茨城日本語ボランティアネットワーク(INVN)

茨城日本語ボランティアネットワーク(INVN)は、茨城県で日本語ボランティアをしている人、日本語ボランティアに興味がある人のための情報交換ウェブサイトです。 https://ibarakinihongo.com/ noteでは、お知らせなどを発信します。

茨城日本語ボランティアネットワーク(INVN)

茨城日本語ボランティアネットワーク(INVN)は、茨城県で日本語ボランティアをしている人、日本語ボランティアに興味がある人のための情報交換ウェブサイトです。 https://ibarakinihongo.com/ noteでは、お知らせなどを発信します。

最近の記事

日本語ボランティア養成講座の申し込み募集中(水戸市)

水戸市国際交流協会では、日本語教室で活動する日本語ボランティアのための養成講座を開催します。 養成講座は10月21日~12月21日の2か月間、毎週水曜日の午後に開催されます。 全部で10回です。(1回3時間) 養成講座開催の前に、事前説明会があります。 受けようかどうしようか迷っている人、どんな内容なのか知ってから申し込みたい人などには、安心ですね。 事前説明会は、8月31日(水)午後2時から3時です。 申込みは、すでに始まっています。 ご興味がある方は、申し込んでみては

    • INVNオンライン交流会を開催します

      8月31日(水)19:30 - 21:00 茨城日本語ボランティアネットワーク(INVN)では、茨城県内で活動する日本語ボランティアの皆さんの情報交換の場として、2020年度から定期的にオンライン交流会を開いてきました。 これまでは、半年に1回のペースで、事務局でテーマを決めて、開催してきました。 今回からは、これまでよりもっと気軽に、普段ボランティア活動をする中で困っていること、迷っていることなどを、参加者の皆さんがお互いに持ち寄って、おしゃべりする会にしたいと考えました

      スキ
      4
      • <国際交流・協力ネットワーク会議>がありました

        7月15日に茨城県国際交流協会が主催する毎年恒例の<国際交流・協力ネットワーク会議>が開催されました。 今年度は、久しぶりの対面での開催となりました。(オンライン同時開催) 今回の基調講演はYSCグローバル・スクールの田中宝紀さんでした。YSCグローバル・スクールや田中さんについては6月1日の記事でご紹介しました。 たくさんの方に参加してほしいと願い、事前に記事を書きました。実際に、いろいろな立場から多くの方が参加されていたので、今後につながればいいなと願っています。 田中

        スキ
        6
        • 難民についての15分の解説動画

          今日は、難民について解説している15分の動画を紹介します。 NPO法人Dialogue for PeopleのYouTubeチャンネルの動画で、難民支援を行っているNPO法人難民支援協会の方が難民について分かりやすく解説してくれています。 ウクライナの問題が起こってから、日本にもウクライナの方々を受け入れています。みなさんの周りにも、もしかしたら避難してきている方がいるかもしれません。 今回の戦争が原因でウクライナから逃れて来日した人のことを、日本政府は「難民」ではなく「避

          スキ
          3
          • 文化庁の地域日本語教育に関する会議がYouTubeで視聴できます

            文化庁の文化審議会国語分科会日本語教育小委員会をYouTubeライブ配信で傍聴することができます。 今回の会議では地域の日本語教育に関することが議題になっています。 議題: (1)地域における日本語教育の在り方について (2)「日本語教育の参照枠」の補遺版の検討について 第112回会議 6月21日(火)15時~17時 ※事前申込が必要です。(6月20日12時 締切り) わたしたちの日本語教室が今度どうなっていくのか、国の方針によっても未来は変わってくるのではないかと思

            スキ
            3
            • 外国につながる子どもたちの日本語支援団体(YSCグローバル・スクール)

              今回は、外国につながる子どもたちの日本語支援活動をしているYSCグローバル・スクール(NPO法人 青少年自立援助センター)をご紹介したいと思います。 YSCグローバル・スクールは、外国につながる子どもたちを対象とした専門家による日本語支援事業のさきがけで、この分野で一歩も二歩も先を行っている存在です。 <YSCグローバル・スクール> YSCグローバル・スクールでは、外国につながる子ども・若者に対して専門家による日本語教育・学習支援機会を提供しています。ほかにも教科指導や進

              スキ
              3
              • オンラインセミナー「日本語教育の先にあるもの-越境する人々に立ちはだかる壁」

                こんにちは。 今回も、またオンラインセミナーの情報です。 難民支援のプロジェクトをしているNPO法人Living in Peaceが主催する難民支援に関する無料のオンラインセミナーです。 「日本語教育の先にあるもの-越境する人々に立ちはだかる壁」 6月5日(日)20:30 - 22:00 参加無料 申込みは必要です。 Living in Peaceのホームページはこちら コロナ禍になってから、1つよかったことは、いろいろなイベントがオンラインで開催されることですね。こ

