1年目デザイナーがコロナ禍に機能を提案し、リリースまでやりきった話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

1年目デザイナーがコロナ禍に機能を提案し、リリースまでやりきった話

はじめまして!今年で新卒2年目になる、マネーフォワードのデザイナー カゲワサビです!
普段は『マネーフォワード お金の相談』という、お金の不安を無料でプロに相談できるサービスのデザインを担当しています。

今回は、私が新卒1年目の時に「WEB面談」という機能を提案し、リリースまでの進行管理をやりきった話を書いていきたいと思います!


マネーフォワードのコロナ禍でのムーブメント

アートボード 43 のコピー 5@2x

マネーフォワードは、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッションのもと、お金にまつわる課題や不安を解消していくことを目指しています。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、社会全体でお金や生活への不安が高まっていた4月ごろ、マネーフォワードではその不安を解消するために、社内でいくつものサービスのアイデアが生まれていました。そして、そのうちのいくつかはものすごいスピードで開発され、ユーザーに届けられていました。

そのムーブメントを「かっこいい」と思った私は、自分でもできることはないかと考え始めました。
私がデザインを担当している『マネーフォワード お金の相談』に、「WEB面談」の機能があれば、直接人に会えない状況でも、PCやスマートフォンなどからオンラインでお金のプロに相談でき、ユーザーのお金の不安を和らげることができるのではないかと考え、さっそく部署で提案しました。


提案がプロジェクト化!進行管理を任せてもらうことに

アートボード 43 のコピー 3@2x

提案を行ったところ、実現するにあたっていくつかの課題が浮上しました。しかし、ユーザーが今必要としている機能であることや、今ある機能をベースに少ない工数で実現できることなどを粘り強く説明した結果、最終的にプロジェクト化することができました🎉
またその意欲を買ってもらい、デザイン制作だけでなく、プロジェクトの責任者として仕様の作成からリリースまでの進行管理を任せてもらえることになりました。
責任が大きい仕事への緊張はありましたが、お金の不安を和らげるサービスをユーザーに届けるために、頑張ろうと思いました。


進行管理に初挑戦して得た学び

「機能のリリース頑張るぞ!」と意気込んでいた私でしたが、プロジェクトを進めていく中で、いくつかの困難にぶつかりました。

きちんと伝えることの難しさと大切さ

アートボード 43 のコピー 7@2x

まず、作成した機能の仕様書に沿って、普段実装を行ってくれているベトナムのエンジニアチームと英語で打ち合わせを行っていた時、リリース日がだいぶ遅くなってしまうかもしれないという問題が発生しました。
ユーザーに早く届けるために、改めて仕様について話し合いをしたところ、どうやらこの機能が大きな開発を必要とするものであると、エンジニアチームに間違って伝わってしまっていたことがわかりました。

機能を再度伝え直すことで、見立て通りのリリースが可能になりましたが、この件で「きちんと伝えることの難しさ」を改めて痛感しました。

自分の担当業務に集中しすぎてはいけない

アートボード 43 のコピー 8@2x

そうして期日が決定し、普段の担当業務であるデザイン制作に取り掛かっていた時、自分の業務の遅れで開発を遅らせてはいけないと焦る気持ちから、ついそこに集中しすぎてしまいました。
そのため、開発が遅れ気味になっていることに気づけず、危うくリリース期日を延期させてしまうところでした。
途中で部署のメンバーに手助けしてもらったことで、リリースの遅延は阻止できましたが、この件で、担当業務に集中しすぎず、常に全体をきちんと見ておく意識を持つことの大切さを学びました。


祝リリース!目標日よりも前倒しでユーザーに提供!

アートボード 43 のコピー 6@2x

そんな困難がありましたが、チームのメンバーの頑張りもあり、最終的には目標よりも早い期日でサービスをユーザーに届けることができました🎉

リリース後、多くの方から喜びの声をいただきました。

「初めてオンライン相談を実施しましたが、思っていた以上に話を進めることができスムーズでした。」
「自分の相談内容に合わせて、無駄な話もなく要点をまとめて話してもらえた。 全体を通して、とてもためになった。 いくらあっても時間が足りないので、何度でも相談したい。」
「ライフプランが定まっていない現状をお伝えした上で、期間別の資産形成を提案頂き、自分の中にはない方法だったため、新たな視点が得られて良かったです。ありがとうございました。」

これらの声を読んだとき、お金の不安を和らげるサービスをユーザーに届けられたことを実感でき、改めて「やってよかった」と思えました。


まとめ

新卒1年目のデザイナーだった自分が、機能の提案からリリースまでの進行管理を任せてもらい、やりきることができました。
これは若手であることや領域外であることなど関係なく、“ユーザーのために行動することを一番大切にする”マネーフォワードだからこそ、経験させてもらえたことだと思います。
これからもユーザーのために、世の中のお金の不安を解決するサービスを届けていきたいと思います!

アートボード 56@2x


嬉しいです!!ありがとうございます!!!!
マネーフォワードのデザイナーのカゲワサビです!幅広くデザインを勉強中!イラスト多めなnoteやマンガも発信します✨ https://kagewasabi.com/