inclusion

インクルージョンとは宝石・天然石に含まれる内包物。それは欠点でなく個性。唯一無二である証し。人生はただ透き通っただけのものじゃない。さまざまな思いを内包するジュエリーを、天然石と貴金属で作ります。2001年よりジュエリーデザイン・制作。

inclusion

インクルージョンとは宝石・天然石に含まれる内包物。それは欠点でなく個性。唯一無二である証し。人生はただ透き通っただけのものじゃない。さまざまな思いを内包するジュエリーを、天然石と貴金属で作ります。2001年よりジュエリーデザイン・制作。

    ストア

    • 商品の画像

      K18アメトリンのフラワードロップピアス

      天然のニュアンスカラーが美しい、アメトリンの大粒ドロップピアスです。表裏ともに彫刻が施されたアメトリンは、どこから見ても艶々で透明感もあり、まさにキャンディの可愛らしさ!昔ながらの缶入りドロップを連想させます。このような彫刻はおもにインドの宝石研磨地でおこなわれていますが、当然、職人によって仕上がりに大きな差があります。ジュエリー素材として通用するもののみを取り扱いますので、数多くはご紹介できません。色合い、大きさ、彫りの美しさが揃ったピアスです。長くお使いいただけるよう、K18を使用しています。素材:K18、アメトリン(天然クォーツ)石のサイズ:約2号17.5×13ミリ
      ¥18,000
      inclusion
    • 商品の画像

      白蝶貝とガーネットのフープピアス

      真珠層のような光沢のあるシェル(白蝶貝)には、紋様が彫り込まれています。ガーネットの深い赤色とのコントラストをお楽しみください。人類の装身具の起源を感じつつ、日常にもなじむデザインに仕上げています。各パーツは取り外せますので、お好きなつけ方ができます。シェルは素材由来で湾曲しています。素材:14KGF、ガーネット、シェル(白蝶貝)石のサイズ:ガーネット約7×4.5ミリ、シェル直径40ミリフープサイズ:約20ミリ※よりジュエリーらしい仕上がりをお好みの場合、18金にてお作りすることもできます。価格は大きく変わりますので、お問い合わせください。
      ¥6,000
      inclusion
    • 商品の画像

      【受注制作】マザーオブパールとクォーツのリング

      ※受注制作品ですが、ただいまオーダーメイド準備中です。真珠の母貝であるマザーオブパールに透明感あふれるクォーツを重ねた、大粒石を楽しむリングです。ふたつの素材を貼り合わせた『ダブレット』で、貝殻特有の虹色が出るものをセレクトし、クォーツのカットも整った、ハイレベルなジュエリー用の素材です。画像サンプルはシルバー950、サイズ12号ですが、本体を18金やプラチナ素材でもお作りできます。価格は地金素材やサイズにより大きく異なりますので、詳しくはお問い合わせください。本体:silver950、マザーオブパール、天然クォーツ(18×13mm)寸法:石座部分19.8×15.3×厚み11.6mm、フープ部分幅2.3×厚み1.7mm※素材の価格や地金相場により予告なく価格改定する場合がございます。
      ¥38,000
      inclusion
    • 商品の画像

      K18アメトリンのフラワードロップピアス

      天然のニュアンスカラーが美しい、アメトリンの大粒ドロップピアスです。表裏ともに彫刻が施されたアメトリンは、どこから見ても艶々で透明感もあり、まさにキャンディの可愛らしさ!昔ながらの缶入りドロップを連想させます。このような彫刻はおもにインドの宝石研磨地でおこなわれていますが、当然、職人によって仕上がりに大きな差があります。ジュエリー素材として通用するもののみを取り扱いますので、数多くはご紹介できません。色合い、大きさ、彫りの美しさが揃ったピアスです。長くお使いいただけるよう、K18を使用しています。素材:K18、アメトリン(天然クォーツ)石のサイズ:約2号17.5×13ミリ
      ¥18,000
      inclusion
    • 商品の画像

