見出し画像

得意な料理はホッケのつみれ汁です。

松田真枝

こどもの頃からの好物のホッケのつみれ汁。

母は、大きなすり鉢で作ってくれたものでしたが、
わたしはフープロを使います。

前日にホッケの脱水をしておくと
すぐにできて楽なのに、やりました感が満載の料理になりました。


👇ホッケの脱水についてはこちらです。

味つけに少し味噌と酒を入れ、つなぎは片栗粉です。

フープロを回しているうちにまとまるので、スプーンを使ってスープに落としていきます。

つみれから出汁が出ます。

スタンダードバージョンは、塩味。つみれからでる出汁と煮汁に最初から最後まで入れたままの昆布からの出汁で大変おいしくなります。

でも、今はもう初夏。初夏っぽいパンチのある味にしたくて、新しい作り方に挑戦しました。

参考にしたのは、有賀薫さんの「豚汁レボリューション」の

トマトン汁です!

この作り方、初めてみたときは有賀さん天才だ!と思いました。

トマトを米油で焼いて水を加え、沸騰したところにパセリを入れたホッケのつみれを入れて煮て、「ウォッシュチーズのような風味に驚愕する」木曽のこうじみそを使います。

乾燥バジルで仕上げました。


画像1

実は先日、発酵デパートメントと有賀さんの、豚汁イベントでのトマトン汁を作ったらあまりにもおいしくて。

ちょっとイタリアに寄せることにしたのです。

このお味噌、ホッケのつみれ汁にも合ってしまいました!

料理は楽しいなぁと、ご機嫌なひとときでした。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
松田真枝

読んでくださったり、♡してくださったりありがとうございます。北海道の生産者や素材、加工品を、noteでご紹介するのに使います。よろしくお願いいたします。

松田真枝
北海道在住。昆布を愛するイタリアン発の料理家です。 dancyu シリーズ連載「昆布はどこへ行く。」 エシカルはおいしい!! 「昆布のテロワールを訪ねて」 雑誌、テレビ、新聞、市町村応援レシピ。水産庁「海の恵み食の底力JAPAN」料理家レシピ掲載 水産庁 水産女子PJメンバー