jube

FCKSA55(http://kodahima.blog71.fc2.com/)というサッカーブログを2006年から継続中。

jube

FCKSA55(http://kodahima.blog71.fc2.com/)というサッカーブログを2006年から継続中。

    最近の記事

    選手評価。日本代表。クロアチア戦。2022年12月5日。W杯トーナメントステージ。ラウンド16。

    前田大然 プレスで頑張り続けてきたので、1得点でも取れて良かったと強く思う。今回の試合でも前田のファースト・ディフェンスは相手を苦しめ、よく日本の守備を助けていた。おそらく、現時点での100%に近いパフォーマンスを出せたのではないかと思う。より成長して、またW杯の舞台に戻ってきてもらいたい。プレスを武器にしながら、それは維持しながら、より得点という部分で驚異になれるよう、4年後のW杯を目指してもらいたい。

    有料
    300
      • 選手評価。日本代表。スペイン戦。2022年12月2日。W杯グループステージE組。第3戦。

        前田大然 初戦のドイツ戦では、やや物足りなさを感じたが、今回のスペイン戦では期待通りのプレスを見せてくれた。まだ得点は取れていないが、しっかりと役割を果たし、CFとして良いパフォーマンスだったと思う。まだ体力的にも大丈夫そうなので、次のクロアチア戦でも期待したい。この試合のようなパフォーマンス、プレスならば、どの国のCBもGKも嫌がると思う。やはり、その役割は重要で、称賛に値するパフォーマンスだった。

        有料
        300
        • 選手評価。日本代表。コスタリカ戦。2022年11月27日。W杯グループステージE組。第2戦。

          上田綺世 戦評でも書いたように、上田を使った狙い、という部分では良かったと思うし、思っていた以上に守備に関しては良かったのだが、攻撃に関しては、プレーのクオリティが足らず、という感じだったと思う。但し、チームとして、クロスを上田に、という場面は多く作れていなかったので、当然、それでの難しさはあったと思う。次のスペイン戦で出番があるかはわからないが、プレーのクオリティ、という部分を考えてもらいたい。

          有料
          300
          • 選手評価。日本代表。ドイツ戦。2022年11月23日。W杯グループステージE組。第1戦。

            前田大然 悪くはなかったと思うが、もっと鬼プレスできたと思う。プレスバックはしていたが、前線でのプレスは、もっと、できたと思うし、やってもらいたかった。高さは、チームとしての約束事の中でやっていたと思うので良かったと思うが、強度という部分に関しては、やや物足りない感じだった。攻撃に関しては、オフサイドにはなったが、きっちりシュートを決めた事は良かった。その良いフィーリングで次は得点に期待したい。

            有料
            300

            選手評価。日本代表。カナダ戦。2022年11月17日。国際親善試合。

            浅野拓磨 まずは、目処が立った、という事では良かったと思う。もっと本番までにフィジカル・コンディションが上がれば、前田と浅野、ターンオーバーだったり途中交代だったりで、というプランが成り立つ。攻撃に関しては、今回のスタメンであれば、浅野がサイドに流れてボールを受け、南野がゴール前へと入り、久保が中寄りへ入る、という感じの回転が作れていたら良かったと思う。浅野は中央で起点というタイプではないので。

            有料
            300

            選手評価。日本代表。エクアドル戦。2022年9月27日。国際親善試合。

            古橋亨梧 所属クラブでの活躍や、プラス3になったので、という事はあるのだが、今まで少なくない回数の出場チャンスは与えられてきたから、それを考えると、やはり難しいように思える。所属クラブでは活躍していても代表チームでは・・・、という選手はいるものなので、もちろんフィジカル・コンディションにもよるが、やはり個人的には、古橋を入れるのであれば大迫の方が、という気がしている。それでも期待する手はあるが。

            有料
            300

            選手評価。日本代表。アメリカ戦。2022年9月23日。国際親善試合。

            前田大然 CFに関しては、どちらの選手も決定力やポストプレーという部分においては不安視されるが、ファースト・ディフェンスの威力が高いので、前田もそうだし、今回は怪我でメンバー入りしていない浅野で、という事は十分に可能性があると思う。特に初戦のドイツ戦や第3戦目のスペイン戦では、と思う。但し、そうは言っても、やはり数回は、しっかりとシュートを打つような場面は欲しい、という事は強くある。

            有料
            300

            選手評価。日本代表。チュニジア戦。2022年6月14日。キリンカップ。

            浅野拓磨ファースト・ディフェンスという守備面であるとか、CFである浅野がセントラル・ドロップ・ダウンして左右のウイングを裏抜けさせるプレーとか、いくつか良さは見られていた。前田や上田(負傷離脱)は出場しなかったのであれだが、明らかに古橋と比べればフィット感は高く、ある程度は納得できるパフォーマンスを見せられていたと思う。但し、フィニッシュのところでは、もう少し、突っ込むだけではなくマイナスへの動き直しであるとか、ミドルシュートを狙うプレーもあると、という印象ではあった。

