見出し画像

「サポートをしてはいけない」という新しい取り組み

 パプアニューギニア海産の武藤北斗です。「好きな日に出勤欠勤」「嫌いな仕事をやってはいけない」などの働き方についてはこちらを。

 先週、エビを選別しながらふと思ったんです。「あれっ、何となくずっとやってるけど、これって新しい取り組みなのかな?」と。そのことを報告します。

 それは「サポートをしてはいけない」です。

 サポートをすることは、通常は良いことだと思います。しかし、私たちの職場においては当てはまらないような気がしています。

 好きな日に出勤し、嫌いなことはやってはいけない。パート長や教育係が存在せず、時給は全員一緒。そんなふうに、パート従業員がみんな平等で自分の意思を尊重しやすい職場においては、「サポートされる」ことは、場合によってはストレスが生じてしまうのではないかと。

 そもそも僕は普通の社会で働いている時でさえ感じていました。人が好意で、気を利かしてやってくれていることにイラっとしている自分を。「いや、それ自分でやりたい」「あえてやってないんだから、余計なことしないで」と、自分のペースを乱されているような嫌な気持ちを。

 そんなことを面談で何度か話す中で、どうやらこれは僕特有の考えではないことにくわえ、うちのような働き方の職場にとっては「気を利かす行動」が実際にはマイナスの効果を生んでいる事に気づき始めました。

 そんなこともあり、ここ1年ほど僕は「人のことはやるな、自分のことだけやればいい」と言い続けていました。それは一言で分かりやすく言葉にすると「サポートをしたらダメ」ってことだと先週気づいたのです。


エビフライで具体例を一つ

 あえてとても細かいことで説明します。

 エビフライを作るとき、①殻をむく⇒②串で背ワタを抜く⇒③包丁で切れ目を入れる と続きます。

 まず、①殻をむく を始める時にエビを入れるボールを取りに行くのですが、その時に、②で使うや③で使う包丁まで一緒に用意するのは「人のことをやる(サポートする)」に入ります。

 自分が背ワタを抜く時、包丁で切る時に道具を用意すればいいのです。細かいことのようですが、先に道具を持ってくるという行為はいろんな憶測も飛び交いやすいのです。

 「串を持ってきたってことは②も自分でやるのかな?私はやっていいのかな?」逆に「やってほしいから持ってきたのかな」、更には別の日は串を持ってこなければ「今日は持ってこない、あの人には持ってきたのに、私には持ってこないの?」みたいな話にもなってきます。こういったことで争いというものは起き始めるのです。


助けてあげたい時もあるのでは

 でもサポートというか、助けてあげたい時ってありますよね。例えば棚の上の道具が高すぎてとれない、重すぎて持てない、自分ができるならやってあげたいですよね。でもそれは、本来は誰もがとれる高さ、持てる重さにするべきであり、「みんながどうサポートするか」ではなく会社の制度をどう変えていくかという問題だと思います。

 人の多様性を認め合うとよく耳にします。それを職場で表現するならば、いろんなことを事実として受け止めて、そのことが問題にならないように、争いにならないように、もしくはいかしていけるように、制度や雰囲気を作っていくことなのかなと思っています。

 助ける、助けてもらうという意識すら出てこないような職場をめざしたいです。

 さて、気持ちの面ばかりを説明しましたが、もちろん肉体的な面にも影響があります。ここはサラッと書きますが、工場では同じ姿勢で長く作業することがあります。そんな時は、道具を取りにいったり、清掃をしたりと、ちょっと違う体の動きをすることは大事な気分転換であったり、固まった体をほぐすことになります。ですから好意であったとしても、何かを先回りしてやられることは自分が予定していた行動を奪われ、結果として同じ姿勢や作業が続くことで肉体的な苦痛に繋がってしまうのです。


サポートと効率

 もちろん気の利く人であったり、周りが良く見えている人もいるでしょう。精神的にも肉体的にも苦痛を与えずサポートできるような完璧な人。

 でもその完璧なパートさんは僕の経験から言うと、退職していくことになります。人間関係というのはとても複雑で難しいです。正しいことをするからといって好かれるわけでもないし、仕事ができるからといって慕われるわけでもない。

 ではどうしたらいいのか。

 僕なりの答えは、一人一人が他の人のことを気にせず、安心して自分の仕事に集中して一生懸命働ける環境を作るということです。

 そのために「人のことをやってはいけない」「サポートをしてはいけない」というルールが生まれてきたわけです。

 今までいろんな取り組みをしてきましたが、正直これが一番難しく難航しています。これまではどちらかというと、会社と従業員の間での改革が多かったのですが、今回はパートさん同士の細かな作業上の改革です。とても線引きが難しいですし、気持ちの問題を含んでいますので慎重になる必要もあります。

 でもやらなければ何も始まらないし、もしこれが間違った考えであったり、制度として成り立たない時は、その理由をきちんと説明して元に戻そうと思います。(今のところは難しいけれど、間違っている感触はないです)

