JASTJみんなの広場『学術と社会の関わりを考える』

「科学と社会」「学問の自由」「学術と政治」といったことついてみんなで考える広場です。時事的に大きなテーマが発生した際に、関連する情報を発信するとともに、日本科学技術ジャーナリスト会議(https://jastj.jp)の会員の意見を掲載します。

JASTJみんなの広場『学術と社会の関わりを考える』

「科学と社会」「学問の自由」「学術と政治」といったことついてみんなで考える広場です。時事的に大きなテーマが発生した際に、関連する情報を発信するとともに、日本科学技術ジャーナリスト会議(https://jastj.jp)の会員の意見を掲載します。

    マガジン

    • 会員からの意見

      時事的に大きなテーマについて、日本科学技術ジャーナリスト会議の会員の自由な意見をそのまま掲載するコーナーです(JASTJとしての統一見解ではありません)。

    • ウクライナ侵攻の衝撃

      2022年2月24日、ロシアがウクライナに侵攻しました。この国際情勢に際して科学と社会の接点にかかわる情報を発信するとともに、JASTJ会員の自由な意見を表明します。

    • 日本学術会議 任命拒否問題

      2020年9月、菅義偉内閣総理大臣(当時)が、日本学術会議が推薦した会員候補のうち6名を任命しなかった問題を機に、関係する情報整理とJASTJ会員の意見表明のために立ち上げました。

    最近の記事

    【ウクライナ侵攻】意見表明 脳が”世界”を作る

                             2022.6.17 室山哲也    人間の脳は不思議だ。  この図を見てほしい。  真ん中に白い三角形が見える。だが、よく見ると、その三角形は、存在してはいない。存在しているのは、黒い部分のみ。  口を開けた黒い円と、折れ曲がった線だけだ。存在していない白い三角形が、なぜ見えるのだろうか?人間の脳は、とても主観的で、断片的な情報を組み合わせてイメージを、勝手に作り出すのだと説明されている。この「ないものが見える」能力は、人

      • 【ウクライナ侵攻】意見表明 日本のエネルギーの自立について

                                  2022.4.28 室山哲也  ウクライナ戦争の各国の駆け引きを見ていると、安全保障の要素として、エネルギーがどれほど重要かがよくわかる。豊かな天然ガスを持つロシアに対して制裁をかけようにも、「ガスを止めるぞ」と言われれば、動きが取れなくなる。安定した安全保障の構造を作るには、多様な調達先を確保するばかりでなく、自前の国産エネルギーをどう育成するかが重要なカギになるのかもしれない。 日本は資源が乏しく、エネルギーも世界に

        スキ
        2
        • 【ウクライナ侵攻】意見表明 明日は我が身か、いつか来た道か

          明日は我が身か、いつか来た道か                        2022.3.21 三輪佳子  2月24日、ロシアがウクライナへの侵攻を開始してから、もうすぐ1ヶ月になろうとしています。  私は日本の一市民であり、2匹の猫たちの「猫のおかあさん」であり、障害者です。破壊される街や避難を強いられる人々の映像や報道に接していると、どうしても「明日は我が身」という感情が沸き上がります。人災であれ天災であれ、個人や地域社会を超えた大きな力の前に、人間はあまりにも無力で

          スキ
          1
          • 【ウクライナ侵攻】意見表明 ウクライナの人々を思う

            ウクライナの人々を想う                        2022.3.20 室山哲也 信じられない残酷な光景でした。 ロシアの軍隊が、ウクライナの広大な国土を取り囲み、侵入し、残酷な火器で次々に街を破壊し、子供を含む多くの市民を死傷させ、核兵器をちらつかせながら、次第に狂暴化していく姿・・。まるで19世紀の戦争です。しかもその戦争は、ミサイルやドローンなど、テクノロジーを駆使した近代兵器で装飾されており、さらにおぞましい印象を与えます。 核兵器の他、生物化学兵

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 会員からの意見
            JASTJみんなの広場『学術と社会の関わりを考える』
          • ウクライナ侵攻の衝撃
            JASTJみんなの広場『学術と社会の関わりを考える』
          • 日本学術会議 任命拒否問題
            JASTJみんなの広場『学術と社会の関わりを考える』

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【ウクライナ侵攻】 世界科学ジャーナリスト連盟(WFSJ)による声明

            JASTJも加盟組織の一員である世界科学ジャーナリスト連盟(WFSJ)が今回のロシアによるウクライナ侵攻に関して声明を発表しました。 https://wfsj.org/news/wfsj-statement-on-the-conflict-in-ukraine/ 以下に日本語訳をお示しします。 ウクライナ紛争に対するWFSJ声明文(日本語訳)  世界科学ジャーナリスト連盟(WFSJ)は、ウクライナ紛争が科学と科学ジャーナリスト、サイエンス・ライターに与える影響について深く

            スキ
            4

            【ウクライナ侵攻】 ノーベル賞受賞者による公開書簡

            2000年にノーベル化学賞を受賞され、JASTJ会員でもある白川英樹先生から、ノーベル賞受賞者が緊急で署名した書簡が3月2日に公開されたとのお知らせをいただきましたので、全文掲載いたします。 ==== An open letter from Nobel laureates The undersigned Nobel laureates voice our support for the Ukrainian people and the free and independe

            スキ
            4

            【日本学術会議 任命拒否問題】 CSTIによる「日本学術会議の在り方に関する政策討議取りまとめ」

            https://www8.cao.go.jp/cstp/220121_torimatome.pdf

            【日本学術会議 任命拒否問題】 外部評価委員会による評価(令和元年10月~令和2年9月)

