ほそかわゆきこ@みみをすますラボ

みみをすますラボ 代表 国際コーチング連盟アソシエイト認定コーチ 琵琶湖のほとりで、夫と二人の息子と暮らしながら、コーチとして活動してます。 noteは公開雑記帳です。 HP(ブログ有)https://mimiwosumasu-lab.com/

ほそかわゆきこ@みみをすますラボ

みみをすますラボ 代表 国際コーチング連盟アソシエイト認定コーチ 琵琶湖のほとりで、夫と二人の息子と暮らしながら、コーチとして活動してます。 noteは公開雑記帳です。 HP(ブログ有)https://mimiwosumasu-lab.com/

    マガジン

    最近の記事

    【10分スケッチ】ケガレとミソギ

    浄、不浄の信仰、ケガレとミソギ、「ウマレキヨマワリ」について、 ミソギはケガレを取り除くだけでなく、新たなものに生れかわる=再生の意味があるという話から、 岡本太郎は、ざぶんとひとっ風呂浴びたら罪も害も忘れてしまう日本人の道徳観を「入浴文化論」と呼び、キリスト教の原罪と対比させていた。 つまり、いろいろなものがすごくtemporary。 ケガレは与格的だ。 ケガレが私にやってきて留まっている。 だから、禊ぐ。 禊ぐことで、取り除かれるだけでなく、新たなものに生れかわる。(こ

    スキ
    1
      • 【10分スケッチ】青

        フェリーの露天風呂。 目の前には海と空だけ。 青という色は、視覚を惹き込み、触覚を拒絶する。 水平線の青は触れない。 手前にある水には触れられるけれど、水平線に触ることはできない。 青いのは水ではなく水平線。 それは圧倒的に青い。 水平線に触れると、それは冷たいのか温かいのか、凍えるのかやけどするのか、色々と考えることはできるけれどわからないこと。 青に温度はあるのか。 空も青かった。 青いのは手前の空気じゃなくて天空。 上へ上へという吸引力と上昇感。 絶対的に遠い。

        スキ
        4
        • 【10分スケッチ】メディアを通して受け取るもの

          図書館で、世界美術大全集を借りてきた。 来週提出の美術史のレポート課題のために、対象作品をよくよく観るためだ。 教科書に載っているような有名作品だから、Web上にも画像はあるし、大学の動画教材にも載っているのだけど、 改めて全集で見ると、ものすごく良い。 とても美しい。 動画教材はわかりやすい。 礼拝堂内部の壁画だと、引きの図からポイントとなる箇所に寄って、雰囲気が伝わりやすいようなつくりになっている。 それはそれなりに美しいのだけれど、全集を見ると、そっちの方がずっと美

          スキ
          4
          • 【10分スケッチ】話しことばと書きことば

            とある仕事の振り返り会があり、皆で気づいたことや今後に活かせそうなことをシェアしたのだけれど、その後にメールが来て「この件についても情報ください」とのこと。 その場で話す時には1〜2分で話せてしまうくせに、同じような内容であっても、文章にしてメールで送ろうとすると「あーでもない、こーでもない」と書いてたり消したり、逡巡してしまって、気づくと何十分もたっていたりする。 この話しことばと書きことばの違いについて、自分はどう考えているのだろうかと思うのだ。 「書きことばは後に残

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 10分スケッチ
            ほそかわゆきこ@みみをすますラボ
          • 日記帳
            ほそかわゆきこ@みみをすますラボ
          • 雑記帳
            ほそかわゆきこ@みみをすますラボ
          • 学習帳
            ほそかわゆきこ@みみをすますラボ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【10分スケッチ】美容院と家庭料理

            先日髪を切った。 1年半ぐらいお願いしていた美容師さんが辞めてしまったので、同じヘアサロンの別の方に引き継がれて、初の施術。 なんだかモヤモヤが残っている。 モヤモヤポイントはいくつかあって、 雑な接客態度や、私の話した内容を軽くディスりながら自分の話したいことを話す(大半愚痴っぽい)コミュニケーションスタイルとかはもちろんそうなんだけど、 一番ザワッとしたのは、「ハイ終わりましたー」と言われた瞬間に鏡の中に映った自分の姿を見たら、驚くほどその人本人の髪型と似ていた瞬間じゃ

            スキ
            1

            【10分スケッチ】聴くこととふるえること

            なぜだか頭の中に特定のメロディが居座り続けることはよくあることで、 ときにはそれは「ちゅーるちゅーるちゃおちゅーる」だったり ある曲のイントロだったりサビだったりするのだけど。 最近は、できるだけ1時間以上同じ姿勢での作業を続けないように意識していて 生真面目にやる日は45分でタイマーを鳴らしながら休憩するのだけど だんだん身体に馴染んできたから、45分くらいで集中力が切れることに気づくようになってきた。 その一息の休憩の時に、キッチンまで歩いて、音楽を聴きながらお茶を入

            スキ
            1

            【10分スケッチ】「許せない」の表明

            毎週チェックしているしいたけ占い。 今週のしし座は、「許せないの表明」の赤が出ているそう。 あなたが生きる目的とか、前進する力のひとつに「こんなことは許せない」という、そういう自分なりの絶対基準がいくつもあるのです。 心当たりあり。 昨日、長らく仕上げられなかったブログの記事をようやくリリースできて、 時間がかかっていたのは、「文章として納得いく仕上がりではなかった」からではなく、書いている内容に本心では共感できない内容が含まれているという違和感があったからだなーと気