      白蝶貝とガーネットのフープピアス

      真珠層のような光沢のあるシェル(白蝶貝)には、紋様が彫り込まれています。ガーネットの深い赤色とのコントラストをお楽しみください。人類の装身具の起源を感じつつ、日常にもなじむデザインに仕上げています。各パーツは取り外せますので、お好きなつけ方ができます。シェルは素材由来で湾曲しています。素材:14KGF、ガーネット、シェル(白蝶貝)石のサイズ:ガーネット約7×4.5ミリ、シェル直径40ミリフープサイズ:約20ミリ※よりジュエリーらしい仕上がりをお好みの場合、18金にてお作りすることもできます。価格は大きく変わりますので、お問い合わせください。
      ¥6,000
      inclusion
    • 商品の画像

      【受注制作】マザーオブパールとクォーツのリング

      ※受注制作品ですが、ただいまオーダーメイド準備中です。真珠の母貝であるマザーオブパールに透明感あふれるクォーツを重ねた、大粒石を楽しむリングです。ふたつの素材を貼り合わせた『ダブレット』で、貝殻特有の虹色が出るものをセレクトし、クォーツのカットも整った、ハイレベルなジュエリー用の素材です。画像サンプルはシルバー950、サイズ12号ですが、本体を18金やプラチナ素材でもお作りできます。価格は地金素材やサイズにより大きく異なりますので、詳しくはお問い合わせください。本体:silver950、マザーオブパール、天然クォーツ(18×13mm)寸法:石座部分19.8×15.3×厚み11.6mm、フープ部分幅2.3×厚み1.7mm※素材の価格や地金相場により予告なく価格改定する場合がございます。
      ¥38,000
      inclusion
    • もっとみる

    最近の記事

    人生の入り口にやっと立てた20代半ば、結婚願望がないのに結婚に至る。

    前回の続きです。 私が働きはじめ、ジュエリーについて学びはじめた2000年代。 あの頃は「就職氷河期」真っ只中でした。周囲の大人たちも「不況だ」「すっかりものが売れなくなった」などと事あるごとに言っていました。 大人たちとは、仕事を教えてくれている職人社長さんや、取引先の卸業者さんなど、バブル景気を経験した世代の方々です。 そんな日々でも、 「ただ仕入れて売るだけじゃなく、あなたがやっているような仕事は、この業界の中でも本当にいい仕事なんだよ。 とても喜ばれるし、思い出

    スキ
    13
      • 考えるよりも手を動かしながら生きてきた、私の20代前半。

        人間にはいくつかのタイプがあって、 『考えてから走る人』 『考えながら走る人』 『走り終わってから考える人』 『なんにも考えずに走る人』 …というように分けられるんだけれど、自分ならどれに当てはまる? そんな問いかけをされたことがあった。 たった4タイプにおさまるの?他にも、 『考えたあげく走り出さない人』 『考えもしないし動かない人』 …なんてパターンもあるんじゃないの?と思いつつ… 私は『とりあえず考えながら走る人』です。 と答えた。 あれから、もう何年もの年月が流

        スキ
        25
        • 原石を磨く 〜耳をすませば〜

          あのせりふは、少なからず鉱物・宝石ファンの心を掴んだに違いない! 今夜、『耳をすませば』が金曜ロードショーで放映される。 ちなみに見出し画像のエメラルド標本は、宝石展@名古屋市科学館に展示されていたものだ。 さてさて。 原作者の柊あおいさんも、きっと鉱物・宝石好きだと思う! 過去の作品には水晶の原石を「星のかけら」の呼び名で登場させていたし、追い求める夢や憧れを表現するのに鉱物・宝石はぴったりだ。「ラピスラズリ」の語感なんて、日常から抜け出す呪文のようにも聴こえる。想像力

          スキ
          32
          • ラピュタはすぐそこに!飛行石を探し求めて…

            金曜ロードショーで『天空の城ラピュタ』を放送していた。これまで数えきれないほど観ているのに、ストーリーも熟知しているのに、やはり良かった。 主人公たちと同じ年齢の頃にも、この映画を観ることができて良かったと思う。 あれから10年、20年…と時が流れ、今も物語のあちこちに散らばる伏線や繊細な描写に気づくたび、さらに感動が深まっている。 観終わってからの余韻も心地良い。 ひとつの冒険を終えて、心の中の小さな私もひとつ成長したかのような、前向きな気持ちになる。 しかしほんの少し

            スキ
            42

            ルパン一味の皆さま、あの世にも盗みたい宝石はありましたか?

