2年ぶりに動く美穂姐さんに会いに行った話。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2年ぶりに動く美穂姐さんに会いに行った話。

ジュノ(Junko Sato)

久しぶりに東京へ行った。 

森川美穂姐さんのライブを観に。

姐さんに最後に会ったのは、コロナが始まる前だから、もう2年くらい会っていない。
その間、お母様が他界され、アレンジャーの小林信吾さんが亡くなり、以前担当されていた久永さんも亡くなり、美穂氏は、とても辛い日々を過ごしていた。

それなのに、姐さんたら、大学の授業は全く休まず、ライブもどんどん行い(配信が中心だったけど)、アルバムもドドンとリリースした。

そのドドンが、これ。

画像1

アルバム「I.N.G」発売記念ライブは10月17日に行われた。今回は、2016年〜2021年にリリースされたアルバムの曲から披露される。

今回は、ライブハウスでもホールでもない、リハーサルスタジオで行われる。ファンのかた10名の限定のライブだ。

なんか、あやしい。
いや、違う。
なんか、特別感がある。

用賀のスタジオイーラに到着すると、リハーサルを終えた美穂姐さんが、楽屋にいた。
正しくは楽屋のベルベットのカーテンの中にいた。

「純子さん、お久しぶりぃ〜❗️」

腹式呼吸のよく透る声。

「美穂ちゃん、お久しぶり❗️
お着替え中なのね、ごめんねー」

私が言い終わらないうちに美穂氏が出てきた。

、イブニングドレスやないかい‼️

しかも紐なし。なんて言うの?上がビスチェみたいなやつ。

きゃあ‼️めちゃ、似合う‼️

最近、すっかり細くなった美穂氏に、マーメイドラインの黒のドレスがボディにぴったり張り付いて、めちゃセクシー。

今日は、何かが違うぞ。
姉さん、やる気だぞ。

近況を伝えあい、一足お先に会場へ。

画像2

ほおら、怪しさ満載。
丸く見える数個のライトは、ランプのような形。始まる前から照明は、それしかなくて、暗い。ドラキュラの会合みたい。
いや、美穂宮殿の晩餐会のようです。

程なくして、メンバー登場。
今回は、ピアノの塩入俊哉さん、ウッドベースの河合徹三さん、そしてギターの岡崎倫典さんの3人。ミニマムながら豪華すぎるメンバーだ。

次いで美穂姐さんが登場。一曲目が始まる。
どこかで聴いたイントロ。
あ、Saison de l'amour
私が書かせて貰った曲です💦

2016年にリリースされたアルバム「Life is Beautiful」からの一曲でスタート。
ライブでは、あまり唄われないので、私も久しぶりに聴く。

10名しかいない会場。なんと、このライブは、ドレスコードがあり。是非、スーツで来てください。と、エスパー西嶋氏の指示があった。
コロナ禍の年末「今年も本当にお疲れ様でした」いう美穂氏からのプレゼント的ライブ。ピアノの繊細な旋律にウッドベースの重厚感、重ねてギターのささやき。高級感満載である。

きらびやかな雰囲気で始まった一曲目が終わると、美穂姐さん、何を思ったか話し始めた。

「塩入さん、ふぐ、食べてきたの?」

当日の朝まで下関にいたというピアノの塩入さんに質問する。
一瞬で、いつもの美穂姐さんに戻る。
会場が、取り調べ室みたいになった。

そして、何故か申し訳なさそうに「はい」と答える塩入さん。

なんでやねん。笑

2曲目は、2018年にリリースされたアルバム「Female」から「ユメサライ」。イントロが始まった瞬間、イブニングドレスが似合う美穂氏に戻ってゆく。さっきまでの「取り調べ室」の名残りは何処にもない。次いで「また、空が近い」「漂流夜行」「涙をいっぱいに目にためて」を披露。

これらが入っているアルバム「Female」は、
「今までなんで作らなかったの?欲しかったのは、こんな美穂姐さんなのよ!」というくらい美穂氏の素晴らしさを拾い集め、濃縮したアルバムだ。曲を提供する側の私が、こんなことを言っては恥ずかしいのだけど、作詞家松井五郎氏の作りあげる「おんな」は、私の細胞からは出てこない。女なんだけど、女からは出てこれない「おんな」を松井氏は作りあげるのが見事だ。

