新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

04152020 bravo Osaka

大阪府民であることに救われる日々。
今日の会見は涙が出そうになった。
その後のテレビ出演も伝わった。
直視で向き合う。

良い話しばかりではない。
でも、ちゃんと経緯も説明してくれる。

自分の言葉で伝える知事。

昨年、運営に関わっている
ウォータースポーツの世界大会を
大阪中之島の川で初開催したときのこと。
大会代表と吉村知事の記者会見を府庁で実現。

事前に行政と私はかなりの打ち合わせ。
会場レイアウトから香盤表やら台本作り。
まるで天皇陛下に会うみたいやな!と、
初めて首長記者会見準備する自分は驚いた。

しかし、
蓋を開ければ知事は台本なぞ見向きもせず、
自分の言葉で大会を歓迎し、
水都大阪でやる意義を力強く対談された。

車から降りて会見室に入るまでも
慇懃でない爽やかな堂々さ。
御膳立て→どうぞ!のイメージ吹っ飛んだ。

それをふと思い出させる日々の発信。

政党や政策の話しではなく
手放しの知事礼賛ではなく
そんな政治的な見解ではなく
非常事態の今、
府民に直結する「暮らし」のこと。
とにかく外に出ず、
乗り切ろうという気持ちになる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
●職業:クリエイティブコーディネイター ●プロモーション、広告制作、マーケティングをクリエイター・イラストレーターを起用した企画立案 ●日本から海外へ・海外から日本へ案件多数 ●ART GOES ON発起人 ● junkosasanukicreation.com