40年ぶりに山口昌男の対談集を本棚から取り出す/一日一微発見244
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

40年ぶりに山口昌男の対談集を本棚から取り出す/一日一微発見244

誰もが同じだろうけれど、すっかり「リモートワーク」が常態になってしまった。まぁ、いつかはコロナ禍は鎮静するのだろうけれど、この「ワークスタイル」は、会社や仕事の形態、いや人間の生き方だって大きく変えることになるだろう。

僕は、コロナが流行るすこし前から脱東京を考えて、浜松に拠点(G/Pギャラリーの倉庫や書庫、仕事場、直営ショップ)などを移動させていたので、今回の「事態」は、ある意味で自分のヴィジョンを加速化する機会にもなった。

コロナの感染者が爆発的に増えたオリンピックの期間も、東京郊外に住む仕事仲間のグラフィックデザイナーに、わざわざコロナ禍の「都会」に「出勤」するのではなく、「地方」で落ち合って仕事をしていた。安全に仕事をするための自己管理である。

そんな毎日だから、自分の書庫にある本とも久しぶりに「対面」する時間も多くなる。

僕は、引っ越しなど、「人生の大移動」がついて回ったものだから、ずい分と本は散逸した。手元にあるものは、偶然的に生き残った戦友である。

倉庫のような仕事場で、ふと見上げるとある本が目につき、手に取ってみた。
山口昌男の『20世紀の知的冒険 山口昌男対談集』である。
といってもこの本には上巻の「正」と下巻の「続」2冊がある。成り行きで続編が出たのだろう。
僕の本箱には、どういうわけか「続」しかない。

奥付を見ると1980年刊で、山口昌男は1931年生まれ(2013年没)だから49歳のときの本だ。

1980年。
ちょうどその少し前に、僕は京都から東京に出てきた。「知的冒険」というタイトルも60年代後半から70年代の思想には、まだ色濃く「政治性」があったものが、ブリーチされ、ゲーム化して行った過程を醸し出している。

今からすれば「知的」な「冒険」なんて実に気恥ずかしい。

この続きをみるには

この続き: 2,114文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
編集者・アートプロデューサー・京都造形芸術大学教授/後藤繁雄です。 アートや編集のこと、思考、アイデア、日々起きていることなどをその都度書いていきます。 ここでの文章はハウトゥにはならないと思いますが、知性や感性を刺激したい人に読んでもらったらいいかなと思います。 僕は、人は、大きな出会いがやってきて変わるというより、微妙なものに気がついてだんだん変わることのほうが「可能性」が高いと思う。「微発見」。 それには、訓練が必要で、この「一日一微発見」も、僕の訓練法のひとつです。

「一日一微発見」というのは、僕が師匠だと思っている文化人類学者、故・岩田慶治が日々やっていたこと。 僕はそこからヒントをもらって、もう15…

または、記事単体で購入する

40年ぶりに山口昌男の対談集を本棚から取り出す/一日一微発見244

編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

応援よろしくね~

ありがとうございます!! GOTO.
浜松と京都、東京の3拠点で暮らしながらアートプロデュース、編集、大学教授などをやっています。新刊 「超写真論 篠山紀信写真力の秘密」(小学館)「現代写真アート原論」(フィルムアート社)など発売中です。「自己編集(リエディット)」のためのスーパースクールも開講中。