新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2月第1週 今週のおすすめ「本の話」 5選

本の話

今週は芥川賞作家である石原慎太郎さんの訃報がありました。文春新書からは話題の『糖質中毒』をご紹介。また高校生直木賞候補作の発表や、大好評のミステリー座談会が公開されました。ほかにもオール讀物からは有栖川有栖さんのインタビューをお届けします。

◇ ◇ ◇ 

★追悼 石原慎太郎 最後まで憂慮した子孫たちの未来

芥川賞作家として、そして東京都知事や環境庁長官として知られる石原慎太郎氏が、2月1日、89歳で亡くなりました。2018年に刊行された『日本よ、完全自立を』は実体験に基づく直言が数多く綴られています。本の話では、その中の一編を紹介します。


★人はどうして太ってしまうのか。そして、なぜ痩せられないのか。

それは意思弱さや体質の問題ではありません。では、どうすればいいのか――そのヒントは、『糖質中毒 痩せられない本当の理由』に書かれています。ここでは、同書より一部抜粋して、「糖質中毒」の知られざる怖さについて紹介します。

■「かけ」や「もり」は危険、いかにも健康に良さそうな野菜ジュースも実は……「糖質中毒」の知られざる恐ろしさ

■市販されている飲料品には、どのくらいの糖質が入ってる? イライラや老化の原因になる“糖質”を徹底解剖《数値公開》 


★第9回「高校生直木賞」候補作決定!

高校生直木賞とは全国の高校生たちが集まって議論を戦わせ、直近1年間の直木賞の候補作から「今年の1作」を選ぶ試みです。

前回は伊吹有喜さんの『雲を紡ぐ』と加藤シゲアキさんの『オルタネート』がまったくの同票で、史上初のW受賞となりました。

今回は第165回・第166回直木賞候補10作品より、6作品が第9回高校生直木賞候補作として選ばれました。


★ステイホームのお供に! 2021年の傑作ミステリーはこれだ!【前編】<編集者座談会>

ふだんミステリーを担当している文春の編集者が集まって、2021年のおすすめ作品を総まとめする座談会。大好評の上半期に続いて、2021年に発売されたミステリー作品をさまざまな角度から語り合い、傑作をおすすめします!

■2021年上半期(国内編)はこちら

■2021年上半期(海外編&まとめ)はこちら


★火村シリーズ、誕生30年! 待望の最新長編はコロナ禍の殺人事件を追う――『捜査線上の夕映え』(有栖川有栖)

犯罪社会学者の火村英生と作家の有栖川有栖(アリス)が難事件を解決する人気シリーズも、第一作『46番目の密室』から30年を迎えました。そのシリーズ最新作についてお話を伺います。


◇ ◇ ◇

おしらせ☆《読んで楽しむ、つながる》小説好きのためのコミュニティ! 「WEB別冊文藝春秋」がスタートしました。

連載中の作品は第1回からすべてお読み頂けるほか、WEBオリジナルコンテンツもお楽しみいただけます。

また、「読む人と書く人がつながる場所」であることを大切に、毎月人気作家のオンラインイベントを開催! 「WEB別冊文藝春秋」開始を記念して、ともに『別冊文藝春秋』の連載作家である有栖川有栖さんと一穂ミチさんのオンライントークショーを開催します。

 「WEB別冊文藝春秋」はこちらからどうぞ!


◇ ◇ ◇

 本の話では「読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア」として、書籍にまつわる記事を配信しています。

 こちらもお楽しみ下さい!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!