イデトモタカ

作家、コピーライター。趣味は漫画/アニメ考察。株式会社 letter 代表取締役、株式会社文殊の知恵 取締役。

イデトモタカ

作家、コピーライター。趣味は漫画/アニメ考察。株式会社 letter 代表取締役、株式会社文殊の知恵 取締役。

シン・フリーランス

シン・フリーランスになって、新しい時代を生き抜いていく。そのために重要な「サバイバル・スター」とその6つの要素(量、質、スピード、ポジショニング、ネットワーク、スキル)についての記事たちです。毎週土曜日に更新。

すべて見る
  • 24本

フリーランスに必要なのは“サブスキル”ではなく“マイクロスキル”

こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 あなたがフリーランスなら、なにかしら「メインスキル」があるはずです。では、メインスキルでの成果や稼ぎに、満足していますか? 答えが「ノー」のとき、少なくない人が「だったら」と「サブスキル」の習得を試みます。正社員でさえ給料だけじゃ満足できない社会になってきましたから、フリーランスこそ副業だ、と。 でも、結論から言えば「サブスキル」はおすすめしません。労多くして功少なしです。では、どうするか? 「マイクロスキル

スキ
82

Webサイトも、名刺も、チラシもいらない。フリーランスの始め方と跳ね方

こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 野性爆弾のくっきー!さんが好きで、よくいろんな動画を観ます。芸人さんなので、基本は「お笑い」ですが、めずらしくインタビューで真面目に受け答えしているものがありました。 そのなかで、「転換期は?」という質問に対し、独自の「3打席理論」という売れる芸人のセオリーを展開していました。 “ぼくがよく言うのは「3個デカいテレビ3連チャンで跳ねたら売れる」ってずっと言ってて……” これは、ぼくにも心当たりがあります。実際

スキ
85

クオリティの高い人は秘かに“3つの書”を磨き上げている

 こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 新時代を生き抜くためのシン・フリーランス論、今回はプロフェッショナルの「スピード」と「質」に関するお話です。 ■基準力・手順力・対応力の差 プロフェッショナルと非プロフェッショナルの差はどこにあるのか。知識や経験、技術などが反射的に思い浮かびますが、それらを踏まえて以下の3つがポイントではないかと思います。すなわち、 (1)基準が違う (2)手順が違う (3)対応が違う ある分野のプロフェッショナルは、そう

スキ
69

上位1%のトッププロと普通のプロ、素人との差はどこで生まれるのか?

 こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 フリーランスに限らず、業種業態に限らず、トップ1%のプロフェッショナルと、ふつうの職業人、そして門外漢の素人の、とりわけ質(クオリティ)の「差」はどこにあるのか? それをライター、美容師、家事代行(掃除)を例に解説していきます。 新時代を生き抜くためのシン・フリーランス論、今回は「質」について。 「サバイバル・スター」の解説は、こちらをご覧ください。 ■結論、差の正体は“立体感” やや小難しく言えば、「次

スキ
32

おすすめ記事(50スキ以上)

50以上の「スキ」をいただいた厳選記事。

すべて見る
  • 15本

新時代のフリーランスの生き抜き方を考えてみた(総集編)

 こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 これからフリーランスになりたい人。今後もフリーランスとしてやっていきたい人。フリーランスのような働き方にシフトしていきたい人向けに、新しい時代の(ぼくなりの)生き抜き方を整理しました。 結論を言えば、これからますますフリーランスの時代になっていきます。でも、旧時代のフリーランスのままでは難しい。進化しないといけません。 この note シリーズでは、フリーランスの進化形態を「シン・フリーランス」と名付けました

スキ
51

フリーランスに必要なのは“サブスキル”ではなく“マイクロスキル”

こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 あなたがフリーランスなら、なにかしら「メインスキル」があるはずです。では、メインスキルでの成果や稼ぎに、満足していますか? 答えが「ノー」のとき、少なくない人が「だったら」と「サブスキル」の習得を試みます。正社員でさえ給料だけじゃ満足できない社会になってきましたから、フリーランスこそ副業だ、と。 でも、結論から言えば「サブスキル」はおすすめしません。労多くして功少なしです。では、どうするか? 「マイクロスキル

スキ
82

Webサイトも、名刺も、チラシもいらない。フリーランスの始め方と跳ね方

こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 野性爆弾のくっきー!さんが好きで、よくいろんな動画を観ます。芸人さんなので、基本は「お笑い」ですが、めずらしくインタビューで真面目に受け答えしているものがありました。 そのなかで、「転換期は?」という質問に対し、独自の「3打席理論」という売れる芸人のセオリーを展開していました。 “ぼくがよく言うのは「3個デカいテレビ3連チャンで跳ねたら売れる」ってずっと言ってて……” これは、ぼくにも心当たりがあります。実際

スキ
85

“見習いフリーランス”がマーケティングより営業より先にやるべきこと(後編)

 こんにちは、イデトモタカ(@idetomotaka)です。 前編を未読の方は、さきにこちらをご覧ください。 今回は、見習いフリーランスは「うまくいかないのが標準」「営業するな」「同じレベルの相手と組むな」と散々否定ばかりしてきたところで、だったらどうすればいいのさ? ……の続きからスタートです。 ■5秒で読みたい人向け(まとめ)・できる人のように振る舞うのは危険 ・実力がつくまでは「応援者」に専念する ・なにをしても駄目なときは、誰かの応援をする ・上り調子の有望株

スキ
52