見出し画像

保育士免許を取得した私が『アイモバイルでチャレンジを続ける』理由

初めまして、アイモバイルの目黒です^^♪

いつまでも後輩キャラで先輩達にかわいがってもらいたいな~と思いつつも
今年の春で入社3年目になるのでそろそろキツイかな~と感じています。(笑)

そんな私ですが、
大学生の時は保育士を目指し、
保育学を学んでいたんです(゜-゜)!!

今回は、保育士になるつもりだった私がアイモバイルで働きたいと思った理由、入社してから今どんな仕事をしているのか振り返っていこうと思います。


まずは、簡単に私の自己紹介★

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

画像3名前:目黒 悠(はるか)
年齢:1996年3月27日生まれ
趣味:ナンプレ パズルゲーム
幼い頃はよく祖母と新聞にあったナンプレを解いて景品応募してました😂

最近使ってるアプリはこれです↓
♦  ナンプレde懸賞 ( ios , android

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


⑴ 保育士になるはずだった私が・・・

\就活を始めるきっかけになったアルバイト/

先ほどもお話した通り、大学時代は保育士になる為に保育園実習をしたり、
教員免許を取得するために勉強していました。
(実は保育士と幼稚園教諭の資格を持ってます 笑)

ゆくゆくは保育士になるものだと漠然と思っていましたが、、、
アルバイトをきっかけに企業へ就職することを決意しました!

そのアルバイトでは、コールセンターでウォーターサーバーやネット回線等の営業をしていて契約件数に応じてお給料が貰えるので、より多くの契約を取ることに必死でした。

契約数を求めるあまり実家にもウォーターサーバーの契約をしてもらったり・・・(お父さんごめんなさい)
学生でも社員の上司になるまでに頑張ってました。(._.)

ただ、その中で多くの契約をとることに対する喜びはあったのですが、契約後まで長期にわたり、お客様をサポートしたいという気持ちが日に日に芽生えてきました。

それからは保育士以外にもやりたいことがあるんじゃないかと思い始め、企業への就職活動をスタートしました。٩( ''ω'' )و

これはちょっとイレギュラーな経験かもしれませんが、このことからnoteで伝えたいことは、ただ敷かれたレールを歩んで行くのではなく、
『とりあえずやってみよう精神』をもって行動すること
の大切さに気付いたということです。


\アイモバイルを選んだ理由/

お客様に対して一貫してサポートを行える職種=コンサルティング営業、
新しいもの・サービスを提案できる幅の広さから、
2つを掛け合わせインターネット広告業界に絞りました。

複数社の面接を受けていく中でアイモバイルが1番印象に残っていて、
その理由は「私自身の人柄をしっかりと見てくれたから」です。

その当時の私は、アルバイトの実績から自己発信力には自信があり、
実力や経験で乗り切れると思っていて、
企業研究をほぼしていない状態で臨んでいました。。

そんな私に唯一、親身にアドバイスしてくれたのがアイモバイルでした。

「たとえ入社しないとしても、新卒で就職できる企業は人生で1つしかないから、後悔しないようにしっかり準備して挑んだ方が良い。
実力や経験は頑張って今すぐ身につくものではないけど、企業研究は誰にでもできるのにやらないのは勿体ない。」

と面接後に言われたことを鮮明に覚えています。
その言葉で「アイモバイルは見捨てるのではなく、その人自身に向き合ってくれるんだなぁ」と感銘を受けました。

そこから就活に対する向き合い方が変わり、
アイモバイルに入社したいという気持ちが強くなり、今があります。


入社後の私

\これまでの仕事内容/

晴れてアイモバイルに入社した後は、メディア営業の部署に配属されました!:-)

ざっくりですが私の仕事内容は
・Webサイトやアプリを運営しているメディアさんへ広告導入のご提案
・広告収益を最大化させることを目的としたコンサルティング営業
です。

メディアさんに広告枠を設けてもらって
アイモバイルに広告出稿いただいている案件を配信し、広告運用まで行います。

特に最近では、通常の静止画広告だけでなく、
動画の広告も流す「アウトストリーム動画」のお取組みが増えていますね!

