IPDefine

IPDefineは知的財産を再定義する事をミッションに掲げるインテリジェンスデータプロバイダーです。我々は、特許権侵害のインサイトを発掘し、実際の侵害者を特定し、ライセンス候補者や特許権購入検討者を浮き上がらせます。

IPDefine

IPDefineは知的財産を再定義する事をミッションに掲げるインテリジェンスデータプロバイダーです。我々は、特許権侵害のインサイトを発掘し、実際の侵害者を特定し、ライセンス候補者や特許権購入検討者を浮き上がらせます。

    最近の記事

    DNAシーケンシングの特許裁判で3億3400万米ドルの支払い命令の判決事例

    【背景】 2022年の5月にデラウェア州の連邦陪審は、Illumina, Inc.(イルミナ社)がComplete Genomics, Inc.(CGI社)が所有する2つのDNAシーケンス特許を故意に侵害し、また反訴でCGI社が侵害を訴えられたイルミナ社の特許3件を無効とすることを決定しました。その結果、陪審員はCGI社に3億3380万ドルの損害賠償を命じました。     【内容】 本訴訟は、2019年5月に、商用遺伝子シーケンサーの世界最大のメーカーである中国のBGI Lt

    スキ
    1
      • 無効とされた特許を権利行使した場合の弁護士費用の負担に関して

        要約: 特許が無効であることを知りながら特許を行使することは、35 U.S.C. § 285に基づく例外性の認定を維持し、(被告は)弁護士費用の支給を請求することが可能になることがある。   Energy Heating (Energy社) は、Heat On-The-Fly (HOTF社) のフラッキング技術特許は不公正行為により執行不能であり、明白であるため無効であり、侵害されないとの宣言的判決を求めました。Energy社はさらに、州法に基づく不法行為の主張も行いました

        スキ
        2
        • ライセンス契約のロイヤルティ率算定に影響を与える米国裁判所判決について

          Andrew OllisとFrank Westは、IAM Magazineの2022年6月15日オンライン版に、Pavo Solutions v. Kingston Technology Co., Appeal No 21-1834における2022年6月3日の連邦巡回区控訴裁判所の判断に関する記事を執筆しました。 (裁判内容の参考URL:https://cafc.uscourts.gov/opinions-orders/21-1834.OPINION.6-3-2022_196

          スキ
          2
          • どのように(そしてなぜ)特許を購入するのか

            特許は知的財産(IP)の一種であり、他の財産と同様、売買が可能です(ライセンス供与により、ある意味で「借りる」こともできます)。 では、なぜ特許を購入しようと思うのでしょうか。 まず、特許によってどのような権利が得られ、また得られないかを理解することが重要です。 米国特許商標庁(USPTO)は次のように説明しています: ある企業が特許を購入しようと思うのは、特許権者の権利を侵害しなければ、特定の製品を製造・販売したり、あるプロセスを使用したりできないからが理由かもしれ

            スキ
            1
            • 無効とされた特許を権利行使した場合の弁護士費用の負担に関して

              スキ
              2
              2週間前
              • ライセンス契約のロイヤルティ率算定に影響を与える米国裁判所判決について

                スキ
                2
                1か月前
                • どのように(そしてなぜ)特許を購入するのか

                  スキ
                  1
                  1か月前
                  • Peloton、Lululemon、Nikeの特許侵害訴訟から見る知的財産権に関する実務上の留意点

                    Lululemonは2021年11月末、スポーツブラやレギンスなど様々なアクティブウェアのデザイン要素が類似しているとして、Pelotonに対して意匠権侵害の訴訟を開始しました。この訴訟は、Lululemonのこれらのアクティブウェアのデザイン特許が無効であるとするPelotonの主張に対抗して行われたものです。わずか数カ月後の2022年1月、Nikeは実用新案権侵害でLululemonを提訴しました。Nikeの主張は、Lululemonが最近買収したMirrorに起因してい