            外部評価委員会による日本学術会議第24期3年目 (令和元年10月~令和2年9月) の活動状況に関する評価を掲載しておきます。 https://www.scj.go.jp/ja/scj/nenji_hyoka/hyoka2021.pdf

            【日本学術会議 任命拒否問題】 学術会議による中間報告

             日本学術会議の梶田隆章会長は12月16日、会議の改革の方向性をまとめた中間報告を井上科学技術担当相に手渡した。  中間報告では、短期的な政策課題だけでなく中長期的課題について、科学に裏づけられた政策が必要不可欠になっている中、これまでの日本学術会議の科学的助言の一部に、中長期視点と俯瞰的視野を欠き、学術分野横断的な審議が十分でないものがあったことは否定できないとし、科学的助言の機能強化のために、調査室の設置や学術専門員の増員などスタッフ機能の充実が不可欠とした。  情報発信

            【日本学術会議 任命拒否問題】 自民党作業チームによる提言

             日本学術会議のあり方を検討してきた自民党内の作業チームが12月11日、政府から独立した法人格をもつ組織への変更などを求める提言を井上科学技術担当相に提出した。  日本を代表するアカデミーであることを国家が認証する何らかの施策を検討することや、ガバナンスの強化と組織の透明化を図るため、第三者機関(評価委員会、指名委員会)の設置が必須であるとした。  組織形態としては独立行政法人、特殊法人、公益法人等が考えられるとした。  資金に関しては、独立後も当面の間は政府による運営費の拠

            スキ
            1

            【日本学術会議 任命拒否問題】 Q. 日本学術会議はこれまでどのような「提言」を出しているのですか?

            Q. 日本学術会議はこれまでどのような「提言」を出しているのですか? A. 提言の内容は、先端研究や高等教育など学術につながりの強いものも見られますが、私たちの生活に身近なものも数多くあります。  子どもや妊婦への受動喫煙対策、サマータイム導入の問題点、自動運転がもたらす未来社会のモビリティのあり方、二度と津波犠牲者を出さないまちづくり、子どもを元気にするための運動、出生前・子どものときからの生活習慣病対策など、国の政策にかかわる幅広い内容が提言されています。 教育のデジ

            スキ
            1

            【日本学術会議 任命拒否問題】 Q. 日本学術会議はこれまでどのような意見を表明しているのですか?

            Q. 日本学術会議はこれまでどのような意見を表明しているのですか? A. 同会議が2017年に出した軍事的な安全保障の技術研究に慎重な対応を求める「声明」が有名になりましたが、そのほかにも日本学術会議はさまざまな意見を表明しています。  学術会議が意見を表明する方法には「答申」「回答」「勧告」「要望」「声明」「提言」「報告」「会長談話」「共同声明」「幹事会声明」という10種類があります。  このうち、もっとも頻繁に発表されているのが「提言」で、ホームページで確認できる20

            スキ
            1

            【日本学術会議 任命拒否問題】 Q. 会員の任命について、過去の政府見解はどのようなものだったのですか?

            Q. 会員の任命について、過去の政府見解はどのようなものだったのですか? A. 1983年5月の国会で、政府高官が「首相は会員の任命を左右しない」とし、中曽根首相も「形式的任命に過ぎない」と答弁しています。  1983年の国会では、日本学術会議法の改正案が審議されていました。それまで選挙で選ばれていた日本学術会議の会員を「推薦制」とし、推薦された者を首相が任命しようという改正案です。野党からの「政府からの独立性が失われるのでは」との懸念に対し、二人の政府高官と中曽根首相が以

            スキ
            2

            【日本学術会議 任命拒否問題】 Q. 会員の任命について、現在の法律ではどのように定められているのですか?

            Q. 会員の任命について、現在の日本学術会議法にはどのように定められているのですか? A. 会員の任命について、日本学術会議法の第7条と第17条に記載があります。 第7条 - 2  会員は、第17条の規定による推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。 第17条  日本学術会議は、規則で定めるところにより、優れた研究又は業績がある科学者のうちから会員の候補者を選考し、内閣府令で定めるところにより、内閣総理大臣に推薦するものとする。 したがって、①日本学術会議が優れた研究

            スキ
            1

            【日本学術会議 任命拒否問題】 Q. 日本学術会議とはどういう組織ですか?

            Q. 日本学術会議とはどういう組織ですか? A. 日本学術会議は、政府から独立して政策提言や科学の啓発活動などを行う国の特別な機関です。  日本の約87万人の科学者(人文・社会科学、生命科学、理学・工学)を内外に代表する機関であり、210人の会員と約2000人の連携会員からなります。英語名はScience Council of Japanです。  昭和24年(1949年)に「科学が文化国家の基礎であるという確信のもと、行政、産業及び国民生活に科学を反映、浸透させることを

            スキ
            1

            【日本学術会議 任命拒否問題】 Q. 「レジ袋有料化は日本学術会議のせい」というのは本当ですか?

            Q. 「レジ袋有料化は日本学術会議のせい」というのは本当ですか? A. 誤情報です。2019年に大阪で開催されたG20に合わせて、2019年3月6日、各国の科学アカデミーで構成するサイエンス20(S20)が、日本学術会議が主催してまとめた海洋汚染対策を共同声明として採択しました。 S20 Japan 2019 Science 20 http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-gs2019-1j.pdf  海洋資源開発、

            スキ
            2