見出し画像

【新規募集!】スパイス×新しい食文化に挑むローカル料理人

井波は日本遺産に認定された木彫刻の職人が多く住むまちです。このまちには人の力で挑戦を積み重ねてきた歴史があり、その文化が根付いています。

私たちはその文化が木彫刻だけではなく、スパイスを使った老若男女に愛される新しい文化として根付くことを目指しています。

画像3

日本人の食への好みは様々で日々変化し続けています。

日本の料理に欠かせない胡椒やワサビ、生姜や山椒が昔から使われているように世界各国の料理にも欠かせない独自のスパイスが存在します。様々な世界料理を口にする機会が増え日本人の味覚も多様化してきました。

その中でもカレーは国によって味や形は違えど世界で愛される料理の代表と言っても過言ではないと感じています。

日本人にとっても幼少の頃から慣れ親しみ大人になっても外食や家庭料理の人気メニューとして定着しました。

画像5


カレーに使われるスパイスの種類や分量を変えるだけで無限大に幅が広がります。
小さな地域に新しいスパイスを投入することにより地域住民に選択肢が増え新しい無限の可能性が創出する。

そのような機会をいっしょに生む出す方を募集しています。


BE THE (SPICES×FOOD CULTURE) PIECE
100年後のスパイス×食文化の「源泉」となる方。
スパイスを使った老若男女に愛される新しい文化をつくっていく仲間を募集します。

画像4


【求める人物】
・人と技術のよりよい関係を求め、
 新しい社会づくりに前向きに取り組める方
・新しい人との出会いからアイディアを生み出し、
 企画/ディレクション能力する力がある方
・地域コミュニティへ積極的に参加し、
 地域内の事業者や団体等とコラボレーションする意欲がある方
・井波での社会課題解決の事業を、日本そして、
 世界に展開したという夢がある方
・井波/南砺市などの地域外の視点を持っている方
・3年以上の社会人経験がある方
・カレーやスパイス、人が好きな方

【伴走パートナー】
地域内で飲食店を経営するジソウラボメンバー
(その他、希望に応じて、地元の飲食店や企業を推薦いたします)

【ミッション / ロードマップ案】
1年目:カレーやスパイス研究、地域資源(ヒト・モノ・コト)のリサーチ、地域とのコミュニケーション
2年目:実務体験、企画、事業開発
3年目:開業準備、事業化

【雇用保障】
本プロジェクトに参加している際、希望者には雇用保障として、ジソウラボメンバーの会社で自由な働き方をしながら、安心して起業の準備をしていただけます。

人によっては、本業をしながら、地域おこし協力隊をやりながらまたはジソウラボメンバーの企業で勤めながら様々です。応募者の希望を伺い相談にのらせていただきます。まずは情報交換の機会だけでも。ぜひお気軽にご相談ください。

画像5

【応募手続き】
エントリーフォームをご記入ください(所要時間 約5分)
※本枠は1名との出会いを予定しております。埋まり次第募集終了となりますこと予めご了承ください。

【選考方法】
STEP (1) 想いのシェア
約400文字のアイデアからスタート。確実なプランは必要ありません。まずはあなたの情熱や質問をぶつけてください。

STEP (2) オンライン・ヒアリング
お問い合わせいただいた方の中から順次、オンラインにてヒアリングを実施します。井波のことをお答えするとともに、皆様の夢や目標(Master Piece)を伺います。そして井波チームとして、伴走させていただけるかを相談します。(オンライン・ヒアリングについては個別にご連絡いたします)

STEP (3) 井波現地オンラインツアー
井波にてオンラインツアーを予定しています。通常、井波視察は、オンラインでも現地でも有償で提供しておりますが、本プロジェクトへ申し込まれた方へのご提供は無償です。(オンライ面談へ変更にする可能性もございます)

STEP (4) 結果のご連絡
選考結果を個別に順次お知らせいたします

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【応募に関するお問い合わせ】
ジソウラボ
住所:富山県南砺市本町3丁目41
E-mail:map100.inami@gmail.com
担当:ジソウラボ MAP担当

画像3

#起業 #ローカル起業 #井波 #北陸 #富山 #Map #Maps #カレー ※Photo by コラレアルチザンジャパン /photographer Ken Ohki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
2018年に日本遺産に認定された富山県南砺市井波。異業種で働く私たちは、未来に残る街とは人が育つ地域だからと考え、地域起業家を県外から募集し伴走するプロジェクト”BE THE (MASTER)PIECE”を開始しました。100年後にも文化を継承する。未来に向けての記録をこちらで。