イデトモタカ

作家、コピーライター。趣味は漫画/アニメ考察。株式会社 letter 代表取締役、株式会社文殊の知恵 取締役。

イデトモタカ

作家、コピーライター。趣味は漫画/アニメ考察。株式会社 letter 代表取締役、株式会社文殊の知恵 取締役。

最近の記事

  • 固定された記事

フリーランスが人脈を拡げようとするのは、なぜNGなのか?

こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 新時代を生き抜くためのシン・フリーランス論。今回は「ネットワーク」についてです。 「サバイバル・スター」の解説は、こちらをご覧ください。 ■5秒で読みたい人向け(まとめ/目次)■人脈を「拡げよう」とするのはナンセンスとにかく人脈。とりあえず異業種交流。会社員を長くやってから独立開業した人ほど、そう思い込みがちです。 会社という「看板」がなくなり、個人としてやっていくためには、まずは人とのつながりだ……と考えた

    • フリーランスに必要なのは“サブスキル”ではなく“マイクロスキル”

      こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 あなたがフリーランスなら、なにかしら「メインスキル」があるはずです。では、メインスキルでの成果や稼ぎに、満足していますか? 答えが「ノー」のとき、少なくない人が「だったら」と「サブスキル」の習得を試みます。正社員でさえ給料だけじゃ満足できない社会になってきましたから、フリーランスこそ副業だ、と。 でも、結論から言えば「サブスキル」はおすすめしません。労多くして功少なしです。では、どうするか? 「マイクロスキル

      • Webサイトも、名刺も、チラシもいらない。フリーランスの始め方と跳ね方

        こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 野性爆弾のくっきー!さんが好きで、よくいろんな動画を観ます。芸人さんなので、基本は「お笑い」ですが、めずらしくインタビューで真面目に受け答えしているものがありました。 そのなかで、「転換期は?」という質問に対し、独自の「3打席理論」という売れる芸人のセオリーを展開していました。 “ぼくがよく言うのは「3個デカいテレビ3連チャンで跳ねたら売れる」ってずっと言ってて……” これは、ぼくにも心当たりがあります。実際

        • クオリティの高い人は秘かに“3つの書”を磨き上げている

           こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 新時代を生き抜くためのシン・フリーランス論、今回はプロフェッショナルの「スピード」と「質」に関するお話です。 ■基準力・手順力・対応力の差 プロフェッショナルと非プロフェッショナルの差はどこにあるのか。知識や経験、技術などが反射的に思い浮かびますが、それらを踏まえて以下の3つがポイントではないかと思います。すなわち、 (1)基準が違う (2)手順が違う (3)対応が違う ある分野のプロフェッショナルは、そう

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • シン・フリーランス
          イデトモタカ
        • おすすめ記事(50スキ以上)
          イデトモタカ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          上位1%のトッププロと普通のプロ、素人との差はどこで生まれるのか?

           こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 フリーランスに限らず、業種業態に限らず、トップ1%のプロフェッショナルと、ふつうの職業人、そして門外漢の素人の、とりわけ質(クオリティ)の「差」はどこにあるのか? それをライター、美容師、家事代行(掃除)を例に解説していきます。 新時代を生き抜くためのシン・フリーランス論、今回は「質」について。 「サバイバル・スター」の解説は、こちらをご覧ください。 ■結論、差の正体は“立体感” やや小難しく言えば、「次

          うだつの上がらないフリーランスに共通する“病い”の正体

           こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 ぼくは個人事業主を7、8年ほど経たのちに、法人化しました。法人は今年で8期目になります。社員を雇用していた時期もありますが、ほとんど一人親方で、ずっとフリーランスの延長線です。 合計すると15、6年フリーランスとして生きているわけで、周囲も同じような働き方の仲間が増えていきます。そのなかで(昔の自分を含め)、実力はあるのに、いつまでも「うだつの上がらない」人と、人並み以上に賢いとは言えないけれど、とても成功して

          個人の情報発信はロングテールよりショートヘッドを意識する方がいい理由

           こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 元 WIRED 編集長のクリス・アンダーソンが提唱し、世界的にバズったキーワードが2つあります。「ロングテール」と「フリー」です。どちらも、同名の著書の発売から十年以上経っていますが、未だ影響力を保っています。 今回は個人(フリーランス)の情報発信を「ロングテール」の概念に当てはめるとどうなるか、について考えていきたいと思います。 新時代を生き抜くためのシン・フリーランス論の「質」の話。 「サバイバル・スタ

          新年に向けてフリーランスは目標ではなく基本方針を決めるといいよ

           こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 数ヶ月前に、麻雀を覚えました。ずっと自分とは関係ないと思っていましたが、ひょんなことから興味を持ち、やってみると面白くてすぐに夢中になりました。 ぼくの歳で麻雀を始める人は少数派で、打てる人は二十代(学生)の頃からやっている人ばかりです。 それでも、そういった昔から麻雀をやっている人と打っても、よほどの手練れでない限り、そこそこ勝ちます。相手の圧倒的な「経験」に勝る、ぼくの武器はなんだと思いますか? それは

