岩井 謙介

日本を拠点に、写真とテキスト、リアルの場やwebなどを複合的に編集・製作しているメディアクリエイターです。 これからの「豊かな暮らし」や「時」を北欧から探求して学ぶマガジン「a quiet day」のファウンダー兼編集長。
    • 空想旅行
      空想旅行
      • 41本

      日常視点編集

    • a quiet day 北欧のクリエイティブを探求する人々
      a quiet day 北欧のクリエイティブを探求する人々
      • 13本

      年複数回発行している北欧のクリエイターたちのインタビューを編集・デザインしたインディペンデントマガジンa queit dayの厳選記事や北欧の人たちの物の見方、考え方をまとめていきます。

「手」で感じる「心」の風景

a quiet dayのマガジンではゼロから何かを生み出しているクリエイターたちにインタビューをしています。 そこに編集、収録されている声は、その方々自身から発せられた心…

土地のにほひ

 古語を調べてみると面白いことが分かることがある。今回のコラムのタイトルに用いた「にほひ」という言葉もその一つだ。現代で使われている匂いの原型にあたる言葉なのだ…

変わるローカル、変わらぬローカル

 フィンランドの首都ヘルシンキにLokal Helsinkiというフィンランドのクラフト・デザイン・アートをキュレーションしているショップがある。フォトグラファーやキュレータ…

“かくされた”次元へ

 1970年にみずず書房より出版されたエドワード・ホール著「かくれた次元」を再読している。正確には一度も完読しきれていないので、復読?(こんな言葉はきっとない)…

物事を継いでいく

最新号のマガジンa quiet dayのローンチ、そしてクライアントの展示会のディレクションやカタログの制作などが重なり、リモートワークが中心とはいえ、ここ数ヶ月はとても…

断片を育む

装丁やデザインを生業としつつ小説家・エッセイストとしても活躍されている吉田篤弘さん。普段から読書はする方なのだけれど、タイトルや内容を読まずに著者の名前だけで欠…