新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

リコーの2.5次元プリンターで表現された横田大輔の最新作/一日一微発見230

リコーが2.5次元のプリント出力をできるテクノロジーを開発した。
アーティストとコラボレーション作品をプロデュースし、銀座のギャラリーでの展示を始めたのである。その2回目のアーティストが横田大輔だった。

コロナ禍で緊急事態が出るタイミングだったので、オープニングパーティーのような賑やかなものは当然なかったのだが、コレクターやアーティストと親しい限られた人だけがやってきていた。

ぎりぎりの時間で会場に駆け込んだのだが、それら新作を見て驚いたと同時に、「当然こうなるよな」とも同時に思った。

まず驚いたのはリコーがこの2.5次元の出力機を開発し、営業用に使えると判断していることだ。これは無謀と皮肉っているのではない。逆である。

この続きをみるには

この続き: 1,742文字
記事を購入する

リコーの2.5次元プリンターで表現された横田大輔の最新作/一日一微発見230

編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

応援よろしくね~

やったー! GOTO.
浜松と京都、東京の3拠点で暮らしながらアートプロデュース、編集、大学教授などをやっています。新刊 「超写真論 篠山紀信写真力の秘密」(小学館)「現代写真アート原論」(フィルムアート社)など発売中です。「自己編集(リエディット)」のためのスーパースクールも開講中。