶ使用の「めかぶとろっとスープ」 「海宝漬」の主役の一つでもある三陸産めかぶ。 太く肉厚で、粘りと風味が強い点が特長です。 中村家ではこれを乾燥させて粉末にし、150ccの熱湯を注ぐだけでできあがるコンソメ味の「めかぶとろっとスープ」を作りました。 10袋入りで598円(税込)と手頃なこともあり、ふだん使いにはもちろん、お土産としてもお買い上げいただいております。 おかげさまでリピータ

          【第9回】アレンジいろいろ!三陸産めかぶ使用の「めかぶとろっとスープ」「三陸釜石・美味いものだより」

          【第8回】生うにに負けないおいしさの「うにの海水焼き」「三陸釜石・美味いものだより」

          社長・島村の 「三陸釜石・美味いものだより」 第8回/生うにに負けないおいしさの「うにの海水焼き」 うにはむきたての生の状態が一番おいしいのですが、その状態で「うに海宝漬」などの商品に使うのは難しいものです。 そこで私は、「生うにに負けないおいしさの、加熱したうにをつくろう」と考えました。 試行錯誤してたどり着いたのが、「うにの海水焼き」というオリジナルの調理方法です。 これは、むきたての生うにを滅菌海水と一緒に蒸し焼きにするもので、「蒸す」と「焼く」の間の微妙な加

          【第8回】生うにに負けないおいしさの「うにの海水焼き」「三陸釜石・美味いものだより」

          【第7回】「海鮮料理 中村家」と、県外の料理人の方との思い出「三陸釜石・美味いものだより」

          社長・島村の 「三陸釜石・美味いものだより」 第7回/「海鮮料理 中村家」と、県外の料理人の方との思い出 「海鮮料理 中村家」は、会長である兄と私が営んでいた創作料理店で、兄がお造り、私がそれ以外の料理を担当していました。 それまで私が勉強したのは日本料理だけでしたので、「中村家」ならではの創作料理を提供するために、フランス料理を学んだ兄から洋食の技術を教わりました。 その後、テレビ番組の出演などで知り合った料理人の皆さまと交流させていただく中で、中華料理などのジ

          【第7回】「海鮮料理 中村家」と、県外の料理人の方との思い出「三陸釜石・美味いものだより」

          【第6回】幅広く使える「いくら醤油」を開発中!「三陸釜石・美味いものだより」

          社長・島村の 「三陸釜石・美味いものだより」 第6回/幅広く使える「いくら醤油」を開発中! 「いくら醤油」とは、いくらの旨みが加わった醤油のことで、中村家のオリジナルです。 ちょっと贅沢な調味料として、ウニの旨みや甘みが楽しめる「ウニ醤油」が人気を集めていますが、製造している会社はたくさんあり、私自身も、かつて勤めていた日本料理店で作ったことがありました。 そこで今度は、世の中にない「いくら醤油」の開発に挑戦してみようと思ったのです。 目指したのは、一般的な醤油と同

          【第6回】幅広く使える「いくら醤油」を開発中!「三陸釜石・美味いものだより」

          【第5回】私の創作料理第1号「帆立グラタン」「三陸釜石・美味いものだより」

          社長・島村の 「三陸釜石・美味いものだより」 第5回/私の創作料理第1号「帆立グラタン」 「帆立グラタン」は、ホタテの殻に、国産ホタテ入りの自家製ベシャメルソース(ホワイトソース)と、バターでソテーした国産ホタテを盛り付けた、ホタテづくしのグラタンです。 もともとは、今から約40年前に「海鮮料理 中村家」で提供していたもので、実は私が最初に開発した創作料理でもあります。 女性向けの「三陸レディースコース」に取り入れたところ好評を博し、女性客増加につながりました。

          【第5回】私の創作料理第1号「帆立グラタン」「三陸釜石・美味いものだより」

          【第4回】母の味が「美味しさ」の原点「三陸釜石・美味いものだより」

          社長・島村の 「三陸釜石・美味いものだより」 第4回/母の味が「美味しさ」の原点 1回目のコラムで、中村家のルーツが食堂にあると紹介しましたが、その食堂は祖母が始めたものです。 やがて母も手伝うようになり、二人で切り盛りしていました。 当時製鉄所があった釜石は「鉄の町」として活気にあふれており、製鉄所の職員の方々を相手に家庭料理を提供するその店も、賑わっていたという記憶があります。 母は料理上手で、作る料理はどれも美味しかったのですが、特に、当時としてはハイカラだった

          【第4回】母の味が「美味しさ」の原点「三陸釜石・美味いものだより」