                スキ
                2
                • オンラインセミナー「外国につながる家族と子どもへの相談支援セミナー」

                  社会福祉法人日本国際社会事業団主催で、難民や外国につながる子どもたちの支援についてのオンラインセミナーがあります。 2022年6月から2023年3月までの間に、4つのテーマで講座が開催されます。 テーマ1:難民の定住支援 6月25日~ テーマ2:多文化:多言語環境にある子どもたちの育ちを考える 8月20日~ テーマ3:社会的養護下にある外国籍の子どもの支援 10月~12月開催予定 テーマ4:国境を越えて移動する子どもの支援 2023年1月~3月開催予定 各テーマ3講演で、

                  スキ
                  3
                  • ウクライナなど難民関連の情報【追加情報あり2022.5.24】

                    【追加情報 2022.5.24】 避難民の方や、支援をしている個人、団体、自治体などの相談窓口があります。主催は、なんみんフォーラム(FRJ)と国際活動市民中心(CINGA)です。 【以下、5月22日の情報】 難民支援を行っている社会福祉法人さぽうと21の情報です。 1)オンライン講座(無料) 「地域が難民を受け入れるということ その3」 連続講座ですが、単発でも参加できるようです。 5月26日(木)15時~17時 2)日本語の基本語彙集のウクライナ語版 『はじめの5

                    スキ
                    3
                    • 無料オンラインイベントあります

                      日本語教育学会の春季大会の一般公開プログラム、今回は「日本語から始まるライフキャリア形成-世界を、日本語と生きる-」というタイトルで、外国人の方々のライブディスカッションがあるそうです。 紹介文によると、「国内・海外各地で日本語を活かして活躍する外国人による刺激的なライブディスカッション」ということで、様々な背景をもつ6名の外国人の方々が登壇します。 http://www.nkg.or.jp/wp/wp-content/uploads/2022/02/2022spring_

                      スキ
                      2
                      • 日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」(文化庁)の活用事例紹介

                        文化庁が作成している日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」通称「つなひろ」の活用事例を紹介するセミナーが、今年2月に開催されました。そして、そのセミナーの動画や資料が公開されました。 <つながるひろがる にほんごでのくらし> https://tsunagarujp.bunka.go.jp/ 「つなひろ」を日本語教室の活動で使っている方もいると思います。どんどん新しい動画やコンテンツ、言語が追加されています。たくさんの人が使って、どんどん使いやすくなってい

                        スキ
                        2
                        • 共生社会政策へのパブリックコメント

                          出入国在留管理庁がパブリックコメントを募集しています。 「外国人との共生社会の実現に向けたロードマップ(案)」に係る意見募集について https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCM1031_CLS&id=315000051&Mode=0 4月24日が締切なので、ぎりぎりのお知らせですみません。実は、わたしも本日知りました。(;^_^A パブリックコメントなんて出せない!という方も、このロードマッ

                          スキ
                          2
                          • ウクライナ語・ロシア語支援ツールまとめサイト紹介

                            NPO法人多文化共生リソースセンター東海が、ウクライナ語・ロシア語支援ツール、ウェブサイトを集めて紹介してくれています。 周りに、必要な方がいたら、ぜひ紹介してあげてください。 (山)

                            スキ
                            5
                            • 水戸市で外国人のための入門日本語クラス「日本語プレ初級クラス」が始まります。見学、お手伝い、大歓迎!

                              4月13日から、水戸市国際交流協会主催の外国人のための入門日本語クラス「日本語プレ初級クラス」が開催します。クラスでは、見学者、お手伝い、大歓迎です。 https://mitoic.or.jp/jp/info/3038.html 全12回のコースで、今回は水曜日と木曜日の10時~12時です。 開催場所は、水戸市国際交流センターです。 今回は、受講者2名でスタートです。まだまだ入国する人が多くない中でも、日本語がほとんどできない方がいるんですね。このクラスは、コロナ禍で

                              スキ
                              4
                              • UDトークが便利です

                                 桜が満開の新年度が始まりましたね!みなさんの日本語教室は、いかがでしょうか。外国人参加者も徐々に増えてきそうですね。 今日は、日本語教室の活動に便利なアプリをご紹介します。翻訳してくれるアプリ「UDトーク」です。スマートフォンにアプリをダウンロードして使います。基本的な機能は無料で使うことができます。 音声を文字化するアプリですが、非常に多くの言語に翻訳もしてくれます。翻訳は、日本語に再翻訳をしてくれるので、翻訳言語の訳が適切かどうかを判断できます。これを一瞬でやってく

                                スキ
                                5
                                • 外国籍の子どもたちについての記事

                                   日本に住む外国籍の子どもたちはどんどん増えています。茨城県にも小学生は1923人、中学生は893人、高校生は613人います。(令和2年茨城県データ)そのような子どもたちに対する日本語教育や母語・継承語教育の必要性は、学校現場にまだまだ浸透していないように思います。 「日本語指導足りぬ教員、追加配置道半ば 地域差大きく」日本経済新聞<外国人「共生」の実像>2022年3月26日 「外国からきた子どもたち「語学」理由に特別学級へ 進路選択、不利のリスク」毎日新聞<にほんでいき

                                  スキ
                                  6