見出し画像

ソマティックワーク入門 第二回 アレクサンダー・テクニーク 片桐ユズルさん(後編)

筋肉を鍛えたり、ダイエットをするだけではない、
健康とウェルビーイングの一歩先を求めて−−。
今、こころとからだの健やかさの質を高める、
マインドフルネス瞑想やボディワークなどが人気を呼んでいます。
そこには、これまでの、
「筋肉を鍛える」「ダイエットする」
といったものとは異なる、体からだに対する向かい方に関心が向かっていることが背景にあるのでしょう。
からだの感覚に注目し、
心身が心地よい状態へとフォーカスすることで、
深い気づきや静けさを得たり、
自己肯定力や自己決定力といった心身の豊かさを育んでいく。
これらは、
こころとからだのつながりを目指す
「ソマティックワーク」という新しいフレームワークです。
その手法は、タッチやダンス/ムーブメントなど多岐にわたり、
1人で行うワークから、ペアやグループで行うワークもあり、
自分に向くものはそれぞれ異なります。
そこでこの連載では、
これからの時代を生きる私たちにとって、知っておくべき「からだのリベラルアーツ(一般教養)」として、各ワークの賢人たちの半生とともに
「ソマティックワーク」が持つ新しい身体知を紹介し、
それらが個々の人生や健康の質をどう変化させたのかを探っていきます。
あなたのからだは、無限の英知から成り立っています。
賢人とともに、それを読み解いていきませんか?

リベラルアーツ(一般教養)として学ぶ

ソマティックワーク入門

−新しい身体知の世界をめぐる−

第二回 アレクサンダー・テクニーク 片桐ユズルさん

“今ここ”に在ることは贈り物 (後編)
取材・文●半澤絹子
取材協力●日本ソマティック心理学協会

画像1

Image: iStock

頭、首、背中の関係にフォーカスを当て、身体の声に耳を澄ませる

ここで、改めてアレクサンダー・テクニークのメソッドについて説明しよう。

アレクサンダー・テクニークは「頭、首、背中の関係性」にフォーカスを当てるボディワーク(アレクサンダー・テクニークの場合は、ボディマインドワーク)である。このメソッドは、先に記したように創始者のアレクサンダー氏の体験がベースとなって構築されている。アレクサンダー氏はうまく発声ができなくなったとき、「首が緊張して頭が重くのしかかっていること」が原因であること、そして人間の動きは「頭が先に行って、後から首と背中がついてくることが自然である」と気づいた。

これは言うなれば、動物が持つ本能的な動きである。

動物は人間のように余計な思考が働かない。よって、身体の自動的な動きに沿えば、頭も首も適切な位置にあり、過度な緊張もなく、もっとも良いパフォーマンスができる。こうした動物(人間を含む)が持つ原始的な身体の動きを、アレクサンダー・テクニークでは「プライマリーコントロール」という。

この続きをみるには

この続き: 4,269文字 / 画像3枚

ソマティックワーク入門 第二回 アレクサンダー・テクニーク 片桐ユズルさん(後編)

コ2 [kotsu] note分室

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつも「スキ!」をしていただきありがとうございます!
4
ここでは、日貿出版社が運営する、武術と身体のコツまとめ、WEBマガジンコ2【kotsu】のコンテンツを有料で公開しています。詳しくは本室・コ2【kotsu】WEBサイト(http://www.ko2.tokyo/)でご覧ください。写真はコ2note分室室長のチョークディです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。