見出し画像

古民家活用における都市計画区域の壁

岸上純子/Junko Kishigami

「都市計画区域」という言葉を聞いたことはありますか?

先日、この都市計画区域が古民家活用のネックになっているという話を、今うちの事務所の仕事として進行中の、古民家をシェアハウスにリノベーションしている現場を視察に来られた某役所の人と話す中で出てきて、なるほど。と思ったので書いておきます。

都市計画区域がネックで、市として活動を支援したいけどできない活用が多い、というお話です。

この続きをみるには

この続き: 1,889文字 / 画像1枚

古民家活用における都市計画区域の壁

岸上純子/Junko Kishigami

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸上純子/Junko Kishigami
建築家。本業は建築の意匠設計と設計教育。でも、まちづくりの中にある『モノ』の価値をもっと大事にしたいという思いがあり、まちづくりと都市経営に思いを馳せる今日この頃。 2020年1月からは毎月第二土曜日13時~17時で中津商店街にある事務所前で『ツキイチ屋台』の女将をやっています。