            有料
            300

            選手評価。日本代表。ガーナ戦。2022年6月10日。キリンカップ。

            上田綺世ポテンシャルの高さは間違い無いと思うが、まだ今の時点では難しい気がする。Jリーグでも、もう何年か得点王争いをするような実績を残してから、とか、海外のリーグで実績を残してから、とか、その方が良いのではないだろうか。1つ2つ良いプレーをした、とか、動きは良い、とか、それでW杯で戦力になるのは難しいと思う。CF枠が何人になるのかは不明だが、現時点で言えば、大迫、そして、それぞれ得点を取った浅野と前田、それから古橋、その4人か、その4人の中から2人か3人か、が妥当かと。

            有料
            300

            選手評価。日本代表。ブラジル戦。2022年6月6日。親善試合。

            古橋亨梧しっかりと守備時は下がったりプレスをするにしても、攻撃時は、もっと動き出し良く裏へと何回も走ったり、大きくサイドへと流れたり、というプレーをするかと思ったのだが、あまり動かない、スプリントしない、というような感じで、攻撃時に、味方から見つけられない選手、CFになっていたと思う。その状況の中でも、1つでも得点を取れれば、ガラッと存在感のある選手に変わり、みたいな事もあるかもしれないが、まだ、その可能性は感じ取れない。今のままだと得点は取れなくても前田の方が、と思う。

            有料
            300

            選手評価。日本代表。パラグアイ戦。2022年6月2日。親善試合。

            浅野拓磨しっかりハマっていたのか、という部分では、そうではなかったと感じたが、浅野、前田、古橋、3人がCFとして試された中で、きちんと結果を残せたのは浅野だけだったので、まずは浅野が1歩リード、という事にはなったと思う。最終メンバーが23人なのか26人ぐらいになるのか、まだわからないので、CF枠は2人以上になるかもしれないが、おそらく今の候補者から2人以上は落ちると思うから、6月の4試合で2得点以上は取っておきたい。そうすればサイドもできるし守備でも貢献できる浅野は選ばれると

            有料
            300

            『森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。貢献度ランキング。』+『森保監督の評価とカタールW杯アジア最終予選の戦術に関する考察。』

            ■ 森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。貢献度ランキング。 第10位 冨安健洋 能力の高さは間違い無いが、怪我などで不在になったり、重要な試合で不在になったりする事が多く、今回の最終予選での貢献度は、これぐらいだったと思う。東京五輪でもそうだったし、最終予選後もアーセナルで怪我が長引いており、意外とW杯で戦力となれるのか不確定要素がある選手。谷口と板倉がクラブでも最終予選でも良いパフォーマンスを発揮しているので、冨安の状態によっては、その2人の方を主力にした方が良い

            有料
            300

            『森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。後半戦総括。ここから必要になるのは「次の一手」、「更なる一手」である。』+『日本代表でゼロトップは機能するのでしょうか?』

            この記事は「森保ジャパン。カタールW杯アジア最終予選。前半戦総括」、「森保ジャパン。これからはTFTの【2】が重要になってくると思う。」、それから「森保ジャパン。個人的に思うW杯での戦い方。」という記事、などを一読してから購入し、それを前提に読まれる事をお勧めします。内容は、後半戦総括もしくは全総括と、これからW杯に向けて、となっています。もちろんTFTの【2】の記事も事前に読んでいただけていると嬉しいです。おそらくは、そうではないと、抽象的な内容に感じてしまうと思うので。

            有料
            300

            選手評価。日本代表。ベトナム戦。2022年3月29日。W杯アジア最終予選。第10戦。

            上田綺世何回か良い落としはあったのだが、プレーが硬い感じがした。まだ反応速度というか、判断の遅さなのか、オフ・ザ・ボールの動きも含めたプレーの選択肢の少なさなのか、いずれにせよ、そのあたりに課題が見えた試合だったと思う。動き出しの良さが特徴の選手だと思うので、それが常に発揮されないと難しいと思う。それから、生まれているスペースへ、生まれているスペースで、という事だけではなく、自分でスペースを作る、という事もできないと、こういう試合だったり、よりレベルの高い試合では厳しくなって

            有料
            300

            選手評価。日本代表。オーストラリア戦。2022年3月24日。W杯アジア最終予選。第9戦。

            浅野拓磨悪くはなかったと思う。決定力とか、まだまだ足りない部分はあるが、CFでも及第点のパフォーマンスを見せた事は良かったと思う。大迫が復帰したり、前田や古橋もいるし、上田も台頭してきそうだし、三笘は大活躍だったので、CFでもサイドでも、まだファースト・チョイスとしては、やはり難しい状況だとは思うのだが、明確な武器も持っているし、とにかくW杯まで所属クラブで頑張って結果を残してもらいたい。それが大きな意味を持つと思う。

            有料
            300

            森保ジャパンを語る。今の森保ジャパンは南アフリカW杯の時の岡田ジャパンと似てますよね? 守備的に切り替えた時に相手の最終ラインへのプレスは可能なのでしょうか?

            中国戦を語る。先制点を奪うまでの日本はどうでしたか? 日本が優勢に立てた理由は何だったのでしょうか? なぜ先制点の後の日本は停滞したのでしょうか? 中国戦を語る。後半の日本はどうでしたか? 「4-2-3-1」は機能していましたか? ドリブルで相手のMFラインをブレイクする事は重要なのでしょうか? 中国戦を語る。左サイドが機能していなかったように感じたのですが何故でしょうか? サウジアラビア戦を語る。サウジのパフォーマンスは? ベテラン選手たちについては? 毎回のようにあ

            有料
            200