こんな感じです。
コメント 2020-03-15 222249

広告枠を設けてその枠を提供し、そこで収益を生み出しているからこそ、
Webサイトやアプリも無料で視聴できたり使えたりするんですよね。


広告、大事です( ..)φ

それ以外には、先ほどキャプチャで説明したような動画広告の売上を伸ばしていくプロジェクトメンバーとして参画したり、
Logbaseという広告以外のサービス拡販も行っています。

そして、2年間アイモバイルの色々なプロダクトに携わってきて思ったのが、
「他社のプロダクト運用をしてみたい(他社との違いを知りたい)」
「メディア運営ってどんな風にしているんだろう」

という事です。

営業すればするほどその思いは強くなっていましたね。


そんな時、アイモバイルがオーテ株式会社というアプリメディアの買収をして、既にリリースされているアプリの広告の出稿や収益化をこれからガンガンやっていこう!というフェーズでした。


素直に「やってみたい!」と思ったんです。


取締役としてジョインしていた先輩や、事業部の部長・マネージャーに自分のやりたいことや考えを伝えて、マーケティングと自社プロダクトの拡販を兼任するようになりました。

最初は自社プロダクトを売るために一営業として成長していきたいから・経験してみたいからという思いでマーケティングに携わっていましたが、さらに一歩踏み込んでオーテの一員としてメディアを大きくしていきたいと考えるようになったんです。

アドネットワークと自社メディアがある中で自分ができることを模索した結果でした。


そして・・・自らオーテの取締役に『本格的にメディア運営・マーケティングをしてみたい』と提案を行い、今年の4月からオーテ株式会社へ出向することになりました \(^o^)/☆


お気づきの方もいるかもしれませんが・・・
実は冒頭に紹介した「ナンプレde懸賞」はオーテで運営している
アプリなんです。🎉(PRっぽくてごめんなさい)
パズルを解くだけでポイントが溜まって、
しかもそのポイントで懸賞品に応募できるなんて…
一石二鳥ですね(´ー`)笑

リンクを最後にも貼っておくので、
是非皆さんダウンロードしてみてください~!mm


とまあ、入社して『想像していた以上の新しい経験』ができた
充実すぎる2年間でした。

ベタですが、この経験からアイモバイルは
本当に「成長するためのキャリアアップができる」「自己発信ができる環境」だなあと感じました。

送り出してくれた自社プロダクトの方々の期待を裏切らないよう精一杯頑張って、恩返ししようという気持ちです。

画像3




\できると思ってた私…。/

とんとん拍子でうまくいってるように書いていますが、、(笑)
入社してから色々と失敗・挫折を繰り返してきました。

・コールセンターでは「多くの契約件数をとる」為に働いてきたのでお客様との関係値を築くのに苦戦
・業界の知識量が足りず打ち合わせの内容が全然理解できない
・2年目で後輩ができて自分の力不足を痛感

等々…。挙げたらきりがないです。

ただ、それでも一貫して大切にしてきたことは「主体性」です。
メディア営業に配属された入社間もない頃に当時のリーダーの方へ、
クライアント営業もやりたい旨を伝えたり。

知識量の多い先輩社員に週1で情報共有のMTGをセッティングしてもらったり(これは1年くらい続けていて今でもやっていますね)。
新卒指導の担当に手を挙げたり。
オーテのマーケティングをやりたいと伝えたり。


何も知識がなくがむしゃらに就活をしていた私でも、
挑戦し続けていれば周りの人は応援してくれると肌で感じました。


⑶ 最後に

あの詩人で有名な相田みつをさんはこんなことを書いてました。

毎日毎日の足跡が
おのずから人生の答えを出す

きれいな足跡には
きれいな水がたまる

本当にその通りだなぁって思います。

諦めず挑戦し続けることで新たな道を切り拓き、
自分の頑張りを見てくれている人は必ずいて、
自然と働きやすい環境ができていく。

私がいつもお世話になっている方々は、自分の鏡だと思っています。

新たな一歩を踏み出したいと思っている方
是非一緒に挑戦していきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。mm

………………………………………………

♦ アイモバイルに興味を持った方はこちら
♦ オーテのアプリはこちら( ios , android

………………………………………………

#新卒 #新卒採用 #アイモバイル #広告 #営業 #メディア #オーテ #ナンプレde懸賞
#自己紹介 #マーケティング #弊社のリアルな仕事 #弊社の営業はこんなふう


この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
31

こちらでもピックアップされています

アイモバイルのリアルな仕事
アイモバイルのリアルな仕事
  • 19本

アイモバイルのリアルな仕事内容についてや、会社・仕事・人の”魅力”について、実際に働いているメンバーが書いた記事をまとめています! 株式会社アイモバイル(東京・渋谷) https://www.i-mobile.co.jp

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。