見出し画像

はじめまして、ローズ青木です。

2018年に前職の花屋から独立してJOUROを立ち上げ、フラワーディレクターと称して花に関する各種サービスを企画開発&提供しています。またその傍ら、地元長野限定のローカルモデルをやったりしています。(友人たちの悪ノリでローズ青木と命名されましたw)

※TOP画像はAFRIKA ROSEさんで撮っていただいた写真です。

青木善則のスペック

青木善則  -Yoshinori Aoki-

1979年12月20日生まれ 射手座 A型
出身地:長野県 長野県千曲市在住
家族:妻、子供3人、義父母の7人家族(婿養子)
学歴:長野商業高校→東洋大学
スポーツ歴:硬式野球、硬式テニス、スノーボード
職歴:自動車ディーラー営業、採用教育、採用コンサル、広告出版営業
好きなアーティスト:ミスチル
好きな食べ物:子供が好きな食べ物全般
将来の夢:築90年の古民家である自宅を全面リノベして、薪ストーブを設置して畑で取れた野菜を使ったピザを焼いて、気心知れた仲間を呼んでホームパーティすること


独立に至った経緯

前職時代はフローリストではなく、企画&営業マネージャーとしてお仕事させていただきましたので、お花を製作することは一切していませんでした。なので花束アレンジは作れません!配達はめっちゃ早かったです!

で、その中で「花屋の働き方」に課題を感じました。なにせ時間に追われすぎている。これは花屋の仕組みに問題があると思ったんです。どういうことかというと、花屋さんは圧倒的に個人事業主や法人成りしていても家族規模という花屋さんがとても多いです。で、そのほとんどがフローリスト。つまり「フローリスト以外の職種」がほとんどいない状態です。

でも他の業界を見れば、クリエイターもいればマーケ担当もいれば営業もいれば総務人事もいれば、色んな職種の方が一つの企業内で活躍しているわけです。でも多くの花屋が「フローリストが兼務」しています。飲食店さんに近いかもしれないですね。
この状況なので、「花の製作に関わる仕事以外の仕事」は後回し。。で、そのまま手付かず。。ということがザラにある状態です。

なので、僕は「花屋の企画営業に特化」することで、その立ち位置を確立し業界内の分業の仕組みを作っていこうって思い独立しました。

で、その肩書を「フラワーディレクター」にしました。


フラワーディレクターってなに?

ところで、フラワーディレクターってなに?

この質問を多くいただきます。自分が知る限りではこの肩書きを名乗って仕事をしている人はいません。

命名のきっかけは、大変お世話になっているとある経営者の方から「青木君の仕事って、ディレクターだね」そう言っていただいたんです。で、超納得感がありその場で決めました。

「ディレクター」
演出家または監督、現場の責任者(コトバンクより)

そうです。花というツールを活用してどうギフトシーンや各種花のあるシーンを演出するか?また、花というツールを活用してどのようなサービスを設計するか?それが私の役目です。で、その時に花そのものを束ねたり、花材選定したり、実際に装飾するのがフローリストでありフラワーアーティスト及びフラワーデザイナー。(いわゆる花屋さん)

花屋さんすらも演出の1つであります。もっと言えばそこにいるフローリストという人。人によって得意な装飾や技術が異なります。それを青木が把握しお客様のニーズと橋渡しをする。そんな役割です。ただの仲介屋ではありません。
また、花屋さんすらも時にはサービスの対象になります。その方々が持ち合わせているアーティスト性や可能性を引き出したりするのも僕の役目だと思っています。結果としてフローリスト個人に注目が高まることで、「フローリスト」「フラワーアーティスト」「フラワーデザイナー」という職業そのもののプレゼンスが向上するものと思っています。これは業界に対する大きな貢献です。

僕の大好きなMr.Childrenで例えてみる

ミスチル→作詞作曲、曲を生み出す創作活動に専念
トイズファクトリー→その曲をどうやって販売につなげるか?をサポート

ざっくりいうとこんなイメージでしょうか?
これを花業界に当てはめてみます。

フローリスト→花の選定や製作活動に専念
JOURO→フローリストの活動をサポートしていかに販売につなげるか?
フラワーディレクター→JOUROに所属している専門職

JOURO及びフラワーディレクターはこのような立ち位置です。

実現していきたいこと

花の仕事に関わる人は全て「アーティスト」だと考えています。それは今目の前でやっている仕事が積み重なって、10年後20年後の社会を作っているからです。だから僕もアーティストです。花って、花そのものが具体的に何かの問題を解決してくれるのか?って言ったら、ひょっとしたらそれ以上にお役立ちアイテムがあるように思うんです。でも僕たちは花を提供することで何かの役に立ちたい。それって、「意味の提示」だと思っています。だから花を通じてどんな意味を提示するのか?それを追求するアーティストだと思うので、日頃から美意識を磨いたりインスピレーションを感じる美しいものに触れていたりして欲しいんです。僕はみなさんが持つ「内なるアーティスト性を解放する」お手伝いをするのが仕事。

「私はアーティストなんかじゃないよ」
そう感じる人も多いでしょう。でも必ず誰しもが内なるアーティスト性を秘めています。だって少なからず「こうしてみたい!」って気持ちあるでしょ?それを発信してカタチにすることがアーティストなんです。自分の可能性に蓋をする必要なんて全くないんです!

そんな花屋さんが増えれば、この業界はもっともっと元気になるし、花業界が元気ということは日本中に花が溢れるということなので、この国は豊かになります。そこを僕は目指しています。

どうぞよろしくお願いします。

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると嬉しいです!お預かりしたお金は、オンラインサロンの運営費用として大切に活用させていただきます!

バラ色の日々を🌹
1
JOURO代表 。花と緑に関わる人のためのオンラインサロン「虹ノアトリエ」の運営を中心に活動しています。https://www.jouro.jp/

こちらでもピックアップされています

フラワービジネス日記
フラワービジネス日記
  • 107本

花業界について書いているnote無料記事の置き場です。お気軽にご覧ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。