最後に

 四苦八苦はしていますが、私が求めているのは平凡に淡々と仕事ができる職場なんだなと改めて感じています。人に気を使ったり、自分の居場所の確保に必死になるような職場にはしたくないのです。

 人をサポートするということは何なのか。もう少しじっくり考えたいと思います。

パプアニューギニア海産 武藤北斗

*講演スケジュールはこちらです

*私の書籍とエビのセットお勧めです


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

体調が悪くなると人の気持ちを軽視する気がします。なので、サポートは私の体調管理に使わせて頂きます。刺絡、整体、水泳などです。私を優しい人間に近づけて頂きありがとうございます。

これでさらにやる気アップ!ありがとうございます!
37
1975年福岡県生まれ。パプアニューギニア海産工場長。3児の父。著書「生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方」。東日本大震災での被災をきっかけに生き方や働き方を模索。好きな日、時間に働くフリースケジュール制などを考案実践中。

コメント6件

ども。私も「他人に先回りされたり、話の腰を折られたりするとイラッとする」タイプの人間です。
ところで、今回の話を聞いて思うことがあります。

私に限らず、10代の頃に「いざ宿題をやろうかなと腰を上げたタイミングで、お袋から『宿題やんなさいよ』と言われてやる気が萎えた……」という思いをした方は少なくないでしょう。中にはこの小さな経験が積み重なって親のことが嫌いになったとか、悶着を起こした人もいるかもしれません。
しかしこれとて、本当は宿題なんてものが存在しなければそういう悲劇は起きなかったはずです。実際、宿題という学校文化のある国は日本だけと言われていますし、海外では履修の過度な強制は児童虐待とみなされます。
そもそも宿題のあり方自体が「教師や親が子どもを全面的に信頼していない」ことの裏返しです。

で、この手の経験がある人は「創造的な才能がある一方で、他人と同じことができず、周囲にも合わせられない」、いわゆる『落ちこぼれ』と世間から呼ばれている方々に多いように見受けられます。要は「のび太くんタイプ」ですな。〔→
→〕このことと、今回の記事を合わせて考えると「現代日本の教育や労働や福祉のあり方そのものが、どこか根本的に間違っているのではないか」と思えてしまうのです。いや、明らかにそうとしか考えられない。
というのも、記事の内容からは「頭の切れる人や世話好きな人ほど、出世できなかったり生きづらさを感じたりしている」原因の一端が垣間見えます。SNSなどを見ていると、往々にしてそういう方々が煙たがられ疎んじられている話をしばしば目にするばかりか、「こんなに毎日頑張っているのに報われない。どうして誰も認めてくれないんだ」と恨み言をいう者も少なくありません。
実のところ、孫子の兵法のように行動心理学や集団力学を重視する組織運用論においては個人の資質や差異は考慮されないため、こと大組織では「頑張り屋ほど空回りして損をする」状況に陥りやすいといえます。そして、本来リーダー向きであるはずの彼らが、世間との軋轢に悩まないようにするための教育や指導要領というものを、今のところ私は寡聞にして知りません。〔→
→〕ここまで書くと「自己責任だ」だの「先回りされないようにするために学ぶのであって、成功できないのは要領が悪いからだ」としたり顔で宣う大人もいるでしょう。ですが、明晰さや発想力・創造力といった人間の知的生産活動は、一概に出力や反応の速さで優劣を決められるものではないはずです。逆に「要領のよくない人でも普通に生きられる世の中」にしようとなぜ誰も考えられないのか、と思います。
換言すれば、みんな「現在の自分のこと」ばかり考えていて、「他人のこと」「未来のこと」には1ミリも思いを馳せようとしない。「他人を軽んじる」ことは、そっくりそのまま「自分の存在が軽んじられる」という現実に他ならないとなぜ思い至らないのか、と。もしくは、彼らが現在進行形で「自分が身内や社会に虐げられている」からこそ「お前らも自分と同じ苦しみを味わえ」というルサンチマンを周囲にぶつけている「ただの八つ当たり」なのではないかと。〔→
→〕遠因が何にせよ、組織や集団の中で「一番デキる人」を基準にした働き方や教え方、あるいは社会制度を変えない限り、この国の受難は終わらないでしょう。もちろん福祉制度も「健常者の一方的な思い込み」で考えられたものは、現場の実態にそぐわない場合が多々あります。そして「自分のペースで物事を進めたい」人にとっても息苦しい世の中が相変わらず続くのです。

その意味で、「他人は差し置いてでもソツなく振る舞いたい」「良かれと思ってサポートしたい」人々からすれば、「サポート禁止」という新しい企業文化は奇異に映るでしょう。でも、仕事や働き方の「しくみ」を研究している私にとっては、とても魅力的なものに見えます。
今後も御社の取り組みには注目・応援してまいりますので、お互いに精進していきましょう。😉✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。