          “見習いフリーランス”がマーケティングより営業より先にやるべきこと(後編)

           こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 前編を未読の方は、さきにこちらをご覧ください。 今回は、見習いフリーランスは「うまくいかないのが標準」「営業するな」「同じレベルの相手と組むな」と散々否定ばかりしてきたところで、だったらどうすればいいのさ? ……の続きからスタートです。 ■5秒で読みたい人向け(まとめ)・できる人のように振る舞うのは危険 ・実力がつくまでは「応援者」に専念する ・なにをしても駄目なときは、誰かの応援をする ・上り調子の有望株

          “見習いフリーランス”がマーケティングより営業より先にやるべきこと(前編)

           こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 フリーランスと一口に言っても、主に二つのスタート地点があります。 A地点: 業界で十年近くのキャリアを積んで独立 B地点: 経験や技術が乏しいなかで就職(転職)せずに独立 どちらが正解、どちらが王道というわけではありませんが、ぼくはB地点からフリーランスとしてスタートを切りました。言ってしまえば「なにもないところからのスタート」です。 だからこそ苦労したこと、学びになったことがありますので、今回は同じような

          稼ぐフリーランスほど仕事は一日2時間なわけ

          こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 フリーランスって、自由そうだけど、実際は一日中仕事してるよね。定時がある会社員の方がオンオフを切り替えられてラク。楽しそうにも見えるけど、時給にしたらアルバイトと大差ないんじゃ……。 朝起きて、コーヒーを淹れながら iPad でメールやニュースを読んで、ずっと Mac をかたかたやっている。家にいるのが飽きたら、スターバックスに行って、Mac をかたかたやっている。 業種にもよりますが、フリーランスに対するその

          メディアサイトがオワコン化した今フリーランスがやるべき情報発信について

           こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 新時代を生き抜くためのシン・フリーランス論。今回は「ネットワーク」についてです。 「サバイバル・スター」の詳しい解説はこちら。 ■5秒で読みたい人向け(まとめ)・毎日訪れるウェブサイトは SNS(だけ)になった ・SNS がハブとなり、「来た」ウェブサイトに遷移する ・Google 検索のパワーは落ちている ・最大公約数的情報は「やって来る」ことがない ・ブログを書いても、もはやリーチできない ・『note』

          フリーランスで頭一つ抜けるには“提供”ではなく“販売”で成功する必要がある

           こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 新時代を生き抜くためのシン・フリーランス論。今回は「量」について 「サバイバル・スター」の解説は、こちらをご覧ください。 ■5秒で読みたい人向け(まとめ)■“量”は数をこなすことじゃない シン・フリーランス論の土台となる「個人DX」で、ぼくはこれからの時代は「量×質×スピード」の実現が鍵だと言ってきました。 勘違いしてはいけないのは、フリーランスにおける仕事の「量」とは、ただ単に「質」と「スピード」を担保し

          仕事の“質”が高いとは「センサーが良く」「描画力がある」ということ(後編)

          こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 前編を未読の方は、さきにこちらをご覧ください。 今回は、仕事の「質が高い」とは「センサーが良く」「描画力がある」ことだとわかったところで、ぼくらにできること、やるべきことはなにか? ……の続きからスタートです。 ■5秒で読みたい人向けまとめ・優先すべきは“センサーの良さ” ・センサーが良くなれば必要な描画力が見える ・他の人の質の高い仕事を体験する ・好きで仕方がないことを(仕事に)する ・満足の水準が低いも

          仕事の“質”が高いとは「センサーが良く」「描画力がある」ということ(前編)

          こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 新時代を生き抜くためのシン・フリーランス論。今回は「質」について。 「サバイバル・スター」の解説は、こちら。 ■5秒で読みたい人向けまとめ・「質が高い」と「価値が高い」は違う ・価値が高いは「情報率」が高いこと ・質が高いは「センサーが良く」「描画力が高い」こと ・センサーがいい人のことを、センスがいい人と呼ぶ ・センサーが良くても、描画力がないと未熟 ・描画力が高くても、センサーが悪いと大雑把 ・天才たちは、

          ウォーレン・バフェットの“能力の輪”が成功には不十分な理由

          こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 「能力の輪」という言葉を聞いたことがありますか。世界一の投資家、そしてオマハの賢人として尊敬を集めるウォーレン・バフェットが提唱する概念です。最近ではベストセラーとなったロルフ・ドベリの本でも紹介され、知られるようになりました。 「能力の輪」とは「自分のポケットの中身くらい熟知している対象」です。ビジネスに置き換えるなら、豊富な知識と経験があり、そこで起こることは容易に予測、対応できる領域を指します。一言でいえば