            スキ
            1

            【10分スケッチ】あるもの探し

            前の記事の続きで、 引き算よりも足し算、GAPを埋めるのではなく蓄積していくということ大事にしようとした時、 コーチングでできることは何なのかなと考えてみると、 それは「あるもの探し」なのかもしれないという気がした。 こうなりたいという理想のイメージを明確に描いて、 それに対する現状を確認して、 GAP=足りないものを確認し、 それを埋めるための行動を、クライアント自らが選択し、実行していけるように支援することが引き算のコーチングだとしたら、 今ここに自分がいて、 そ

            スキ
            1

            【10分スケッチ】足し算と引き算

            足し算の時間と引き算の時間のことを考えている。 今朝も、我が家は足し算と引き算のぶつかり合いで、 今、ブロックをしたい三歳児と、 30分後には保育園に行けるように、早く朝食を食べて欲しい私の 互いの主張が平行線。 7歳児は引き算の世界に片足を突っ込んでいるから、 あと5分じゃ準備間に合わないよとべそをかく。 人間は、そもそも足し算の時間を生きる生き物として生まれ、 社会生活を営むために、この引き算の時間を習得してきたのだろう。 でも、それは足し算だけが自然なことと

            スキ
            2

            【10分スケッチ】リスペクトできるものだけ

            「自分がリスペクトできるものだけ、大切にしたい」 さっきマイコーチとセッションが終わった時に思ったこと。 最近、「コンサルの〇〇術」的な本を読んでみたら、読書を情報収集の道具として扱う感じに、すごく嫌な気持ちになったと同時に、こういう本に時間を使っちゃいけないなと思ったんだけど。 それも、リスペクトできるものだけ、大切にすればいいということなのかもしれない。 リスペクトするってどういうことだろう? リスペクトしないの方がわかりやすいな。 道具として使う、コント

            スキ
            2

            【10分スケッチ】枯れた盆栽

            盆栽が全部枯れた。 実家の話。 父はもう盆栽を生かしておくことができないらしい。 母からの電話には衝撃的な事実がたくさんあったのだけど、他のことはただの情報としてインプットされていった。 ただ盆栽が全部枯れたというそのことだけ、 くりかえしくりかえし思い出して、 悲しいという気持ちにさせる。 そんな時だけどセッションの予定があったので、 ちょっと落ち着こうと、誘導音声を聞きながら5分くらいの瞑想をしていたら、 悲しい気持ちとは離れたようなのに、 涙が勝手に滲んで

            スキ
            1

            【10分スケッチ】温泉と内省

            今、瓶のフルーツ牛乳を一気飲みしたところ。 手首につけたリストバンド式の鍵が邪魔で外す。 スキー場隣接の日帰り温泉の休憩所。 たたみに座布団を敷いて寛いでいる。 ひとり温泉で温まった後。 この温泉は湯温が高い。 雪に触れたわけでもないのに体が冷えていたから、 さっと身体を流してから、まずは一番大きな浴槽で温まる。 熱いお湯がありがたい。 十分に温まってから、丁寧に体と髪を洗って、次はぬる湯。 いくらでも入っていられる温度。 それから寝湯。下からぶくぶくと泡が出ている。 これ

            【10分スケッチ】夜の音楽

            夜のことを考えている。 私の好きな夜のイメージのこと。 くるり Tonight Is The Night 夜の部屋の中、カーテンの隙間から外を覗いている。 部屋の中は暗くて、外には街灯やよその家の灯り。 ヴェールがかかっている。 カーテンが揺れている。 きっと何かがいる。 歪んでいる。 月が照らす。 そういう夜。 Yogee New Waves Climax Night 歩く夜。 街灯の下を散歩する。 大きな幹線道路沿いか、川の横の散歩道。 照らされた夜。 怖くない夜。

            スキ
            4

            【10分スケッチ】琵琶湖のほとりで

            琵琶湖のほとりのベンチに座っている。 10分。 お尻が冷たい。硬い石のベンチだ。 夕日はまだ沈まない。 まだ1時間くらいはかかるんじゃないか。 沈む方向が随分変わってきた気がする。 陽が目に入って眩しい。 スマホの画面を見るとまだら模様。 水鳥がたくさん浮いている、。 すいすいと、泳いでいるものもいる。 ぴーよぴーよとこえを掛け合っている。 すいすいとウロウロと湖面を進む。 何か意図があって動いているのだろうか。 わからない。 他に人もいないから、マスクを外す。 ガスコ

            スキ
            4

            【10分スケッチ】眠りにつく前

            後ろから寝息が聞こえる。 息子たち2人に挟まれてベッドの上。 左側を下にして、後ろに次男、前に長男。 次男の寝息は規則正しく鈴虫の鳴き声のよう。 時々、犬のようにぶるぶると息を吐く。 長男は私の前腕に頭を乗せている。 寝息の音は聞こえないけれど、腕には上下する頭の重みが伝わる。 私の少し曲げた膝には長男の膝が乗っていて、 お尻のあたりには次男の足がくっついている。 温かく、布団の中に熱がこもっている。 息を大きく吐いてから吸って、くりかえしていると、 枕に頭が沈

            【10分スケッチ】大雪の夜

            金曜の夜中からふり始めた雪は、時々晴れ間を見せながらも、まだ降り続いている。 天気予報をしんじるならば、明日の朝まで。 今日の昼に外に出た時は、大人の膝ぐらいまで積もっていた。 50センチぐらい。 3歳児なら腰まで埋まる。 うちのマンションのベランダでも10センチは積もっていた。 私は長い長靴を持っていないから、 外を歩く時は、先人の作った轍を通る。 新たな道に逸れることはしない。 一人分の幅しかないから、誰かとすれ違うことはできない。 向こうから来る人が通り終えるの