知りもしないものばかり名前をつけて
くちづけの跡も花のように

ってもう、ひれ伏すしかないじゃんねぇ。

6〜8曲目も、松井五郎氏の世界が広がった。
美穂氏初のカバーアルバム「Another Face」から「好きサ」「月に濡れたふたり」「行かないで」

どっぷりオトナの時間。
なんて、豪華な時間なのでしょう。
と、余韻に浸っていたら、次のコーナーでは、なんと、デビュー前の曲を唄うという。私も初めて聴かせてもらう「ハネムーン サラダ」
ベースの河合さんのコーラス付き。
さっきまで「行かないで〜」と切なく唄っていた美穂氏が、めちゃくちゃかわいい声で唄う。デビュー前、ヤマハで唄のレッスンを受けていた時代、「森川美穂」になる前の中学生の美穂氏が、そこにいた。

次いで、1986年のファーストアルバムから「ダーリン」、1987年のアルバム「Nude Voice」から「クリスマスはどうするの?」。

私も大好きな曲。12月の街でバッタリ顔見知りの男の子に会って「明日、クリスマスだけど良かったら一緒に過ごそうか?」と提案するワクワクする内容。なんてかわいいんでしょ。小林和子さんの詞だ。こんなに明るくて前向きな曲って、私、書けないなあ。和子さんも、私が大好きな尊敬する作詞家だ。

最後のコーナーは、いよいよ新譜「I.N.G」から「Half of me」。スパニッシュギターが印象的な心揺さぶられる曲。

そして、今回、私が書かせていただいた「Smile again」。
この曲は、今年の4月には受け取っていた。
(昨今、大抵の場合、歌というものは曲から先に作る。その後、詞をのせてゆくのだ)
作曲は羽場仁志氏。羽場さんとは「Bird eyes」でご一緒したり、ほかの歌い手さんの曲とも組ませていただいたり、大好きな作曲家さん。
今回の曲を初めて聴いた衝撃が忘れられない。美しいピアノのイントロで、まず、ヤラれて、美しい羽場さんの声で癒され、サビでボディブロー並みの衝撃を受け、一曲を聴き終わるまでに、ボロボロに泣いてしまった。

どうしよう、もう聴けない。
美しすぎて、こわい。

あまりにも素晴らしい曲を聴いた時、ショック過ぎて、脳内でどう処理すれば良いのか、分からなくなる。私だけかな。

その衝撃を、というか、感動を羽場さんに伝えようと、メールした。
「曲、聴きました。あまりの衝撃に2回目を聴くのが、怖いです。でも、頑張って書きます」
みたいなことを伝えた。そしたら返信がきた。

「息、してください」

爆笑。

ラストには、やはり新譜から「0時の鐘が鳴るだろう」、そして、私にとって大切すぎる曲、「Life is Beautiful」で、一部が終了した。


今回のライブで、気がついたことがあった。
「0時の鐘が鳴るだろう」を聴いていた時、様々なことが頭をよぎった。

頑張れば叶うなんて決して思わない
やれるだけはやったでしか私は計れない

誰だって、それを叶えるために頑張っている。
だけど、オリンピックでもそうだけど、金メダルを取れるのは、ひとりしかいない。
それならば、金メダルを取った人にしか、意味がないのだろうか、人生は。

違うだろう。

頑張りたい。って、思える何かに出会えたこと自体、奇跡だ。
私は、金メダルは、この人生で貰えないかもしれない。でも、気持ちを言葉にして、曲に乗せるという奇跡に出会えた。

金メダルではない違う何かにも、ちゃんと価値や意味がある。

そんなことを、ぼんやり思った。

楽屋へ顔を出して、美穂姐さんにそのことを伝えてみた。夜の部で着るドレス、ちょい大きいので「大丈夫?見てくださーい」という姐さんの確認リクエストにこたえながら、話した。
だから、うまく伝わったかは、自信がない。

たぶん、そんなことはとっくに分かっている姐さんは、さらりと答えた。

「成功に見えないものが積み重なって、いつか成功していたってこともありますからね」

40年近く唄い続けている美穂氏が、いぶし銀のように見えた瞬間だった。

私より、若いのにな。

やっぱ、ドラキュラ並みに長く生きてんのかな、ほんとは。
と思いつつ、美穂宮殿に手を振り、新幹線に乗った。

画像3

美穂姐さんに出会えたことが、私の人生での金メダルだ。

おしまい。

※写真は、森川美穂さんのスタッフ、Fumi Akimuraさんからお借りしました。


この記事が参加している募集

私の仕事

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😊今日も良い日だ😍
ジュノ(Junko Sato)
作詞家。日記のようなもの書いています。