見出し画像

【2万文字の総まとめ】スペイン語特化学習法!ChatGPTも使って相乗効果の最新勉強法をご紹介!

今回紹介させて頂くのは、
僕のこれまでのスペイン語上達を支えてくれたスペイン語学習法。
そして、【2023年/6月2日追記】のChatGPTを組み込んだ相乗効果の最新勉強法です!
今回はそれを余すことなく、全てお伝え出来ればと思います。
余すことなくと言っても大きく分けると3つのトピックだけです。
これだけ意識して取り組み続けた結果、今の僕があります。
読んでいただければ幸いです😌

簡単な自己紹介を✍️

僕はこれまでスペイン語を大学で4年間、そのうちの8ヶ月間はスペイン留学を経験しました。
そして、中でも上達を最も実感したのは留学中の8ヶ月間。

上達の要因は、もちろん、現地の生活を通してスペイン語に浸かった日々を過ごしていたからという事もありますが、僕にとって大きかったのはトーマスとミゲルの存在です。

トーマス? ミゲル? 誰だそいつらは!という方の為に紹介させてください。

(左:トーマス)(真ん中:ミゲル)(右:ほたぺ)

画像2

彼らがスペイン語上達のきっかけをたくさん与えてくれました。
そのおかげもあり、手前味噌ではありますが、大学でのスペイン語弁論大会優勝、DELE B2 、スペイン語検定3級と4級の全国最優秀賞も受賞することが出来ました。(4級の賞状が諸事情により手元にないのでこの度は省かせていただきます.....🙇‍♂️)

画像5
画像6

4年間スペイン語を勉強し、留学を経験したとしても、効率的・効果的な学習をしない限りなかなかこの結果を収めることは出来ないと思っています。
これは全てトーマス、ミゲル、そして他にも多大なサポートをしてくれた先生方のおかげです。

少しだけ2人の事を紹介させてください。

ミゲルはスペイン語を教えてかれこれ数十年のベテラン教師、トーマスは元カリフォルニア州の弁護士として働いていた経歴があり、スペイン語学習は始めて5ヶ月とは思えないくらいの実力があり、特にボキャブラリーの量には先生達も驚いていました。
また、2人が人としても素晴らしい人物だったという事は言うまでもありません。
そんな彼らから教えてもらったスペイン語学習のエッセンスをここで紹介したいと思います。

本来であれば、個人ブログの方で募集している個別レッスンに参加して頂いた方のみに紹介していましたが、今回ここで有料記事として公開しようと思います。

それだとレッスンに高い金を払った人が損では? とも考えましたが、実際にレッスンを通じて教えられる事の方が圧倒的に多く、ここではいくら伝えたい事があってもどうしても文字だけのコンテンツなので限られてしまいます。

その中で要点を絞り、大きく2つのトピックにまとめました。

1つ目は、リスニングメイン 
2つ目は、ボキャブラリーメイン
この2つを押さえておけば、スピーキング、文章読解にも役立てる事が可能です。

今回はその方法も加筆しており、気づけば文字数22,000文字弱とかなりのボリュームになってしまいました。
とはいえ、色々伝えたいことをなるべく端的にまとめることが出来たと思います。
興味がある方はラーメン一杯分です。
是非購入して頂き、ご自身のスペイン語学習に役立てて頂ければ幸いです🙇‍♂️


【2023.6/2追記】
2023年に突如としてリリースされたChatGPT
翻訳性能も高い上、こちらの質問に対してそれらしい答えを返してくれる素晴らしいAIツールとして今もなお世界中で利用されています。

そんなChatGPTは一見、外国語学習の不要論に拍車をかける「敵」として思えるかもしれません。(私もリリース当初はそう思っていました。)

しかし色々触れていくうちに、むしろ自分の外国語学習を効率的にサポートしてくれる「パートナー」のようにも思えてきたのです。
なぜなら、「まだ間違った内容も多々あるから」。

これらはアップデートを通じて学習し改善されていきますが、それでもやはり最終的な人間によるサポートやチェックといった要素はまだ必要だと身をもって感じました。

そうして考えてるうちに思いついたのが、
追記分として紹介する<スペイン留学中に学んだ学習法×ChatGPT>でした。

正直、今回ご紹介する「学習法」と「身近に教えてくれるメンター」さえいれば、コスパと効率に優れる外国語学習は成立します。

Ver para creer.
Más vale ver una vez que oír cien veces.

"百聞は一見に如かず"  です!!

ここから先は

19,898字 / 20画像

¥ 850

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が参加している募集

#おすすめアプリ

3,473件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?