                    スキ
                    2
                    • パテント・トロールについての考察

                      米国の特許制度の役割は、発明者に一定期間、発明品に対する法的権利を与えることです。知的財産権は、独創的な発明の創作者を保護するものです。その目的は、消費者のために技術革新を促進することです。 多くの特許訴訟は合法的なものですが、「パテント・トロール」による訴訟はイノベーションを妨げます。非公式にパテント・トロールと呼ばれる非実務担当者(NPE)は、特許を法的武器として使用します。彼らは訴訟をビジネスとしており、軽薄な特許侵害の主張を持ちかけます。こうした訴訟、あるいは訴訟の

                      スキ
                      1
                      • 誘因侵害(Induced Infringement)の立証基準の高さについての事例

                        要約: 侵害の誘発の認定には、誘発された行為が特許侵害を構成するという知識が必要であり、これは、無謀や過失を上回る限られた範囲の基準である「故意の盲検(willful blindness)」の認定によって立証されることができます。 1995年、Meso社はIgen Internationalとの研究契約の一部として設立されました。この契約により、Meso社は研究中に開発されたすべての技術について全世界での独占的なライセンスを取得しました。2003年、Roche社はIgen社

                        • サムスン電子とSolus、ディスプレイ特許をめぐる7800万ドルの法廷闘争に決着

                          サムスン電子とアイルランドの特許ライセンス会社Solas OLED Ltdは、ビデオディスプレイ特許をめぐるテキサス州での訴訟を終結させることに合意しました。 提出された書類によりますと、両社は訴訟を却下することで合意したとのことです。 合意内容は不明で、両社および両社の弁護士はコメントを求めても返答はもらえませんでした。 Solasは2019年、サムスン電子のGalaxyスマートフォンなどが自社のディスプレイ特許を侵害していると主張し、東テキサス州で韓国のハイテク企業

                          スキ
                          1
                          • 【ケーススタディ】マルチカメラ装置の特許価値評価(損害賠償)

                            複雑なシステム(スマートフォンなど)の構成部品について、信頼できる侵害損害賠償額を見積もるには、時として既成概念にとらわれない発想が必要です。特許侵害の損害賠償は、法律と経済の複雑な分析が必要であり、訴訟ではしばしば激しく争われます。しかし、特許の価値に関する基本的な理解は、あらゆる取引や訴訟において重要である。 このケーススタディでは、技術取引や必要に応じて特許訴訟で使用される可能性のあるマルチカメラ装置に関する特許の公正市場価値を決定した事例になります。 【背景】 会

                            スキ
                            3
                            • VLSI社が特許侵害による損害賠償金としてIntelに対して21.8億USドルを勝ち取る

                              テキサス州ウェーコの陪審員(テキサス州西部地区裁判所)は、Intel Corp.(Intel)に特許侵害による損害としてVLSI Technology LLC(VLSI)に21.8億USドルを支払うよう命じました。 VLSIは、集積回路(IC)メーカーとして生まれました。 1999年にフィリップスエレクトロニクスに買収され、現在はフィリップスのスピンオフであるNXPセミコンダクターズの一部となっています。 今回の訴訟に関与した2つの特許は、米国特許番号:7,523,373

                              スキ
                              1
                              • 特許トレンドレポート2022:特許の目的、価値、保護、テクノロジーに関するグローバルな洞察

                                世界中の組織は、混乱の継続的なリスクが特徴的な環境で運営されています。競争の激しい風景は絶えず変化しており、予期しない場所にチャンスが現れています。イノベーションのこの時代において、知的財産(IP)はこれらのビジネスの必須事項の中心にあります。特に、特許は、競争上の優位性、市場シェア、ライセンス、パートナーシップ、投資家などの機会を表しています。   特許研究業界は、ガレージベースの新興企業であろうとグローバルな多国籍企業であろうと、世界のイノベーターのニーズに対応するため

                                スキ
                                3