            訃報はいつも突然にやってくる。2019年には原作者のモンキーパンチ氏と石川五右衛門役の声優さんが亡くなり、今年は次元役の声優さんが…。 ご冥福をお祈りします。 子どもの頃に「かっこいい大人とはどういうものか」を方向づけてくれた『ルパン三世』は、もはや私の原風景の一部と言ってもいい。 『ルパン三世』とは、ひたすら大人趣味の作品だった。 物心ついた頃から再放送を観ていた。ストーリーはまだ理解できていないにしても、大人っぽい雰囲気とテンポよく動き回るキャラクターから目が離せ

            スキ
            22

            子どもの頃に知りたかった世界のこと#宝石展

            名古屋市科学館にて開催中の宝石展の雑感。 この夏の間に、もう一度くらいは観に行きたいのだけれど、忘備録的にnoteに残しておこう。 夏休みが始まり混雑覚悟で行ったものの、平日の午前中だったせいか、ゆったり余裕で観ることができた宝石展@名古屋市科学館。 ブルガリ展やカルティエ展のような、警備員が立ちショーケースにも必要以上に近づけない厳かな展示と違い、身構える雰囲気はなかった。私のように一人でじっくり楽しみたい来場者の他、親子連れが特に多い印象。 「わあ、すごーい!」と声を上

            スキ
            22

            ハワイの星くず 〜祖母の誕生石〜

            ふたつ前のnoteには、とてもプライベートなことを書いたのだけれど… 『今日の注目記事』にピックアップしていただいたことから、数日間はたくさんの♡の通知に驚きっぱなしでした。1か月ほど経った今でも、初めましての方に読んでいただけているようです。 皆さま、ありがとうございます!!! さてさて、先日、特別展『宝石 地球がうみだすキセキ』にて展示されていた とある標本を目にして、祖母の遺品整理のことを思い出さずにはいられなくて… 今回はそのエピソードを。 祖母は写真が好きな人

            スキ
            24

            いろいろな色と、言葉と、風景と

            日々実感していることのひとつに、「人によって色の見え方は微妙に違う」というものがある。 デザインの仕事や宝石を取り扱っている中でも、なにげない日常生活でも、大事件にならない程度の行き違いが生じることがある。 色盲や色弱など視覚の専門的な話ではない。 特に生活に問題もなく虹が7色に見えている人でも、その7色はその人にしか見えていない…という話だ。 買い物中、私があるピンクの下着を手に取ったときのこと。パートナーが 「ええー、紫を選ぶなんて趣味が悪すぎる!そんなの欲求不満の色

            スキ
            23

            あの世に持っていけるもの

            紫陽花が咲くと思い出す。 大正生まれの祖母がこの季節に亡くなって、すでに数年が経った。100歳の大往生だった。 悲しみの感情とは別に、“大きなひとつの時代が終わった”…と、そんな感覚だった。 おばあちゃんは、私が作った金の指輪をつけて旅立った。 「死んだらあの世にはなんにも持っていけないよ」 …と言う人は多い。「だから、この世でモノに執着するな」という、戒めのような意味をこめているのだろう。 でも、本当にそうだろうか。モノは、特に指輪などジュエリーというものは、人の思い

            スキ
            233

            開高健 『珠玉』 『宝石の歌』

            文庫本の巻末に付いている、他の本の紹介が並んでいるページ…とてもアナログだけれど、あれを見て次に買う本を決めることが多い。 開高健 著『珠玉』(文春文庫 1993年発行)の紹介文はこうだった。 海の色、血の色、月の色。 三つの宝石に託された、三つの物語 これは…読むしかない! 忘れもしない、ミネラルショーに行った帰りの京都駅ビルで、地下の本屋さんに飛び込み文庫本を買った。 私の脳内は、つい先ほどまで存分に堪能してきた宝石や天然石で埋め尽くされている。休日とはいえ人口の

