見出し画像

キャラクターを使って楽しくブランディング

モノの品質に差がない時は「ブランド」がものを言います。
ほぼ同じ商品が2つ並んでいます。片方は商品名(や会社名)が有名で、もう一方はほとんど知られていないとします。
どちらが売れる(手に取られる)確率が高いでしょうか?
これは、ブランドを説明する際の例題として語られるものです。

手に取られた方は、ブランディングがしっかりと行われており、もう一方は、そうではなかったと説明されます。

ブランディングは、ユーザーの意識の中にブランドを刷り込む作業です。そのために、ブランド管理のルールに基づいた様々な施策を行い、時間をかけてしっかりと価値を築き上げていきます。

こうして得られたブランドという価値に人々はお金を払います。
したがって、企業はブランドという価値を作り上げることが大切になるのです。

ブランディングのひとつの手法としてキャラクターを活用してはいかがでしょうか。ユーザーにアプローチし刷り込み、共感を呼ぶ展開にキャラクターを使うのです。もちろん、ブランドのルールに沿って行わなければなりませんが、キャラクターを使うことで、時に柔らかく、時に楽しく、分かりやすく製品やサービスの内容を伝えることができます。キャラクターと一緒にブランドを認知、理解してもらえます。

是非そのお手伝いをさせてください!

お問い合わせはコチラをクリックしてください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートを是非ご検討お願いします。活動費に使わせていただきます。

ありがとうございます!励みになります!
5
昭和の東京の風景と当時の世相風俗に興味があります。 1960年代生まれとして、昭和のカルチャーを後世に伝えたいと思っています。 仕事:キャラクターマーケティングコンサルタント

こちらでもピックアップされています

キャラクターマーケティングオフィス
キャラクターマーケティングオフィス
  • 20本

弊社代表が会社の事業に関係あることを書いた記事をまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。