理想のワークスペースを全力で追求してみた
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

理想のワークスペースを全力で追求してみた

こんにちは、池澤です。

昨年から今年にかけて、多くの企業で在宅勤務やテレワークが推奨されるようになり、「自宅どこで働く問題」が持ち上がるようになりましたね。

そもそも、在宅勤務ができるようなスペースが家になくて、急遽デスクや椅子を買い足したという方も多かったのではないでしょうか。

わたしの家でも、家はリラックスすることに特化して設えていたため、なんとなくダレてしまうことが多く……。

仕事のためのデスクは用意してあるものの、結局コタツの中で寝転びながら作業してしまったり、パジャマのまま一日過ごしてしまったり、そんなことが日常茶飯事でした。

「やっぱり、家のなかでも集中できて快適に仕事をするスペースが欲しい!」

コロナの収まる気配もなく、在宅勤務推奨期間が長引く中、ぐうたらなわたしもようやく重い腰をあげ、在宅勤務が快適にできるようなワークスペースを整えることに年末年始を費やしました。

集中できると噂の社長室レイアウトを導入

まず改善したのは、仕事部屋のレイアウトです。

今までは机を壁につけるようなレイアウトだったのですが、思い切って、部屋のドアが表にして窓を背にするレイアウト、いわゆる社長室のレイアウトに切り替えました。

こうすると心理的にかなり集中できる空間になるのだそうです。

確かにこのレイアウトだと、席から部屋全体がが見渡せるし、いきなりだれかが入ってきても落ち着いて対応できるため、安心感があるというか。

このレイアウトで仕事をするようになってから、長時間デスクで仕事をすることが苦ではなくなりました。

画像1

昇降デスクを導入

昇降デスクはデスクの天板の高さを変えられるため、座っても立っても仕事ができるということで、気分転換に体勢を変えて仕事をしたい方には人気ですよね。

正直個人的にはこだわりはなかったのですが、友人が昇降デスクの脚を余らせているというので、譲ってもらうことに。

使ってみると、日常的にあまりデスクの高さを変えないわたしにとっても、自分の体勢にあった高さに微調整ができるのがすごくいいなと感じました。

画像2

サイドデスクを設置

使っていたデスクを切断して、デスクワークの傍ら工作作業ができるように小さなサイドデスクも設置することに。

ソフトウェア書きながら電子工作したりと、並行作業がしやすくなりなかなか気に入っています。

背面には、我が家の定番収納、有孔ボードを設置(設置というか壁とデスクの間に有孔ボードを置いて、挟んでいるだけ…)(気になる方は、ディアウォールや突っ張りジャッキを使ってちゃんと設置しましょうね)

画像3

ワークスペースいちばんのこだわりは、デスク上の棚

机の上には、DIY作った棚を設置しました。

これは、家具のデジタルファブリケーションサービス『EMARF』というサービスを使って、Adobe の Illustrator でデザインしたデータどおりに木材加工してもらい、自分のデスクぴったりに仕上げたもの。

モニターの脚を棚の内部で固定したり、自分が使っている機材の配線用の穴を開けたり、文庫本がぴったりはいるようにしたり、いろいろと拘れるのがDIYの良さですよね!

画像4

棚の高さは文庫本ぴったりサイズに!

棚についてのより詳しい記事はこちらから。

ワークスペースの快適さを左右する足元暖房

冬場の仕事部屋に必須なのが、足元の暖房です。脱コタツをするためには、体が冷えないワーキングスペースの構築が欠かせません。

脚が冷えるとワークスペースに行く気が120%オフになってしまうわたくしですが、それを防ぐために、足を乗せるタイプのフットヒーターを設置しました。

わたしも出演している『家電最前線』という番組の中で家電ライターの倉本春(@hal_kuramoto)さんからオススメされた信頼できる一品です。

足元暖房には、天板に直接つけるものなどいろいろありますが、これは直接暖めてくれるのでめちゃくちゃ暖かいです。

画像7

全力で理想のワークスペースを追求した結果

こんな感じのワークスペースのレイアウトになりました!

画像8

いろいろ見直したところ、デスクに座る時間が苦ではなくなったのか、デスクに座って仕事をする時間が長くなりました。(未だにコタツで寝転びながら仕事をするのも好きだけど……)

家族と過ごすためのスペースでワークスペースを確保する難しさもあると思いますが、制約があるなかでみなさまの働く環境が少しでも良くなりますように!

(おまけ)ワークスペース構築に実際に使ったアイテムリスト

長くなってしまったので、別記事で公開しています。

■ 関連ニュース

■ DIYの強い味方!「EMARF」

本記事は、日経MJでの連載『デジもじゃ通信』と連動した記事になります。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
池澤 あやか

いただいたサポートは次の企みのための資金として大切に使わせていただきます。ありがとうございます。

ありがとうございます!励みになります。
ソフトウェアエンジニア、ときどきタレントです。テクノロジーとガジェットとDIYが好き。