            スキ
            14

            不要不急

            人間って、人間らしさって、ほぼ不要不急のものばかりで成り立っているんじゃないかな。 昨日 百貨店に行ったら、長いこと閉鎖されていたキッズスペースが解禁になっていた。お買い物途中の若いお母さんがベビーカーを停めて、小さな子どもを遊ばせている。 なにげない日常の風景だった。 ちょうど2年前の初夏の頃…。 映画館も劇場もお楽しみは全部だめ、スポーツジムも美術館も閉鎖され飲食店も縮小し、子どもの学校や習い事ももちろんお休み。食料品や日用品の店とドラッグストアにしか行けなかった日

            スキ
            15

            90年代、ラブブレス、ノスタルジア

            高校の卒業式を終えたら、すぐにピアスを開けよう。女子校の校則は厳しくてもちろんピアスなんて禁止、耳を出して長い髪を三つ編みにしなきゃいけない。 私は真面目な生徒で通していたのだ。 まだピアスホールもないのに、ピアスを買った。 ぷっくりとした水滴に月の光を浮かべたようなムーンストーンを、銀の爪が支えているピアスだった。 ムーンストーンは、当時とても流行っていた。 パワーストーンブームに乗りつつ、オカルト系ではないおしゃれな女の子たちにも「お守り的な石」として好まれていた。

            スキ
            7
            有料
            100

            6月1日生まれのマリリン・モンロー

            今日はマリリン・モンローの誕生日。 マリリンが映画のワンシーンで身につけた有名な大粒ダイアモンド『バローダの月』が、2018年にオークションに出品されていた。落札額は約1億4000万円。 世界一有名なイエローダイアモンドといわれているが、一時期の所有者は日本人で、数年前にテレビ番組の『なんでも鑑定団』に登場していた。 それ以前にも日本の企業(平和堂貿易)が所有していて、テレビドラマで藤原紀香が身につけたり、東京の博物館で展示されたりしていたので、記憶にある方も多いだろう。

            スキ
            7

            エメラルドが眠る海

            かれこれ、30年近くも前のこと。 なにげなく見ていたテレビ番組…世界まる見えか、ふしぎ発見か、その中でちょっと珍しい海外のツアーが紹介されていた。 カリブ海だろうか、セルリアンブルーの海に潜り、沈没船とともに海底に眠る金銀財宝を探せるというもの。それだけでも冒険心をくすぐられるけれど、なんと、ダイビング中に見つかったお宝はツアー客が自分のものにしても良いという! ちょっと余談になるけれど、あの頃は「徳川埋蔵金ついに発見か⁉︎」みたいな番組も多かった。 …埋蔵金って誰がも

            スキ
            8

            野間美由紀さんの『ジュエリーコネクションシリーズ』

            少女漫画を読まなくなってずいぶん経つが、ふと思い立って好きなジャンル検索をしてみると、びっくりするような名作に出会える。 連載などリアルタイムでは知らなかった作品もあって、こんなによくできたストーリーなのに映画化もドラマ化もされていないなんて⁉︎…と思うことも。 そんな名作のひとつが、野間美由紀さんのジュエリーコネクションシリーズだ。ちなみに、少女漫画ではなくミステリー漫画と呼ぶべき作品だ。 連載が1989年〜とのことで、最初の頃の絵柄やちょっとしたエピソードには時代を感

            スキ
            8

            白い魔女さん

            先月、金曜ロードショーで『魔女の宅急便』をしていた。子どもの頃も大人になっても繰り返し観ている作品なのに、鑑賞後は胸がすくようでとても心地よかった。 『魔女の宅急便』原作者として知られる角野栄子さんは御年86歳。 …と、とりあえず書いてみたものの、この方に関しては「年齢なんて、もうどうでもいいよね」としか思えない。陽気で無邪気でパワーにあふれている。 パワーとは、たとえば「才能」だとか「個性」だとか「魅力」だとか、いろんな言葉が当てはまるのだろうけれど、ここでは断然「魔法

            スキ
            12