個人的に思う日本的なサッカーの定義。ポジショナルプレーと日本的なサッカーの親和性。ゲームモデルは森保監督のサッカーや日本のサッカーにもある。

個人的に思う日本的なサッカーの定義。

日本的なサッカーとは、パスというプレーのプライオリティが高いサッカーだと思う。おそらく、練習として最初にやる練習は、2人1組になってのパス交換。それは、ボールを止める蹴る、という、サッカーの基礎中の基礎であるプレー、その技術力の習得こそが最初に(最優先で)必要な事である、という発想から出てくるのだと思うのだが、あれ? でも、サッカーというスポーツで一番大切な事って何だっけ? あるいは、試合ってどうなったら勝ちなんだっけ? と考えると、それは得点を取る事だったり、相手よりも多く得点を取って試合を終える事だから、そう考えると実は、サッカーを教える時に最初に教えるべき事、練習させるべき事、というのは、シュートなのではないだろうか?

この続きをみるには

この続き: 2,600文字

個人的に思う日本的なサッカーの定義。ポジショナルプレーと日本的なサッカーの親和性。ゲームモデルは森保監督のサッカーや日本のサッカーにもある。

jube

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
FCKSA55というサッカーブログを2006年から継続中。